カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

耐熱黒マルチ 95cm幅×50m

いちごに黒マルチ【マルチフィルムの様々な効果】
●雑草抑え、作物の育成を進めます。
●土壌成分を適度に保ち、肥料の流出を防ぎます。

※土を被せる、レンガなど重しを置く等して止めて下さい。


耐熱黒マルチ 【商品詳細】
 材質:ポリエチレン
 サイズ:95cm幅×50m
 厚み:0.02mm
 色 :黒

◆ロールタイプ(紙管に巻いてあります)

【日本製】
メーカー: 岩谷マテリアル(株)

耐熱黒マルチ 95cm幅×50m

価格:

842円 (税抜 780円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


マルチフィルムって何?

土の表面や株元をポリフィルムやワラなどで覆うことを「マルチング」と言います。
(略して「マルチ」と呼ばれます)

【マルチングの効果】
・土壌の乾燥防止
・地温の変動を和やらげる
・泥の跳ね返りを抑えて、病気の発生を防ぐ
・雑草抑制

マルチの色によって効果は若干変わります。

雑草の抑制が主目的の場合は黒マルチ、アブラムシの飛来を抑えるにはシルバーマルチ、
地温を上げるには透明マルチなど 、目的によって使い分けます。

敷きワラは保温や乾燥防止に効果的です。敷きワラが手に入らない場合は、
草取りをした草を乾燥させたものを代用することもできます。

イチゴのマルチング

いちごのマルチ張り 【イチゴのマルチ張り】
イチゴは寒さに強いのでマルチフィルムなどを敷かなくても
栽培可能です。ただし、果実が直接土に触れると腐れが発生
する可能性があります。

そこで、マルチフィルムや敷きワラを敷くことで、雑草や
泥はねなどを防ぎ果実の汚れを防止することも出来ます。

イチゴのマルチング 【マルチ張りのタイミング】
2月下旬〜3月上旬ごろ、イチゴの葉が成長し始めてからが目安です。

【チョッとしたコツ】
畝(ウネ)のところどころに「くぼみ」をつくり、マルチに穴を開けておきます。
こうすることで雨水が溜まりウネに水がしみ込みます。
イチゴが実を成らすには水分が必要なので、雨水を有効活用しましょう。

関連商品

ハーベリーポット43型(ブラウン)

648円(税抜 600円)
購入数

ハーベリーポット43型(ダークグリーン)

648円(税抜 600円)
購入数

甘いイチゴをつくる土 12L

1,234円(税抜 1,143円)
購入数

甘いイチゴを作る肥料 500g 【OUTLET SALE】

標準販売価格: 486円(税込)
313円(税抜 290円)
購入数

防鳥ネット 2m幅×20m巻(グリーン) ●J20

3,065円(税抜 2,838円)
購入数

繰り返し使える鉢底石(袋入り鉢底石)

702円(税抜 650円)
購入数

アミ袋 鉢底土ネット

270円(税抜 250円)
購入数

シート押さえ ワイド 8本入り

583円(税抜 540円)
購入数

シート押さえ 丸型 10本入り

367円(税抜 340円)
購入数

ページトップへ