カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

かわいい卵の形のズッキーニ 2種類 (種)【廃版】

※終売となりました。

【特徴】
●プランターでも栽培できる卵形のかわいいズッキーニ。
●つるが出ないのでベランダなどで簡単に栽培できます。
●開花3〜5日で収穫できます。
●油料理や肉類との相性が良く、和・洋・中華料理など各種料理にご利用になれます。
●炒め物・煮物・揚げ物・電子レンジ・オーブンなど幅広く調理できます。
●色は、可愛い黄色と濃緑の2色です。


【商品詳細】
ズッキーニの種(2種類)
品種:ゴールディ 約5粒入り
品種:ブラック・エッグ 約5粒入り


(栽培例写真 上段:ゴールディ 下段:ブラック・エッグ)
ゴールディ
英   名:zucchini
科   名:ウリ科
草   丈:50〜82cm
収穫時期:7月上旬から9月上旬
用   土:有機質に富む肥沃で水はけの良い土
ブラック・エッグ

メール便可
(送料82円・代引不可・数量12袋/梱包くらいまでが目安)
メール便について詳細はコチラでご確認の上ご利用ください→メール便ご利用ガイド

かわいい卵の形のズッキーニ 2種類 (種)【廃版】

価格:

626円 (税抜 580円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


<栽培暦(一般例)>
収穫時期、生長度合いは植物の性質上、前後する場合があります。


◆タネのまき方・育て方

発芽までの日数: 7〜10日(目安)
最低温度: 10度
発芽適温: 25〜30度
生育適温: 15〜30度
植えるところ: 日当たりの良い水はけの良いところ(連作を嫌いますので避けてください)


◆栽培環境・土について

日当たり・水はけ・風通しの良い所を選んで栽培します。
植え付けの2週間ほど前に1平米当り苦土石灰150g・1週間ほど前に完熟堆肥3kgと有機配合肥料150gを目安として施します。
用土は、たい肥・腐葉土など有機質を多く含んだ、保水・排水のよい土を使用します。
市販の園芸用土を使うと便利です。
鉢やプランターで栽培される場合は、新しい用土を使用してください。


◆タネのまき方のコツ

発芽適温は、25〜30度と高いので適温の確保に努めます。
タネをまくところは、9cmポリ鉢などに2粒づつまき、本葉がでてから菜園やプランターに植え替えます。
あるいは、直まきし、本葉が2〜3枚になるころまでに1株を残します。
気温が低い春先の植え付け時には、畑をトンネル・マルチなどで保温し地温が15度以上確保するように努めます。


◆育て方

花壇では、高いうねを作ります。
うねの幅は100cm、株間45〜60cmとし、水はけ・水保ちをよくするためにも敷きワラなどをします。
夏季は、地温を下げる役目も果たします。
プランターで栽培する場合は、出来るだけ深型のものを使用し株間は35cmを標準とします。
プランターでの株数は2株までとします。

支柱を立てる
つる無しのため特に整枝の必要はありませんが、風で茎が折れたり振り回されないように丈夫な支柱を立てて固定します。
古い葉や病気の葉は取除き、風通しと採光を良くして病気の発生を抑えます。


◆水やり

定植直後は十分水やりしますが、その後はやや控えめにし根を深く張らせ着果し始めたら多く与えます。


◆上手に収穫するには

収穫の目安は、開花後3〜5日(果実の直径が6〜7cm位200g前後)です。
果実の光沢が失われると収穫遅れですので注意して下さい。


◆注意

ゴールディはブラックエッグと比べますと収穫量は少ないのですが、これは品種による性質です。ご了解願います
また、栽培環境などにより果皮が緑色に変化することがあります。
果皮の緑色への変化は、遺伝的な特性で病気ではございません。


◆害虫防除

葉にうどん粉をふりかけたような状態になることがございます。
葉が蜜になりなり風通しが悪くならないように注意します。
病気の葉は、切り取り処分して下さい。
薬剤を使用される際には、説明書をよく読み使用基準を厳守願います。



ズッキーニは、カボチャの仲間で、抗酸化作用があると言われるベータカロテンやカリウムが多く含まれる緑黄色野菜です。
果肉は柔らかく炒め物・煮物・揚げ物、レンジ・オーブン料理と幅広く調理できます。


注意!≪連作障害に注意≫
同じ畑で毎年同じ野菜や同じ仲間の野菜を作ると生育が悪くなったり収穫が減ったり、品質が低下したりひどい時は枯れることがあります。
これを連作障害といいます。
連作障害の原因は、土壌伝染性の病害や土中の肥料分の欠乏によるものです。
連作障害の発生しやすい野菜は、トマト・なす・ピーマン・じゃがいもの他ウリ科・豆科植物です。
栽培が終わったら、栽培した野菜は片づけて堆肥や石灰や土壌改良材などを耕し土に深く耕してください。

関連商品

スナック感覚のミニキュウリ タネまきセット【メール便可】

734円(税抜 680円)
購入数

有機質入りIB化成肥料 オールイン野菜用1kg

670円(税抜 620円)
購入数

ゴーヤDEゴーヤ培養土【OUTLET SALE】

定価: 1,296円(税込)
842円(税抜 780円)

特選有機 花ごころ培養土 12L

1,350円(税抜 1,250円)
購入数

緑のやさいプランター50型

702円(税抜 650円)
購入数

ページトップへ