カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

袋栽培&プランター栽培のジャガイモ(2012年春ジャガ)

【2012年春ジャガイモ】(店長日記まとめ)

2012年3月10日

種イモ切り口
3月上旬にカットした種イモです。
切り口が乾燥しました。
ジャガイモ植え付け
昨年は20cmくらいの深植えにしましたが、今年は基本通り“増し土”していく方法で栽培します。
なので、先週再生した土を半分くらい減らしました。

また、ジャガイモなどの根菜類に効く肥料成分「カリ」が豊富な草木灰を一握りほど土に混ぜました。
じゃがいも定植
カットした種イモを5〜10cm程度の深さに植え付け。
土を被せて、水やりして植え付け終了です。
袋栽培じゃがいも
そして、
今年もやります、じゃがいも袋栽培!

2012年4月1日

プランターじゃがいも発芽

3月10日にプランターに植え付けたジャガイモが発芽しました。
発芽まで約3週間です。


ジャガイモが芽を出すと、春だなァと感じます。

2012年4月15日

袋栽培じゃがいも発芽
袋栽培のジャガイモも発芽しました。

袋栽培じゃがいも増し土
で、
今年もやります“ジャガイモ埋め立て栽培”。

昨年の様子はコチラ→じゃがいも増収!埋め立て(?)栽培

折り曲げていた袋の口を伸ばして、芽が隠れるまで土を足します。

その上からじゃやがいも用肥料を30g程ばらまいて・・・
袋栽培じゃがいも増し土
さらに10cmほど土を追加。
再発芽を待ちます。


※通常の増し土(土寄せ)方法とは異なります!
初心者向けではありませんのでご注意ください。

2012年4月14日

プランター栽培のじゃがいも
プランター栽培のジャガイモ。
発芽から2週間経ちました。
じゃがいも芽かき
芽が10cmくらい伸びたので芽欠き(めかき)をしました。

プランターの場合、残す芽は一株1〜2本程度。
芽かきをしないと、イモが大きくなりません。

じゃがいも増し土
そして10cmほど増し土。
土に肥料を混ぜて追肥も同時に行ないました。

2012年4月30日

先日、完全に芽を埋めてしまった袋栽培のジャガイモが再び芽を出しました。
袋栽培じゃがいも発芽
せっかく発芽したものを埋めてしまったのですが、枯れたり腐ったりすることなく元気です。
もう少しだけ土を足す余裕があります。


プランター栽培のジャガイモも大きく育ってきました。
プランター栽培のじゃがいも
深さにまだ余裕があったので、さらに増し土しておきました。

2012年6月10日

プランター栽培のじゃがいも
プランター栽培のジャガイモです。

地上部の茎葉が枯れてきました。
そろそろ収穫時期です。
じゃがいも収穫
シートの上にプランターの土をドサッと出して収穫開始。
毎回ドキドキします。
ジャガイモの地下茎

こんな感じでした。
サイズは小さめです。


もっと日当たりのよい場所で育てれば、イモも大きく育つのかも?
(と、言い訳しております)

大きいもので6〜7cm程度。

来週は大きい方の袋栽培じゃがいもを収穫予定です。
じゃがいもと
ベーコンの炒め物
収穫したてのジャガイモを、ベーコンと一緒に炒めていただきました。
ビールによく合います。

2012年6月16日


先週末から梅雨入りした近畿地方。
今日も降ったり止んだりで、雨の合間に菜園作業です。

ジャガイモの袋栽培ですが、地上部の元気がなくなってきたので収穫します。

地上部があまり大きく育っていないのが気になります。

ナス科野菜ではご法度とされる連作(同じ科の野菜を、同じ土で続けて育てること)をしている事も影響しているのか?

5cmほどの大きさのジャガイモが4つ・・・。

今回は残念な結果に終わりました。
たまにはこんな事もあるかと・・・。

小さな袋でもジャガイモ収穫(2012年春)

2012年6月3日

袋栽培のじゃがいも
袋栽培のジャガイモを収穫しました。

3月初旬、フィルム製の袋「ベルポット」に植え付け。

容量は6リットル。
ジャガイモを植えるには土の量が少なすぎるかも?と思いつつ、種イモが余っていたので試しに植えてみたものです。
袋栽培じゃがいもの収穫
袋栽培なので収穫は簡単。

予想外にたくさんイモが出てきました!
ちょっと感動。

袋栽培は地下茎部分をまるごと取り出すことが簡単にできるので、ジャガイモの実の付き方を詳しく観察することができます。
ジャガイモのストロー(ストロン)
白い茎の先についているジャガイモの赤ちゃん。

ジャガイモは地下の茎から「ストロン」と呼ばれるわき芽がのびます。このストロンの先が太ったものがジャガイモです。

収穫目的というよりは、学習教材として良いサイズかも!

食べやすいサイズで10個ほど収穫できました。
一番大きいイモで4.5cm・・・。
でも、小さな袋でここまで出来るとは思っていなかったので満足です。そして植物の生命力、たくましさをあらためて感じました。

来週は大型プランターで栽培したジャガイモを収穫する予定です。

2012年秋ジャガイモ(袋栽培&プランター栽培)

2012年9月9日

ジャガイモのプランター栽培
プランターにジャガイモを植え付けました。

秋植え向きの品種「ニシユタカ」です。


使用プランター: 野菜鉢 深型(330型)
じゃがいも植え付け
10cmほど土をかぶせます。

ジャガイモは種イモの上に新しいイモが付くので、芽が出てから成長に応じて土を増していきます。

水やりをして植え付け終了です。

2012年9月25日

じゃがいもプランター栽培
プランター栽培のジャガイモ(品種:ニシユタカ)が発芽しました。
じゃがいも発芽
植え付けは9月9日。
約2週間で発芽です。

じゃがいもが地面を割って発芽する様は、いつ見ても生命力を感じます。
じゃがいもの袋栽培
春ジャガでも試しましたが、ベルポットでの袋栽培を秋ジャガでもやってみます。
土容量6リットルで、どこまで生長するか楽しみです。

2012年10月8日

袋栽培のじゃがいも
袋栽培(ベルポット)のジャガイモ。

じゃがいも芽かき
“芽かき”をして2本立ちにしました。

芽を欠くときは、株元を押さえ、横に倒すように引き抜くと根元から取れやすいです。
(ハサミで切っても可)

同じ置き場所なのですが、生育に差がついています。
種イモの違いによるものか?微妙な日当たりの違いか?

増し土をしておきました。

プランター栽培のジャガイモ。
ひょろひょろした感じなのでちょと心配です・・・

こちらも土を足しておきました。

増し土用の培養土に、“ 草木灰”と“ バットグアノ”を一握りほど混ぜてみました。

草木灰には、根を丈夫に大きくする肥料「カリ」が多く含まれます。
カリは「根肥」とも呼ばれる根に効く肥料成分です。

2012年11月23日

袋栽培じゃがいも
春ジャガでも試した小さな袋ベルポットでのジャガイモ栽培。
秋ジャガでもやってみました。

葉が黄色くなってきたので本日収穫です。

春ジャガ収穫の様子はコチラ→小さな袋でもジャガイモ収穫(2012年春)
じゃがいもの袋栽培
品種はニシユタカ。

袋栽培のじゃがいも収穫は簡単。袋をあけるだけ!
じゃがいも収穫
一袋目。
う〜ん、いまひとつ・・・。
6cm程度の小ぶりなサイズのジャガイモです。
袋
二袋目。
同じような感じ・・・。

6リットルの土の量からすれば上出来なのかな?
春よりもサイズはひとまわり大きくなりましたが、個数が少なくなりました。

2株から収穫できたジャガイモ。
おかず一品つくる分は確保できました。(笑)
ベーコンとじゃがいもの炒め物
ベーコンとジャガイモの炒め物。
(ジャガイモは電子レンジで加熱してからベーコンと炒め合わせました。)

ビールのおつまみにピッタリでした!


ニシユタカは粘質のじゃがいもで、煮崩れしにくいのでカレーや肉じゃが等の煮込み料理に適しているとのことです。

2012年12月9日

プランター栽培のじゃがいも
本日の大阪は雪がちらつきました。
風も強く、外での作業は寒いです。

プランター栽培のジャガイモ。
日当たりが悪いので徒長気味です。葉の先が枯れてきたので収穫します。
じゃがいも収穫
大きめのイモが3個。
秋ジャガはいつもこんな感じです。ちょっと寂しいですが・・・。
ソラマメ植え付け
空いたプランターにソラマメを植え付けました。

(苗は自分で種まきして育てておいたものです)

ソラマメは高さが1.5m以上になるので支柱を立てます。
スイカの立体栽培の時に使ったミニオベリスクを使用しました。

袋栽培ジャガイモ 2011年春

【2011年春 袋栽培じゃがいも】(店長日記まとめ)

2011-04-02

ジャガイモ発芽
袋栽培で育てているジャガイモがやっと発芽しました!

(写真では分かりにくいですが、時計で言う所の10時の方向辺りです)
じゃがいも発芽 植え付けは2月27日。
発芽まで1ヶ月以上掛かってしまいました。

深さ20cmという深植えにしたことと、3月下旬になってもなかなか気温が上がらなかったことが影響していると思われます。

とにかく、無事に発芽してホッとしました。

【品種:キタアカリ】

2011-04-10

袋栽培じゃがいも発芽
先週発芽した袋栽培ジャガイモのその後です。
まだひとつしか芽が出ていませんが、左側の土が少し盛り上がってきているのでもうすぐ二つめが発芽しそうです。
プランターのじゃがいも発芽
菜園550深型プランターのジャガイモも発芽。
こちらは3月6日の植え付けなので、やはり1ヶ月かかりました。
20cm深植えにすると時間がかかります。

畑に植えたジャガイモも発芽。


本日の収穫は、トンネル栽培ほうれん草と、一株だけ育てているアスパラガス。

採れたてアスパラガスは、まるでスイートコーンのような甘さと食感です。


2011-05-14

じゃがいも袋栽培
「ジャガINじゃが培養土」でのジャガイモ袋栽培。
茎と葉が大きく育っています。


実は芽がひとつしか出ませんでした・・・。
茎が少ないと言うことは、イモが付く数が少なくなると思うので、その分大きく育ってくれることを願うしかありません。
じゃがいもプランター栽培
菜園550深型プランターのジャガイモも元気です。
種イモを2個植えています。

こちらはそれぞれ2本ずつ芽を残しました。

ジャガイモの花。
ジャガイモは、トマトやナスなどと同じナス科の野菜です。
花の形がよく似ています。

そろそろ2回目の追肥をする時期です。

今日もイチゴ収穫。
週1回のいちごの液肥(規定よりも薄めに希釈)の効果か、調子が良いです。

2011-06-04

ジャガINじゃが培養土
ジャガINじゃが培養土を使った袋栽培のじゃがいもです。
葉も茎もかなり枯れてきたので収穫します。
袋栽培のじゃがいも
袋栽培の良い所のひとつは収穫が簡単なこと!

レジャーシート等を敷いて、袋をあけるだけ。
探しやすいのでイモを取り損ねることもありません。

種イモはなくなっていましたが、種イモの上にイモが付いていく様子がよく分かります。
こうして観察しやすいのも袋栽培のいい所ですね。
ジャガイモ収穫
1株からこれだけ収穫できました!!
小さめですが、5〜6個以上採れれば合格点ではないでしょうか?

重量は479グラム。
種イモは約50グラムだったので約10倍!!

うまく栽培できてひと安心の店長でした。
来週は深型プランターで栽培しているジャガイモを収穫予定です。

プランターでジャガイモ栽培! (2011年春)

2011-06-19

プランター栽培のじゃがいも
プランター栽培のジャガイモです。
5月中旬の姿。種イモを2個植えています。

使用プランター:リサイクルプランター菜園550深型 26リットルの大容量タイプ。
ジャガイモ収穫
雨続きで収穫するタイミングが合わず、地上部がここまで枯れてしまいました。


レジャーシート等を広げてドサッと土を出しても良いのですが、場所も必要だし、今日は雨が降ったり止んだり・・・
すぐ片付けられるように、バケツを用意して省スペースで土を移し変えながら掘りすすめました。

種イモ2個からこれだけ収穫!
重さを量ると約1.2kg。
一番大きいイモで約7cmほどの大きさ。

種イモ毎に収穫したジャガイモを分けてみました。
大きさ・収量とも多いのは、写真上の方ですが、これは日当たりが良かったためだと思われます。同じプランター内でも日の当たり方によって成長に差が出るようです。
プランターの土壌改良
収穫後の土に、近日発売予定の土壌改良材「大地の達人」を混ぜて次作の準備をしました。

天然有機100%!
土に少し混ぜるだけ。これは便利!

2011-06-19 21:58


2011年秋ジャガ(袋栽培とプランター栽培)

2011-10-02


秋植えのジャガイモ。
プランターと袋栽培で育てています。
容器をつかった栽培は土の容量が限られています。
少しでも収穫量を増やしたい・・・

店長の愛読書、月刊「現代農業」の数年前のバックナンバーに載っていた“じゃがいも増収術”をプランター栽培に応用してみます。
(記事では、畑で土を盛り上げる方法として紹介されていました)

元気のよさそうな目を残して“芽かき”をします。
発芽が揃ったら・・・

芽が隠れるくらいまで土を被せて

肥料を施した後、

さらに10cmほど土を盛ります。

確かこんな感じの増し土方法だったと思いますが、手元に記事がないのでうろ覚えです。


発芽したのに完全に埋めてしまって大丈夫なのか???
乞うご期待!!
【ジャガイモの増し土(土寄せ)】
ジャガイモは種イモの上に実が付いていきます。
増し土をすることで・・・
・土が増える=イモが付く場所が増える=多収になる
・イモに光が当たって緑色に変色することを防ぐ

普通の栽培では、増し土を2〜3回に分けて行ないます。

2011-10-11


先日、完全に埋めてしまったジャガイモの芽ですが、無事に芽が出ました。
(盛り上げた土の量が少なかったので、3日目には芽が出ていました。)

昨日の様子。

せっかく出てきた芽を完全に埋めてしまうので、腐ったり弱ったりしないだろうか?と不安でしたが、元気に育っています。

種イモまで30cmくらいの深さです。

ジャガイモが育つスペースは確保しました。
収穫予定は12月上旬です。
増収なるか?!

2011-10-24

ジャガイモ袋栽培 袋栽培の秋じゃがいもです。

2週間でここまで大きくなりました。
(品種:ニシユタカ)


2011年11月12日


袋栽培で育てているジャガイモです。
伸びすぎて茎が倒れてきました。

このままでは傍を通るときに当たって折れてしまいそうなので・・・

支柱を立てて麻紐で結び付けました。

水やりが多いのか、肥料を与えすぎたのか・・・?

葉ばかり茂ってイモが太らない、なんてことがないように祈るしかありません。

2011年12月11日


プランターと袋栽培の秋じゃがいもです。
プランターの方は日当たりが悪い場所だったので葉茎が大きく育ちませんでした。

容器栽培のジャガイモ収穫は簡単♪
ブルーシート等に土をあけるだけ。

5cmサイズが4個・・・
ちょっと物足らないです。
やはり日当たりは重要ということでしょう。

ジャガイモ増収術(埋め立て栽培)を試してみた袋栽培に期待!

サイズは大きめですが、数はそれほど変わらず・・・

もともと露地栽培向けに紹介されていた増収術。袋栽培には向かなかったかもしれません。
但し、栽培方法としては理屈に合っていると思うので、次回もチャレンジしてみたいと思います。

収穫したジャガイモはハムと一緒に塩コショウで炒めて調理。
撮影後、あっという間になくなる美味さでした♪

袋栽培のじゃがいも(2010年)

2010-03-13
本日の大阪は小雨模様でしたが、ジャガイモの植え付けをしました。

畑がなくてもジャガイモづくり。
プランターなどの容器を使えば根菜類の栽培も可能です。
市販培養土や肥料の空き袋、土のう、麻袋など、土がたっぷり入って深さのあるものなら何でも利用できますが、今回は、使い込んですり切れてきたエコバッグ(マイバッグ)を使ってみました。

袋栽培の鉢底石 エコバッグの口を折り返して鉢底石を入れる。

水はけを良くするために鉢底石を利用した方が良いです。
「繰り返し使える鉢底石(袋入り鉢底石)」は便利♪


ジャガイモの袋栽培 袋の深さの半分ほど培養土を入れ、種イモを置く。
(今回は元肥入りの培養土を利用)

ジャガイモの袋栽培 イモが5〜6cmの深さになるように培養土を入れる。

水をたっぷりやる。

袋は大きくて深いほど良く出来るそうです。

品種: キタアカリ
最近人気のジャガイモ。男爵薯(だんしゃくいも)に似たホクホク系のイモとのこと。収穫が楽しみです。


2010-04-10

エコバッグに植え付けたジャガイモがやっと発芽しました。

発芽しなかったらどうしよう・・・?と思っていましたがひと安心です。
3月中旬の植付なので、1ヶ月近くかかりました。

ジャガイモの袋栽培じゃがいも発芽

エコバッグの材質やカタチにもよると思いますが、生地の目が細かいので
水は通しても土の漏れがほとんどありません。
手提げ袋なので移動するときも楽でした。


2010-05-09

ジャガイモの袋栽培
エコバッグで袋栽培しているジャガイモ。
葉が成長してきたので、折り返していた袋を伸ばして土を増しました。



2010-05-30

エコバッグで袋栽培しているジャガイモ。 茎や葉がかなり枯れてきたので収穫しました。
(右の白い袋は肥料の空き袋です)
ジャガイモの袋栽培

袋をひっくり返して取り出すだけの簡単収穫です。 採り忘れもありません。

ジャガイモ収穫

「・・・・・・小さい。」

写真右は2株合せての収穫量です。 量はともかく、実が小さすぎる・・・。(品種はキタアカリ。 味は良かったです♪)

45リットルのマイバッグではジャガイモには小さかったのでしょうか???
肥料を控え目にしていた影響かもしれませんが・・・ 袋栽培の得意な方、ぜひご教授下さいm(_ _)m


さつまいも植え付け
【サツマイモの植え付け】
落ち込んでばかりもいられないので、空いた袋にサツマイモを植えつけました。(笑)
結果は10月以降です。

ページトップへ