カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ミニキュウリとウリハムシ

2013年10月1日

ミニキュウリ
種から育てて5月に植えつけたプランター栽培のミニキュウリ

そろそろ収穫終了の時期です。
全部は数えていませんが、一株から50本以上は収穫できたでしょうか。
ウリハムシの食害痕
9月中旬を過ぎたころからアブラムシやウリハムシが多発して葉はボロボロに・・・

葉に丸い穴がたくさん開けられています。
ウリハムシ(ウリバエ)
葉をかじる害虫の正体は「ウリハムシ(ウリバエ)」。

名前にウリと付くように、成虫はウリ科野菜の葉を食害します。
幼虫は土の中で根を食害するので、多発すると植物が弱ります。
ウリバエの食害痕
直径1~2cmの円を描くように食害するのが特徴です。

ウリ科植物は害虫にかじられると、苦い物質を出して防衛する(害虫の食欲を失わせる)そうです。
円形に食害する理由は、はじめに丸く葉をかじって、その物質が周囲から流れ込んで濃度が高くなるのを防いでから葉を食べる、と考えられているようです。昆虫界もいろんな生活の知恵があるんですね。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

秋ジャガ、1株ダメになってしまいました

2013年10月5日

袋栽培のじゃがいも
袋栽培(ベルポット)のジャガイモ。

2株植えたのですが片方の芽が出ず。
腐った秋ジャガ
掘り返してみると腐っていました・・・。

気温が高い時期に植える秋ジャガは腐りやすいと言われますが、実際に腐ってしまったのははじめてです。
じゃがいも苗
小さな鉢に植えておいた予備のジャガイモを植え直します。

増し土と追肥も一緒に行ないました。
じゃがいも発芽
野菜鉢に深植えしたジャガイモもやっと芽が出ました。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

天狗なす?

2013年10月6日

天狗なす
収穫が続く秋ナス(千両二号)ですが、変なカタチの実が付きました。


※今回収穫したのは千両二号の奇形果ですが、愛知県・奥三河の地方野菜に「天狗なす」というのがあります。
普通のナスの5倍から10倍ととにかく大きく、淡い紫色、天狗の鼻状の奇形果ができやすい品種とのこと。機会があれば一度食べてみたいです。

画像加工しました。

天狗のように鼻の長い、面長の顔にも見えるし・・・
ペンギンなす
角度によってはペンギンのようにも。

何に見えるか、家族で盛り上がりました。
縞紫なす
縞紫ナスも収穫。
西洋種のナスで、揚げ物や炒め物に向きます。

シンプルに塩コショウ、オリーブオイルで焼いていただきました。
肉質が緻密でおいしいナスです。



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

アピオスを収穫して素揚げにして食べました。

2013年10月12日

枯れたアピオスとキュウリ
10月に入ったというのに暑いですね。
今日も関東・東海では真夏日(30度以上)のところがあったそうで・・・。

ベランダのアピオスとキュウリがすっかり枯れました。

緑のカーテンだった頃の様子はコチラ→アピオスの様子と夏野菜の収穫(2013年7月6日)
アピオス収穫
アピオスはマメ科植物ですが土中にイモができます。
地上部を片付けて、茎を引っ張り上げて収穫!

(手で探りながら掘り上げると、イモと一緒にコガネムシの幼虫と思われるモノが10匹以上出てきました・・・)
アピオス
数珠状につながったイモが収穫できました。

アピオスは土中で保存が出来るそうです。
種イモに付いていた説明書きには“10月下旬には落葉して生育が止まりますが、イモの甘味を出すためには11月中旬からの収穫がオススメです”とありました。が、早く食べみたかったので写真の量だけ収穫。おそらくプランターの中にまだ残っていると思います。

2、3cm程の大きさのアピオスは皮付きのまま調理します。
(水でよく洗います)

切り口から白い液(見た目は木工ボンドのようです)が出てくるのですが、これが結構な粘度があります。
アピオスの素揚げ
皮付きのまま素揚げにしてみました。
塩をふっていただきます!

素朴な味です。
ピーナッツに似た豆の味で、食感はイモ、といった感じでしょうか。
※アピオスはとても栄養価が高く、食べ過ぎに注意が必要とのこと。
じゃがいもと比較すると鉄分が4倍、カルシウムが30倍、繊維が5倍、他、たんぱく質やビタミン類、イソフラボンなども豊富に含む滋養強壮野菜として注目されています。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

茎レタス(ステムレタス)、種まきから約1か月

2013年10月13日

茎レタス(ステムレタス)
9月中旬、畑に種まきした“茎レタス”。初栽培の野菜です。
ステムレタスとも呼ばれ、結球せず、主に茎を食べるレタスです。

日当たりが良くない場所なので生育は遅いかも?

レタス類(キク科)は害虫が付きにくい、と言われますが、毎年例外なく虫に食われます。

防虫ネット(1mm目)を掛けていますが、どこからか侵入してくるようです。
ネットを張っていても日頃の観察は欠かせず、小さな穴や害虫のフンなど異常があれば、被害が少ない内に見つけ出して捕えます。
プランターの茎レタス
こちらはプランターに種まきした茎レタス。
日当たり条件は畑よりも良いので、しっかり育っています。



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

とうもろこし、その後

2013年10月14日

とうもろこし
収穫したものの芽が出てしまっていたのでそのまま植えたトウモロコシ、その後です。
(見やすいように後ろに白い板を置きました。)

植え付け、発芽の様子は→コチラ


1株だけ膝くらいの高さまで生長しました。
(もう一株は苗サイズ、その他は枯れてしまいました。)

トウモロコシの芯が邪魔して根がしっかり張っていないのか、株元がグラグラしています。



雄穂が出て花が咲きそうですが、まだ雌穂がありません。
まあ雌穂が出ていたとしても1株だけでは結実する可能性は低いのですが・・・



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ジャガイモの病気?

2013年10月19日

ジャガイモ病気?
今週になって大阪も急に朝晩肌寒さを感じるようになりました。

2株育てている袋栽培のジャガイモのうち、1株が急に葉が縮れるように変色しました。
茎の上の方に症状が出ています。
下の方の葉はまだ健全なように見えます。
ジャガイモの病気(葉)
葉の状態はこんな感じ。
明らかに病気っぽいです。撮影後、枯れた部分を切り取りました。
(茎の切り口は特に異常なさそうな感じでした)

病名・原因・対応策は調査中。急に寒くなったことと関係はあるのか?

とりあえずもう一株の方は元気なので、この株とは離して置くことにします。
こういう時、容器栽培は移動できるので便利です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

プレミアムマルシェ青空市場(atグランフロント大阪)

2013年10月27日

グランフロント大阪
大阪キタの新名所、グランフロント大阪。

10月26日・27日の両日、北館ナレッジプラザにて食と農のイベントが開催されました。
プレミアムマルシェ
『プレミアムマルシェ青空市場』

農林水産物を「作る人」(生産者)と「食べる人」(消費者)を結ぶイベントです。
主催は、昨年創業100周年を迎え、農業・漁業の現場と深くつながる産業機械メーカー、ヤンマー株式会社。
プレミアムマルシェ青空市場
野菜、米、水産物など、生産者の想いが込められた西日本の“プレミアムな食材”を販売するブースが12店。
開始早々に完売する食材もあり、大盛況でした!!
(いろいろ試食もできて楽しかったです)


普段お会いする機会のない生産者の方から、その食材に関することを直接聞くことができるので、新たな発見があったり、その食材をもっと身近に感じたり、とてもワクワクします。
移動菜園
都会の真ん中に出現した『移動農園』。

会場内に設置されたプランター栽培の野菜を収穫する『旬野菜の収穫体験』イベントも開催されました。
(昨日(26日)はJリーグ・セレッソ大阪の選手が参加されたそうです。)
移動農園
コールラビ、バナナピーマンなど、食品スーパーでは見かけない野菜も植えられていました。
普段、野菜が育つ姿を見ることがない人にとっては新鮮な体験だったのではないでしょうか。こうしたイベントを機に家庭菜園を始める方が増えるといいなー、と思います。

コンセプトトラクターYT01
今年7月に発表されたコンセプト・トラクター「YT01」の展示もありました。

デザインはイタリアの高級スポーツカー・フェラーリのデザインを手がけてきたことで知られる工業デザイナーの奥山清行氏。
エアコン・オーディオ完備とのことなので楽しく作業できそうです。
また、無人走行による追従システムを搭載し、複数の作業を一人で効率よく行なう事ができるとのこと。


様々な形で新しい農業の姿を提案するヤンマーさんの活動に、今後ますます注目ですね!


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ