カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

プランター栽培の茎レタス(ステムレタス)、収穫しました。

2014年1月4日

2014年午年 あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年も家庭菜園・野菜づくりを大いに楽しみたいと思います!

(尚、ネットショップは1月6日(月)より営業いたします。ご不便をおかけいたしますがご理解ご協力のほどよろしくお願い申しげます。)

プランター栽培の茎レタス
さて、今年最初の収穫はプランター栽培の茎レタス(ステムレタス)です。

9月中旬の種まきから3ヵ月半が経ち、高さは70cm近くに達しました。種袋には茎の長さ25cm前後、太さ4cm前後で収穫、とあるのでタイミングが遅すぎたかもしれません。

プランターは種まき時に空いていたフレグラーポットの21型(5リットル)を使用。もっと大きな容器にすればもっと太い茎になったかも?
茎レタスの太さ
太さは3週間前と変わらず約3cm。こんなことならもう少し早めに収穫すれば良かった・・・。
茎レタスの花芽
茎の先端を見ると・・・
あらら、花芽らしきものが出来ていました。

これはあきらかに採り遅れですね。
茎レタス(ステムレタス)収穫
茎レタス、収穫!

下の方の硬い葉や変色している葉は取り除きました。
さて、どうやって食べようかな~。

>>>茎レタス・実食はコチラ
畑の茎レタス
ちなみに日当たりの悪い畑の茎レタスはこちら。
茎が細く、葉だけが茂っています。

葉っぱだけでも食べようかな~?
とりあえずこのまま様子をみます。(笑)


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

収穫した茎レタスをきんぴらで食べました。

2014年1月4日

収穫した茎レタス(ステムレタス)
収穫した茎レタス(ステムレタス)。

可食部分は太い茎の部分。
若い葉も食べられます。
カットした茎レタス
葉と茎に分けて切りました。

葉は生でサラダなどに利用できますが、若干苦みがあります。
茹でたり炒めたりして火を通すと食べやすくなりました。
茎レタス
茎の断面。
あら~っ、ス入り(空洞)してます。

やはり採り遅れだったようです。
茎の表面は硬くて食べられないので、厚く皮を剥きます。
皮を剥いた茎レタス(ステムレタス)
皮を剥いた茎レタス。
綺麗な緑色をしています。

皮を厚く剥くので歩留まりは50%といったところでしょうか。

生でかじってみると・・・無味です。
水にさらした茎レタス
きんぴらにすると美味しいと聞いたので、拍子木切りに。

アクがあるとのことなので、10分ほど水にさらしました。
茎レタスのきんぴら
醤油と砂糖で味付けして“茎レタスのきんぴら”の出来上がり。

シャキシャキ、コリコリとした食感が楽しい野菜ですね。美味しいです。
食感を残すには火を通しすぎないようにした方が良いです。
おつまみ野菜 茎レタス
ちなみにコンビニや食品スーパーなどでも「茎レタス」の加工食品を見かけます。
(写真はコンビニで購入したもの。酸っぱい中華風の味付けでした。)

「山くらげ」とも呼ばれ、茎レタスの芯を細く切って乾燥させたものを煮物、漬物、中華料理などに利用します。
一度干したものを戻すことでコリコリ・シャキシャキとした食感がより一層際立つようになるとのことです。(今回、自家製の茎レタスでは量が少なくて試せませんでした。)


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

なんちゃって春の七草2014

2014年1月6日

プランター菜園
今年も“なんちゃって春の七草”です。
(なんちゃって、って今の若者に通用する言葉なのかな?)

昨年はプランターに7種の葉物野菜を種まきしましたが1月7日に間に合わず、でした。
今年は現在プランターにある分で賄おうと思います。
春菊・水菜・ミニ白菜
春菊、水菜、ミニ白菜、で3品。
七草粥というよりも鍋物するみたいですね・・・。

プランターには風除けのために防虫ネットや保温フィルムをかけて育てています。
ミヤシゲ大根
4品目はミヤシゲ大根。
大根は七草でいうスズシロです。
葉は立派ですが肝心の根が細いです。
ベビーリーフ
えーっと後は・・・

ベビーリーフミックスの中の小松菜とリーフレタス。これで6品。

小松菜は良いとしてもレタスは・・・この際よしとします。
茎ブロッコリー
あともう1品。

茎ブロッコリーがあるけど、これはお弁当のおかずに置いておかないといけないし・・・
ミント
そうだ、ミントがある!
・・・ってこれはさすがに七草粥には合わないと思われ・・・
葉ネギ
ということで無難な葉ネギになりました。

これで7種の葉物野菜を調達できました。準備完了です!

(大根以外、本来の春の七草とはまったく別物ですのでくれぐれもお間違えのないように!)
↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

春の七草でお粥ではなく雑炊つくりました

2014年1月7日

春の七草
正月七日は七草粥(ななくさがゆ)。

人日(じんじつ)の節句(1月7日)の朝に食べる塩味のお粥で、その一年の無病息災を願って食べられます。
中国から伝わる風習で、日本では平安時代から始められたとのこと。
春の七草(市販品)
毎年、自家製の野菜で7種を調達(なんちゃって春の七草)していますが、今年は本来の春の七草をあらためて確認しようと思い市販品も購入しました。
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベ
セットを選り分けてみました。

セリ、ナズナ(ペンペン草)、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)
ホトケノザ・スズナ・スズシロ
ホトケノザ(コオニタビラコ)、スズナ(蕪)、スズシロ(大根)の七草。

購入したセットは大半がハコベラでした。
蕪と大根以外は家庭菜園での栽培は難しそうですね。セリは食品スーパーでみかけますが、他のは野草、というか雑草扱いのものもあります。
七草粥というか雑炊
我が家の七草雑炊(ぞうすい)。
お粥だと物足りないので。(笑)七草もほとんど刻んでいません。
美味しくて胃を休めるどころか二杯目も頂きました。

本来の七草粥は、前日の夜に囃し歌をうたいながら七草を包丁などで叩いて細かくしておいて、朝にお粥を炊いて七草を入れ、朝食にするとのこと。
フリーズドライ春の七草
フリーズドライの七草ってのもあるんですね。
はじめて知りました。
フリーズドライ春の七草
原材料表示をみると七草すべて入っていて、国産の材料を使用していました。

これでいつでも七草粥が食べられます。(笑)

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ほうれん草のトンネル栽培(透明マルチ+不織布べたがけ)

2014年1月12日

ホウレン草発芽
ほうれん草(品種:オーライ)、種まきから約1ヶ月の様子です。

(種まきは12月中旬。1週間程で発芽しました。)
ホウレン草マルチ
透明マルチ(今回は面積が小さいので透明ゴミ袋で代用)を敷いて、ハサミで種まき用のスリット(切り込み)を入れました。
こうすると種を筋まきできます

(NHK趣味の園芸「やさいの時間」で紹介されていた方法です。)
不織布べたがけ
ホウレンソウの種をまいて不織布をベタがけ。
ほうれん草トンネル栽培
さらに換気穴付きトンネルフィルムをトンネル掛けして保温しました。

冬は換気穴がないタイプの方が保温効率が良いのですが、暖かい日などに換気をする手間がはぶけるので穴あきタイプを使用しています。
生長はゆっくりなので収穫は2月後半から3月になると思います。

→種まきから2カ月後:ホウレンソウの保温トンネル栽培(種まきから2ヶ月)

→収穫::ホウレンソウのべた掛けをはずしてみました



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

玉ねぎの追肥と今日の収穫

2014年1月19日

寒いですね~。
今日は大阪市近郊でも雪がちらつきました。

玉ねぎ追肥 畑の玉ねぎ、1回目の追肥です。

透水マルチたまねぎ職人を使用しているので、粒状の肥料を上からバラまきました。
(この方法だと、雨が降らないと肥料効果がでません。雨が少ない場合はたまに水やりします。)

次回の追肥は3月です。

プランターのベビーリーフ
寒い中、今日の収穫。

プランター栽培のベビーリーフ。
冬でも葉物野菜が収穫できるのはうれしいですね。

葉が硬い場合は炒めたり鍋に入れたりしていただきます。
プランター栽培のダイコン
プランター栽培の大根。

あら、細いです・・・
もったいないので皮ごと利用しました。
今日の収穫
畑のミニ白菜やプランターの水菜も収穫。

あったかーいお鍋でいただきました。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

はこ畑はうすのラディッシュ、種まきから2ヶ月

2014年1月26日

栽培キットはこ畑はうす
初心者向け栽培キット「はこ畑はうす」で育てている3種のラディッシュ。

保温カバーの中でゆっくりと生長中です。
ラディッシュ2ヶ月
保温カバーをはずしたところ。
いいサイズに生長しています。適期なら1ヶ月ほどで収穫できますが、寒い時期は2ヶ月以上かかることも。
株間がちょっと狭いかも?

1ヶ月前の様子はコチラ→はこ畑はうす」のラディッシュ、2回目の間引き
はこ畑のラディッシュ
根が丸みをおびてきたラディッシュがいくつかあります。
ラディッシュ収穫
赤丸・白長・紅白のラディッシュを1個ずつ試し採り。

赤丸は程よい感じ。他はまだ少し小さいですね。
まとまった量が収穫ができるのはもうチョッと先のようです。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ