カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

超浅植えジャガイモの収穫(キタアカリとメークイン)2014年春

2014年6月1日

気温35度
梅雨前というのに各地で気温30度超え。

家の外の気温計は35度を指していました。真夏の暑さです。
(6月1日の大阪、気象庁の発表は最高気温33度・最低気温21度)
ジャガイモ超浅植え栽培
その暑さの中、畑の超浅植え栽培ジャガイモを収穫しました。
(左=キタアカリ/右=メークイン)
葉がかなり枯れてきています。

種芋を半分に切って逆さに植え付けたのは3月初旬。

(真ん中のインカのめざめは5月上旬に収穫済み。)
ジャガイモマルチ
まず上部の茎を刈り取り。
すでにイモがあると分かるマルチの膨らみ具合です。

(枯草は断熱材として敷いておいたもの。株数が多い場合は必要ないと思いますが、今回は1株だけなので葉による日陰が少なく、黒マルチの熱がイモに伝わって傷まないようにしました。)
マルチを剥がす
マルチをめくってみると・・・
結構な大きさのジャガイモが地表にゴロッと現れました。
ジャガイモ超浅植え栽培の収穫
黒マルチを全部はがしたところ。
キタアカリとメークイン
マルチを剥がしただけでイモが現れる!通常のジャガイモ栽培ではお目にかかれない光景です。
左側はキタアカリ。右側のメークインは地表にはあまり出ていませんが、少し掘るといくつかイモが出てきました。
収穫したジャガイモ
それぞれ一株でご覧の収穫。
通常の種イモを深く埋める栽培方法よりも収穫量は少ないかもしれませんが、作業は断然ラクです。(土づくりによって大きさ・収量を上げることは出来ると思います。)
若干、土の中を探る作業はありますが、基本的にはイモを拾うだけ。草取りもいらず、土を掘り上げる重労働がないので、体力のない人でも出来るジャガイモづくりだと実感しました。

※『ジャガイモ超浅植え栽培』は「月刊現代農業」(農文協)2012年3月号・4月号の記事を参考にしました。

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

袋栽培キット・ゴロゴロ村で育てたジャガイモ(キタアカリ)を収穫しました

2014年6月7日

ゴロゴロ村
近畿地方は4日に梅雨入りしました。雨が降ったり止んだりの大阪です。


今春新発売のジャガイモ収穫キット ゴロゴロ村で育てているキタアカリ。
葉はまだ青いのですが、上に伸びすぎて茎が倒れてしまいました。

1ヶ月前の様子
袋栽培ジャガイモの収穫
夏野菜用の場所を空けなければならないこいともあり、収穫しました。

袋栽培ジャガイモの収穫は簡単!シート等を敷いて袋の中身を空けるだけ!
この瞬間は毎年ドキドキします。
ジャガイモ収穫キットゴロゴロ村
おおっ、結構なイモの数!

若干小さめですがイモが“ゴロゴロ”と言ってよいのではないでしょうか。
収穫したジャガイモ
大きいイモで6cmくらいです。
茎葉が青いうちはイモが生長するので、収穫をもうちょっと我慢すればもう少し大きくなっていたかもしれません。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

袋栽培のジャガイモ(シャドークイーン)を収穫しました。

2014年6月8日

袋栽培じゃがいも
ベルポットを使用した袋栽培のジャガイモ。
右側、シャドークイーンの葉が枯れてきたので収穫します。
(左側のメークインはまだ元気なので栽培継続)
シャドークイーンの花
じゃがいも・シャドークイーンの花。
5月初旬の様子です。

シャドークイーン収穫
袋をあけて収穫。
まるで石ころのように見えますが、シャドークイーンは紫色のジャガイモです。

5リットルという根菜にとっては少ない土量でしたが、イモの数は結構ついていました。
じゃがいも・シャドークイーン
1個水洗いしてみました。外観は黒っぽい紫色です。

画像はありませんが中身も鮮やかな濃い紫色をしてます。抗酸化作用が高いといわれるアントシアニン色素を豊富に含むジャガイモです。どうやって調理しようか思案中です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

丸型のズッキーニ(ブラックエッグ)を初収穫しました。

2014年6月15日

畑のズッキーニ
【5月18日】
4月下旬に苗ポットに種まきして、5月中旬に植え付けした2種類のズッキーニ
(残念ながら今年は種の入荷がなかったので、冷蔵庫に保管していた3年前の古い種をまきましたが無事に発芽して生長しました。)

虫よけのためシルバーマルチを張り、短い支柱を立てています。
ズッキーニ
【6月15日】
本日の様子。植え付けから1ヶ月足らずで大きく生長しました。
ツルが伸びないので背は高くなりませんが、直径1m程度に葉が広がります。

品種は左がゴールディ、右がブラックエッグです。ゴールディは昨年プランターで栽培してとても味が良かったので、今年は畑で育てます。
ズッキーニ(ブラックエッグ)
4日ほど前に人工授粉したブラックエッグの実が大きくなりました。

ズッキーニは受粉するとすぐに大きくなり、3~5日で収穫適期になります。大きくしすぎると味が落ちるので早めの収穫を心掛けます。
ブラックエッグ収穫
今年はじめて育てる丸型のズッキーニ「ブラックエッグ」、初収穫です。
直径5~6cmが最適サイズですが直径約8cmとちょっと大きめでした。

輪切りにしてオリーブオイルとニンニク少々、塩コショウで炒めるとたいへん美味です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

袋栽培ジャガイモ(メークイン)収穫。(2014春ジャガ終了)

2014年6月15日

袋栽培のジャガイモ
2014年の春ジャガイモもいよいよ最後。
袋栽培のメークインです。
袋栽培のジャガイモ収穫
土容量6リットルのベルポットを使用。袋をあけて収穫!
メークイン収穫
一袋でこれだけ収穫できました。
10cmサイズのじゃがいもが1個、8cmサイズが2個。残りは小さなイモですが、この土容量なら十分ではないでしょうか。

省スペースでも栽培できるので、ジャガイモ栽培を体験するにはちょうど良いと思います。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

卵型の黄色いズッキーニ「ゴールディ」の人工授粉と収穫

2014年6月21日

ゴールディの収穫
丸型の黄色いズッキーニ「ゴールディ」を今期初収穫しました。
3日前に人工授粉したものです。
ズッキーニ・ゴールディの雌花(めばな)
ゴールディの雌花(めばな)。
はじめから小さな黄色い実が付いているのが目印です。
ズッキーニ・ゴールディの雄花(おばな)
こちらは雄花(おばな)。
人工授粉させやすいように花びらは取ってしまいます。

蟻(アリ)がたくさん集まっていますが、アリは受粉の手助けをしてくれません。
ズッキーニの人工授粉
雌花の雌しべに雄しべをやさしくつけて人工授粉完了。

花びらをむしられ、オスとしての役目を終えた雄しべを処分するとき、もの悲しさを感じますね・・・。
畑のズッキーニ
人工授粉から3日経過。ズッキーニは受粉するとすぐに大きくなります。

風や虫に任せた自然受粉だと実が付かないことが多いので、毎朝開花をチェックして人工授粉を行ない確実に収穫できるようにしています。
ズッキーニの収穫
直径約6cm。5~6cmが収穫目安のサイズなのでバッチリです。
もうひとまわり位は大きくしても良いと思いますが、あまり大きくすると大味になります。(隣の緑色のズッキーニはブラックエッグ

このゴールディ、他の緑色系のズッキーニよりも甘みがあってとても美味しいのですが・・・、場所をとる割に一株から収穫できる量が少ないです。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ズッキーニにうどんこ病とモザイク病が発生!

2014年6月28日

畑のズッキーニ
畑のズッキーニが大ピンチ。
というか、もうアウトです・・・。

平日はなかなか手が掛けられず、気が付けば病気が進行していました。
ズッキーニのうどんこ病
うどんこ病。
葉にうどん粉のような粉が発生する病気です。カビによる病気で、胞子が飛んで広がるので被害葉は早めに切り取って処分するか、薬剤で対処します。
ズッキーニの葉
こちらは一見うどんこ病に見えますが、病気ではなく葉の模様です。
ズッキーニは斑入りの葉の品種もあります。(画像は「ゴールディ」の葉)
モザイク病?のズッキーニ
で、問題なのはコチラ。葉の状態から見ておそらくモザイク病です。進行すると果実にも症状が出て収穫できなくなります。

ウイルスによる病気で、感染ルートは
●アブラムシによる媒介
●手指やハサミなど接触による伝染
ですが、見たところアブラムシは付いておらず、どこからウイルスがやってきたのか分かりません・・・。ハサミなどの道具に付いていたとしたら消毒しなければなりません。
ズッキーニ(ブラックエッグ)収穫
成っていた1個(ブラックエッグ)を収穫。
まだ3個目の収穫なのですが・・・。

モザイク病が発生したら治す方法は無く、他への感染を防ぐため、株は抜き取って処分しなければなりません。残念ながら撤収します。
美味しいズッキーニなのにな~
うどんこ病にベニカマイルドスプレー
プランターで育てているズッキーニにもうどんこ病の症状が・・・。

まだ面積が小さいのでベニカマイルドスプレーを使用してみました。
うどんこ病菌を物理的に包み込んで被害の拡大を抑えます。

(2014年7月21日追記)
ベニカマイルドスプレーの効果は?>>>調子が悪くなった野菜たちのその後

外部サイト(amazon)へリンク

【ベニカマイルドスプレー】
  • 食品から作られた自然派志向の殺虫殺菌剤です。野菜や花に安心して使えます。
  • 有効成分(還元水あめ)がアブラムシ、ハダニ、うどんこ病菌を包み込んで退治し、薬剤抵抗性がつきやすい害虫にも効果的です。
  • 臭いがなく、野菜類には収穫前日まで使え、しかも使用回数の制限もありません。


【商品詳細】
薬剤登録:農林水産省登録第22160号
有効成分:還元澱粉糖化物
(成分:還元澱粉糖化物=0.60%、水・界面活性剤等=99.4%)
容量:1000ml

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ページトップへ