カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

茎ブロッコリーの頂花蕾を収穫(2014年11月)

2014年11月3日

茎ブロッコリーの植え付け
9月初旬、プランターに植え付けた茎ブロッコリー(スティックセニョール)。
ブロッコリー防虫ネット
上から下まで防虫ネットで完全防備。
蝶や蛾が卵を産み付けるのをネットで防ぎます。特にアオムシ(モンシロチョウの幼虫)に食害されると被害が大きくなるので注意が必要です。

この形状だと葉を広げることができず、ブロッコリーにとっては窮屈かもしれません。

ネットのおかげで葉は無傷です。
植え付けから2ヶ月で高さ50cm程度まで生長。

茎の先端、頂花蕾(ちょうからい)が大きくなってきました。
茎ブロッコリーの頂花蕾
茎ブロッコリーはわき芽(側花蕾・そくからい)を長く伸ばして収穫するタイプなので頂花蕾は早めに収穫します。

もうすこし寒くなってきたら防虫ネットをはずして伸び伸び育てたいと思います。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

春待ち野菜の準備 イチゴ植え付けとエンドウ種まき

2014年11月3日

プランターにイチゴ植え付け
春待ち野菜の準備を行ないました。

まずはイチゴ苗をプランターに植え付け。
植え付けから半年以上の栽培期間が必要で、その割に収穫期間は1ヶ月足らず、株数が少ないとまとまった数の収穫ができない・・・というイチゴ栽培ですが、収穫期間に漂うあまーい香りと大きくて甘い実が収穫できた時の満足感はたまりません。
宝交早生プランター定植
今年も品種は宝交早生(ほうこうわせ)。最近流行りの品種と比べて実は大きくはありませんが病気が少なく育てやすいです。

ランナーで苗採りもしていましたが、いくつかの品種が混ざってどれか分からなくなってしまったので今年は購入苗を植えました。

植え付け時には例年通りネギ苗との混植です。
スナップエンドウ種まき
こちらも収穫は来春になるスナップエンドウ。
今年も2009年の古種(冷蔵庫保管)を種まきします。去年までは無事に発芽していましたが今年はどうか?
苗ポットに種まき
種の大きさの3倍程度の深さに穴をあけて種まき。
種まき後に不織布
保温と鳥よけのために不織布をかぶせておきます。

順調に発芽すれば12月中旬にプランターへ植え付け予定です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

学園菜(がくえんさい) 大阪府大・植物工場産のレタス

2014年11月8日

メイドインさかい
大阪市のすぐ南に位置する政令指定都市「堺市」。
堺市の特産品があつまるイベント「メイドインさかいフェア」に行ってきました。
(開催日:2014年11月8日~9日、会場:堺市産業振興センター)
堺といえば堺刃物、自転車、線香などの生産で有名です。包丁やグルメ関連の販売ブース、自転車試乗コーナー、本まぐろ解体ショー、お子様向けのワークショップ、ゆるキャラ登場など盛りだくさんのイベントでした。
レタス販売
堺の農産物も即売されていましたが、その中で少し雰囲気のちがうブースがありました。
学園菜
大阪府立大学産「学園菜(がくえんさい)」とあります。

堺市には大阪府立大学の中百舌鳥キャンパスがあるのですが、今年9月、日産5,000株の葉物野菜を生産することができる新しい植物工場が完成したとのこと。その工場で生産された野菜のブランド名が“学園菜”です。
植物工場のレタス
本日はフリルレタスとバタビアレタスの2種類が販売されていました。一袋150円です。

完全に管理された人工環境で水・光・養分をコントロールして栽培する植物工場産のレタスでもちろん無農薬。衛生的な環境で栽培されており開封しなければ2週間以上保存できるそうです。
学園菜の出荷
府大の植物工場で生産された野菜は主に堺市内に出荷されていて、府大内にあるサンドイッチショップ(SUBWAY)をはじめ市内の飲食店で提供されています。つい最近からは食品スーパーでの取り扱いもスタートしたとのこと。
植物工場レタス学園菜
購入してみました。
今日は我が家の畑の野菜があるので後日いただくことにします。


植物工場は天候に左右されず安定供給でき、土地を選ばず、無農薬栽培ができるなどのメリットがありますが、生産コストがかかり栽培品目が限られるなどの課題があってなかなか普及していないようです。

最近では家電量販店で家庭向けの野菜水耕栽培装置が販売される時代ですが・・・家庭菜園もこれから変わっていくのでしょうか?

植物工場レタス(学園菜)
(11月16日 追記)
学園菜・バタビアレタス、実食。
洗わずそのまま、手でちぎりながらいただきました。


美味しい!
施設内・人工光で栽培された野菜・・・意外に味がしっかりしていて、瑞々しく、何もつけなくてもおいしく頂けました。洗わなくてよいのも便利です。



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

玉ねぎ植え付け(2014年)

2014年11月16日

玉ねぎ苗(O.K黄)
玉ねぎ苗の植え付けをしました。
昨年より1週間遅れです。

毎年、購入苗を利用しています。今年は中生品種、6月初旬収穫の「O.K黄」(タキイ種苗)です。
玉ねぎ苗カット
昨年と同様、葉を切って植え付けします。

保温・乾燥防止・雑草防止のために透水マルチたまねぎ職人を使用。
玉ねぎ苗植え付け
玉ねぎ苗植え付け。
使い古しの菜箸(さいばし)を地面に2cmほど挿し込んでグイッと手前に傾け、玉ねぎ苗を入れて土をかぶせます。

葉を切ってあるので作業しやすいです。
玉ねぎ透水マルチ
植え付け完了。

次回の作業は1月中旬の追肥まで特にありません。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ミニ白菜、天王寺蕪、ホウレンソウを収穫

2014年11月23日

ミニ白菜と防虫ネット
9月に種まきした野菜の収穫が11月中旬からはじまりました。

害虫対策のために赤色の防虫ネットを掛けているミニ白菜(タイニーシュシュ)。初期に葉をかじられたので穴が開いていますが無事に生長しました。
ミニ白菜収穫(タイニーシュシュシュ)
手のひらサイズのミニ白菜を収穫。

株間を狭くしていたので全体的に小さめです。先週から収穫しはじめています。
畑のカブとホウレンソウ
カブとホウレンソウもいい感じです。
こちらも防虫ネットを掛けています。
天王寺蕪(カブ)の収穫
天王寺蕪(てんのうじかぶら)を収穫。

カブは大根とはまた異なる食感・味わいで、好きな野菜のひとつです。実も葉もまるごと楽しめます。
畑のホウレンソウ
ホウレンソウも肉厚でおいしそう。
本日の収穫
本日の収穫。

秋冬野菜は鍋で楽しむことが多いです。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

断根して植え付けたプランター栽培のキャベツの葉が巻いてきました。

2014年11月30日

プランター栽培のキャベツ
定植から約2ヶ月経ったプランター栽培のキャベツ。

キャベツ栽培は久しぶりです。
プランターにキャベツ植え付け
植え付けは10月初旬。
購入苗を定植しました。

プランター栽培の前作はミニキュウリ。大地の達人を使用して古土を再生しています。
キャベツ苗の根切り
ポリポットから苗を取り出してハサミで「断根」。
月刊現代農業(2013年4月号)に載っていた方法で、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーなどは根を切ってから植えるとそこから新しい根が伸びて元気に育つとのこと。
プランターではあまり意味がないかもしれませんが、下の方の巻いている根を1cm程カットして植えてみました。
防虫ネットとプランターかさ上げ
ベランダ菜園では秋冬の陽が低くなるため日当たりが良くありません。ブロック等でプランターをかさ上げして日当たりを確保。

無農薬栽培には防虫ネットも欠かせません。
キャベツ
根切りをしたので少し心配でしたが特に影響なく生長しました。虫食いもゼロ。 葉が少し巻いてきています。

本日は2回目の追肥。プランターの周囲に溝を切って有機入りIB肥料を与えました。
収穫は3月以降の予定です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ