カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ジャガイモ「インカのめざめ」をプランターで超浅植え栽培 | 種イモ植えつけ


2015年、春ジャガイモのプランター栽培は「インカのめざめ」で超浅植え栽培。
プランターにジャガイモ植え付け
プランターでの超浅植えは昨年も実施してまずまずの成績だったので今年もチャレンジします。

半分にカットした種イモを切り口を上にして“逆さ植え”にします。
プランターは昨年より小さい緑のやさいプランター40型なので種芋は1個植えにします。
ジャガイモ逆さ植え


そしてその上に稲わらをマルチ。
培養土と黒マルチとの隙間を埋めるため、本当は籾殻(もみがら)が良かったのですが手に入らなかったので、昨年バケツ稲を育てた時の稲藁を代用しました。
わらマルチ

マルチをかけて周囲を洗濯バサミで留めて植え付け完了。
マルチをしているので水分の蒸発は少ないですが、水やりのタイミングが難しいです。
プランターに黒マルチ


2015年3月8日


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

サンドイッチの日が近いのでサバサンドをつくってみた


来る3月13日は「サンドイッチの日」だそうです。
2つの3(サン)に1(イチ)がはさまれているという語呂合わせから、とのことですが・・・いつ頃、誰が制定したのか?の情報は見つけられませんでした。なので本当にサンドイッチの日なのかどうかは分かりません。

さて、そんなサンドイッチデーに合わせて流行の「サバサンド」を作ってみました。
サバサンド
サバサンドはトルコ・イスタンブールの名物B級グルメで、フランスパンに焼きサバ(またはフライ)、レタスや玉ねぎなどをはさんだサンドイッチ。

本場ではソフトバケット(柔らかめのフランスパン)を使うみたいですが、今回は店長お気に入りのテレビ番組「ヨルタモリ」(フジテレビ系 日曜23:15~23:45)で以前紹介されていたタモリさん流のレシピを参考につくります。


まず、サバサンドに使用する葉物野菜のタネをまきます。プランターでも畑でも構いません。家庭菜園ならではの楽しみ方です。

・・・というのは冗談で、材料を揃えます。

【材料】
  • 塩サバ(放映では鯖の一夜干しでした)
  • 食パン
  • 葉物野菜(レタスなど)
  • マヨネーズと醤油

サバはヒレや小骨を取り除いて焼きます。脂が多い魚なので出来るだけカリッとさせた方がよいです。(素揚げにしてもOK)
食パンはトースターでカリッと焼きます。


最近のコンビニは何でも売っていて、骨なしの塩サバの切り身なんかもあります。温めてもそのままでもOK。ちなみにノルウェー産です。


プランターから摘んできた新鮮ベビーリーフをパンに載せ、醤油マヨネーズをオン。葉物野菜はキャベツでもレタスでもなんでも良いと思います。


さらに焼きサバをのせて、パンで挟んで完成!

鯖とパン、意外な組み合わせだと思いましたが相性が良いです。フィッシュバーガーに近い感覚ですね。美味しいです。
夕食でサバが残ったら翌朝はサバサンドで、というのもありですね。

サンドイッチなので他にいろいろな食材をはさむのもOK。お好みでレモン汁をかけたり、トマトやスライスオニオン、ピクルスなんかも合うと思います。



マヨネーズに イケアの刻みピクルス を混ぜるだけで即席タルタルソース風に。

素揚げしたサバに合わせると、よりフィッシュバーガーっぽくなります。

2015年3月10日

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

白菜や蕪の菜の花(アブラナ科の蕾)を収穫していただきました。


アブラナ科の野菜がトウ立ちしてきました。春の訪れを感じます。

畑のミニ白菜。収穫しそびれて花芽がついてしまいました。
トウ立ちしたミニ白菜

ハクサイの蕾。
アブラナ科野菜の中で、白菜の菜の花が一番おいしいと言われています。
ハクサイの蕾(つぼみ)
因みに“菜の花”とは決まった品種を指すものではなくアブラナ科の花の総称です。

こちらは蕪(カブ)。もうすぐ花が咲きそうです。
蕪の蕾(つぼみ)

プランター栽培のタアサイにも蕾が。
タアサイのつぼみ

これらの蕾を菜の花として収穫しました。
収穫した菜の花

素材の味を楽しむため、おひたしでいただきます。
菜の花は栄養価がとても高い野菜なのですが、茹ですぎるとビタミン類がお湯に溶けだしてしまうのでサッと湯通しする程度か、電子レンジで加熱すると良いです。
菜の花のおひたし
ハクサイの菜の花はやわらかくて甘みがあり、とてもおいしいです。市場にはなかなか流通しない食材なので、家庭菜園ならではの贅沢なたのしみです。
蕪の蕾は少しほろ苦さがありましたが、菜の花らしさを感じます。
タアサイは数が少なくてしっかり味わえませんでしたが葉と同じくクセなく食べやすいです。

菜の花は定番のおひたしやからし和えの他、炒め物でも良いですし、ほろ苦さが気になる場合は天ぷらにすると食べやすく風味もよいです。

2015年3月14日
天気:雨後晴れ/気温:10℃/7℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

イチゴとタマネギ、2回目の追肥 | 2015年春


プランター栽培のイチゴに追肥を行ないました。
プランター栽培のイチゴ
章姫(あきひめ)と宝交早生(ほうこうわせ)です。
プランターの縁に沿って粒状肥料を置き軽く土と混ぜます。
宝交早生の方にはイチゴと相性がよいといわれるネギを混植しています。

章姫の花。果梗(かこう・果実の柄)が長いのが特徴です。
イチゴの花(章姫)
イチゴは開花から40~45日程で収穫ですが、まだ少し気温が低いのでもう少しかかるかもしれません。例年、宝交早生だと4月下旬から5月上旬の収穫開始です。

こちらは別のプランターで育てている品種不明のイチゴ。実は付いているのですが葉の様子がちょっとおかしいです。ウイルス病かも?
イチゴの病気か?

畑の玉ねぎも先週に2回目の追肥を行ないました。
たまねぎ2回目の追肥
この一週間は雨が多かったので、透水マルチの上にバラまきした粒状肥料が雨にうたれて粉状になっています。

2015年3月15日
天気:曇り時々雨/気温:12℃/5℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

スナップエンドウの花とカブの花


スナップエンドウの白い花が咲きはじめました。
スナップエンドウの花

莢ごと食べられるスナップエンドウは家族からのリクエストもあり毎年栽培する野菜です。写真以外にもう一鉢、3つのプランターに植えています。
プランター栽培の花
エンドウマメの支柱にはリング支柱(ミニトマトとトマトの支柱)を利用したり、園芸用支柱を挿して麻紐などを支柱の間に渡すように結んだりしています。

畑の天王寺蕪の花。
蕪の花

蜂が蜜と花粉を集めに寄ってきました。春ですね。
カブの花とミツバチ

2015年3月21日
大阪の天気:晴れ/気温:19℃/8℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

インカのめざめ発芽 | ジャガイモ超浅植え栽培2015(プランター)


3月8日、プランターに逆さ植えしたジャガイモ「インカのめざめ」。
今週水曜日の朝の様子です。植え付けから約2週間経過し、マルチが下から押し上げられるように盛り上がっています。
プランター栽培のじゃがいも

マルチをめくってみると・・・発芽していました。
土とマルチとの隙間を埋めるため、もみ殻の代わりに稲わらを切ったものを使用しましたが今のところ問題なさそうです。
インカのめざめ発芽
たくさん芽が出ています。

小さめの芽を選んで摘み取りました。
イモが動かないように押さえながら芽を引き抜きます。
じゃがいも芽かき
ついでにプランターの縁に沿って緩効性のIB肥料を与えました。


マルチに小さな穴をあけて芽を出しておきます。
じゃがいもマルチ栽培
2本立ちか3本立ちか、迷いましたが3本残しました。

大阪でも気温が上がってきましたが、遅霜には注意が必要です。
2015年3月28日
大阪の天気:晴れ/気温:21℃/9℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

畑のキタアカリも一部発芽 | ジャガイモ超浅植え栽培2015


畑のジャガイモ超浅植え栽培もマルチが盛り上がってきました。
逆さ植えしてから約3週間です。
ジャガイモ超浅植え栽培

マルチを破ってみると発芽しています。
キタアカリ発芽

マルチに小さな穴をあけるつもりが大きめに破れてしまったので土を少しかぶせておきました。
マルチから芽を出す

今年は畑のジャガイモはキタアカリのみを4カ所に植え付け。
発芽したのは2カ所。
じゃがいもマルチ栽培
マルチの上から触った感じでは種イモは腐ってなさそう。
未発芽の部分は近隣の建物の日陰になり日当たりが良くないので、地温の差が影響しているのではないかと思います。

毎回、植え付け場所によって発芽のタイミングが異なります。
ジャガイモの超浅植え栽培日記(過去の栽培の様子)


2015年3月28日
大阪の天気:晴れ/気温:21℃/9℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ジャガイモ超浅植え栽培の植え付け | 2015年春


春の家庭菜園シーズンがスタート!
ジャガイモの植え付け時期になりました。

植え付け前日に種イモをカット。
種イモカット

今年もやります、ジャガイモの超浅植え栽培。
半分にカットした種イモ(キタアカリ)を土に埋め込みます。昨年より1週間遅れの植え付けです。
ジャガイモ逆さ植え
この場所は昨年11月まで千両ナスを栽培したあと、土壌改良して休ませたところです。
場所の都合上、ここでの栽培になりますが、ナスもジャガイモもナス科野菜。ナス科の連作は連作障害が発生するといわれているので、本当は2~3年はナス科野菜の栽培は避けた方が良いです。

ジャガイモ置き肥
種芋の間隔は約30cm。中間に牛ふん堆肥と根菜用の粒状肥料を置き肥します。

ジャガイモ超浅植え栽培
マルチをかぶせます。
昨日、しっかり雨が降ったのでちょうど良かったです。

じゃがいもマルチ
今年のジャガイモ品種はキタアカリのみ、4カ所に植えました。目印にすこしずらして小石を置いておきました。
2週間くらいで発芽してマルチを下から押し上げてくるので、マルチを破って芽をだしてやります。
2015年3月8日
天気:曇り時々晴れ/気温:13℃/7℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ページトップへ