カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

秋ナスにチャノホコリダニの被害が発生


8月初旬に更新剪定したナス
1ヶ月経って再び葉が茂ってきました。
畑の秋ナス

秋ナス収穫!と言いたいところですが、「チャノホコリダニ」と思われる被害が発生していました。
チャノホコリダニの被害
このところ雨が多くて畑の様子を見に行っていなかったのですが、その前から被害が広がっていたようです。
チャノホコリダニ
体長約0.2mm。非常に小さく肉眼で確認することが困難なため、発生初期に気付くことが難しい害虫。幼虫・成虫ともに新芽・蕾・幼果を吸汁し、新芽の芯止まり、新葉の奇形、傷果などが生じる。

ルーペで被害葉を観察してみましたが、確かに「たぶんコレかな?」というくらいにしか見えませんでした。

チャノホコリダニ(ナスの被害果)


写真はありませんが、被害が出ている茎葉をカットしたので、再び更新剪定したような感じになってしまっています。果たして秋ナスは収穫できるのか?

防除のため、ナスのチャノホコリダニに適用のある「アーリーセーフ」を散布しました。

2015-09-06
大阪の天気:雨/気温:29℃/21℃


外部サイト(amazon)へリンク
 【アーリーセーフ】
 天然物(ヤシ油)由来の有効成分で、有機農産物栽培(有機JAS)にも使用できる殺虫殺菌剤です。
 ハーブや野菜類のアブラムシ、ハダニ、うどんこ病の同時防除に効果的です。
 臭いも少なく、収穫前日まで使用できるので、家庭菜園での使用に便利です。

【商品詳細】
薬剤登録:農林水産省登録第21767号
有効成分:脂肪酸グリセリド
(成分:脂肪酸グリセリド=90%、界面活性剤等=10%)
容量:100ml入
販売元:住友化学園芸(株)


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

秋ジャガ ニシユタカ植え付け | プランターで超浅植えジャガイモ栽培2015


深さ15cm足らずの浅型プランターで秋じゃがいも栽培をスタートします。
秋じゃがいもニシユタカ
今年は例年よりも1週間遅れの植え付けです。
品種は秋ジャガイモ向けのニシユタカ。春ジャガイモはうまくいったので(→プランター栽培のジャガイモ収穫 | 超浅植えじゃがいも栽培2015)秋じゃがも期待です。

小さな種イモを切らずに丸ごと埋め込みます。深くは植えず、土はかぶる程度です。
プランターで超浅植えジャガイモ
イモが付く場所が増えるように芽の付いている方を下にして植えました。今回は土を多めにして、春に試してみたワラはなしで栽培します。

水やりしてからマルチフィルムをピンと張ります。
地温が上がりすぎないようにシルバーマルチにしました。
じゃがいもマルチ
芽が出てマルチを下から押し上げるようになったら、マルチを破いて芽を出します。

秋ジャガの植え付け時期はまだ気温が高く雨も多いため種イモが腐りやすいので、予備の苗を作っておきます。
じゃがいも苗づくり



2015-09-13
大阪の天気:曇り時々晴れ/気温:27℃/20℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

カブの種まき | 天王寺蕪と「もものすけ」


涼しくなってきました。
蕪(カブ)の種まき時期です。

いつもの天王寺蕪と、“手で皮がむける幻のサラダカブ「もものすけ」”を育てます。(両方とも当店の取扱いはありません。m(_ _)mスミマセン)
天王寺蕪ともものすけ

種袋に写真と共に“ぺろーんと皮がむけるよ!”とあります。
外皮に切れ込みを入れると、手できれいに皮がむけるそうです。これは試してみたい!
サラダカブもものすけ

透明マルチに切り込みを入れて蕪のタネを筋まきに。
直後から防虫ネット(サンサンネットeレッド)で害虫対策。 透明マルチと防虫ネット



2015-09-13
大阪の天気:曇り時々晴れ/気温:27℃/20℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

スイートコーンの遅まき栽培


8月上旬に種まきしたトウモロコシ(ハニーバンタム)が大きく育ってきました。
スイートコーンの遅まき栽培
全部で8株。場所によって大きさにバラつきがあるのは日当たりの影響だと思います。

一緒に種まきしたエダマメは結局発芽せず、混植はあきらめました。


雄穂(おすほ・ゆうずい)が出始めたので追肥を実施。
8株の生長がバラバラなので雄穂と雌穂の開花・受粉のタイミングが合うか心配です。

スイートコーンは肥料食いなので生育前半の追肥は欠かせません。また水分要求量も多く、実が肥大する時期には水分管理も重要になります。



2015-09-21
大阪の天気:晴れ/気温:28℃/18℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

小玉スイカは二度死ぬ | Watermelon only live twice


5月にプランター植えした小玉スイカです。
一時は栽培終了かと思いましたが復活。ところが今度はアブラムシが発生し、水で洗い流すなどして対応していましたが、3個目の収穫を待たずに枯れてしまいました。
プランター栽培の小玉スイカ
1個目は小ぶりながら収穫。→小玉スイカの収穫

2個目は熟す前に割れてしまいました。→スイカの皮のかき揚げ

さて、3個目は?
収穫予定より2週間ほど前で直径7cmくらいのサイズ。皮に張りがなく、通常のスイカではありえない弾力があります。こりゃダメだな・・・。
小玉スイカ

カットしてみました。
未熟スイカのカット面
10月初旬の収穫予定だったのでまだ熟していません。
水分はたっぷりですが、甘みはほとんどありません。今年の小玉スイカ栽培はうまくできませんでした。


2015-09-22
大阪の天気:晴れ/気温:30℃/19℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

2015年国際土壌年記念 巡回展「土ってなんだろう?」


今年、2015年は国連が定めた「国際土壌年」です。
ご存知でしたか?

国連は一年を通して特定のテーマを決め、社会の関心を高め取り組みを促すために「国際年」を制定しており、2015年のテーマを『土壌』にしました。

これを記念して巡回展『土ってなんだろう?』が2015年5月30日より日本各地を巡回しています。
9月19日から10月18日までは大阪市立自然史博物館での開催です。

土ってなんだろう?巡回展パンフレットには以下のようにあります。
地味だけどスゴイ!
土のヒミツをときあかそう!

スプーン一杯の土の中に、どれだけの生き物がいるでしょうか? そこには微生物(目には見えない、とても小さな生き物)が数億から数十億。他にもさまざまな生き物がたくさんいます。そんな土はいったいどのようにできるのでしょうか?

「土」は家庭菜園・野菜づくりと密接にかかわるものなのでとても興味がわいてきます。

と言うことで、行ってきました大阪市立自然史博物館。
大阪市立自然史博物館

館内に入るとナウマンゾウがお出迎え。実物大だそうです。
ナウマンゾウ

常設展示には恐竜の化石(実際に触ることができるものも一部あります)やナガスクジラの骨格標本など、迫力満点の展示物が多数あります。
恐竜の化石

さて、「土ってなんだろう?」巡回展は2階イベントスペースにて開催。
土ってなんだろう巡回展

主な展示内容
  • 土の中のいきものたち・・・トビムシ、クマムシ、ヤスデ、ミミズや目には見えない微生物たちを写真・標本・映像で紹介。
  • 土ができるまで・・・土ができてくる様子や粘土の正体を、モノリス(土壌の実物標本)や模型で説明。
  • さまざまな土・・・日本の様々な土をモノリスで紹介。
  • ふかふかの土とかたい土・・・土の特徴を実物の団粒構造見本などを使って解説。
  • 土と世界のつながり・・・私たちの生活や、身の回りの自然(水や大気)と土との深いつながりを紹介。
展示内容

土のできかたについて、パネルや現物で紹介。硬い岩石も土の材料となります。水や太陽の熱、植物の根や微生物などの働き、様々な要因で長い年月をかけて土になります。


見どころのひとつ、『土壌モノリス』
土壌モノリス
土壌モノリスとは?
地面に穴を掘り、現れた垂直の断面を土壌断面といい、その姿をそのまま取り出した標本を土壌モノリス(土壌断面標本)といいます。( 土壌モノリス館パンフレットより)
接着剤をたっぷり塗った布を土壌の断面に押し当てて、乾燥してから引き剥がして標本にしたものです。


土が1cmできるのに100年以上かかるといわれています。
関東ローム層の標本を見ると、上から数十センチの間に 現在の表層/平安時代にできた層/縄文時代の表層 ができています。
関東ローム層
植物がよく育つ「黒くてふかふかの土」。
土の黒みは有機物の色で、有機物の中には窒素やリンといった栄養が多く含まれています。
ふかふかなのは土に隙間があり空気を多く含むため。いわゆる「 団粒構造」を持っている土が植物栽培に適していると言われています。

土の色はさまざまで、土に含まれる鉄や有機物、水の状態などの条件で変わります。
暗赤色土
世界でも類がないという、厚さ0.1ミリの土壌薄片モノリスも展示されていました。
土壌薄片

地味だけどスゴイ!
とパンフレットにもあるように、確かに地味です。展示スペースも一部屋だけなので規模も小さいですが、野菜づくりだけでなく、地球環境や生命の循環にも大きくかかわる土壌について知り、あらためて考える良い機会になりました。
地面の下をのぞいてみよう


【イベントデータ】
2015年国際土壌年記念 巡回展『土ってなんだろう?』
主催:埼玉県立川の博物館
共催:日本ペドロジー学会、一般社団法人日本土壌肥料学会、ミュージアムパーク茨城県自然博物館

<2015年9月以降の開催予定>
・大阪市立自然史博物館(大阪市東住吉区)9月19日(土)~10月18日(日)
・兵庫県立人と自然の博物館(兵庫県三田市)10月31日(土)~ 11月29日(日)
・「エコプロダクツ展」(東京ビッグサイト東ホール)12月10日(木)~12月12 日(土)


2015-09-27
大阪の天気:曇り時々晴れ/気温:20℃/20℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ページトップへ