カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

冬なのでブロッコリースプラウトを加温して育ててみました。


冬でも室内で栽培を楽しめる野菜のひとつ、スプラウト。
スプラウトファーム

冬でも楽しめる、と言いつつ、気温が上がらないので野菜栽培に適した時期ではありません。
そこで、園芸用の保温マットを使用して、保温あり・保温なしでのブロッコリースプラウトの栽培比較をしてみることにしました。
保温マットでスプラウト栽培

使用したのは 園芸用補助保温マット ヒーターマット。(現在は販売終了しているようです。)
園芸用保温マット
表面温度が約20℃~23℃になるタイプの園芸用保温マットです。

黒いケント紙で角底袋をつくって暗所にします。袋をかぶせることによる保温効果も期待できます。
ケント紙で暗所づくり

種まきから3日目。
保温の有無による差が出ています。保温ありの方が発芽が早いです。
スプラウト発芽

栽培期間中の室内温度は8℃~15℃くらいの間。

保温なしの方も発芽はしました。保温ありよりも3日遅れくらいの感じです。
スプラウト栽培1週間

保温ありの方の水温を測ってみると19℃~24℃くらいの間です。
スプラウト栽培12日目
1日に2回、水を交換しますが、その際は室温と同程度の冷たい水なので、一気に10℃程下がることになり植物にとってはかなりのストレスになっているかもしれません。

保温ヒーターは様々なタイプが販売されています。
爬虫類飼育用のヒーター
写真上は爬虫類や小動物等の飼育用加温ヒーター「ピタリ適温プラス」です。
園芸用ではありませんが、ペット用などで他にも手頃な価格の商品がいろいろあるので、夏野菜の発芽などにも活用できそうです。


保温ありのスプラウトが先に大きくなったので窓辺で1日~2日ほど光にあてて葉を緑化します。
スプラウトを日に当てて緑化
今回はこのサイズになるまで2週間かかってしまいました。
スプラウト=新芽野菜は、発芽から収穫までの期間が短いほど栄養価が高いので、もう少し早く収穫できるように工夫が必要です。

でも、
サイズにこだわらなければ発芽して生長する訳だし、加温なしでもいいかも。



収穫したブロッコリースプラウトをサラダのトッッピングに。
ブロッコリースプラウトとローストビーフ
因みにローストビーフも自家製です。


2016-02-07
大阪の天気:晴れ時々曇り/気温:8℃/1℃



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

フェヌグリークのスプラウトを育ててカレーのトッピングにしました。


カレーの香りがするスプラウト「フェヌグリーク」。
スプラウトで食べる場合は最短2日で収穫できるので手軽です。

私のスプラウト栽培セットの水切りアミ付きジャーで栽培スタート!。

フェヌグリークはマメ科の一年草。
種はカレー粉の主原料のひとつとして利用されています。スパイス、スプラウトの他、大きく育てて生葉や乾燥葉を利用することも。

ヨーロッパでは古くから胃腸障害の薬草として用いられており、現代でも強壮、健胃、血糖値を下げる効果などがあると言われています。


約20mlのタネ(有機種子)を栽培用ジャーに入れました。

吸水して膨らむので、量は思ったよりも少なめでよいです。

種をかるく水洗いしたあと、一晩水に浸します。


2日目からは水を切って発芽を待ちます。

1日2回、朝晩に水洗い。水をしっかり切ります。水切りアミ付きの栽培ジャーは、種に触らずに作業できるのでとても便利です。


約43時間後。すでに発芽しています。


3日目の朝。栽培開始から約58時間後。
芽が2~3cmの長さに伸びたら収穫です。


フェヌグリーク・スプラウトの出来上がり!
特に加温しなくても普通に生長しました。


カレーライスにトッピングしてみました。
(右側は花が咲いた茎ブロッコリーを揚げたもの)

フェヌグリークはほのかな苦みがあるのですが、カレーと一緒に食べるとまったく気にならず、ポリポリとした食感がアクセントになります。


2016-02-14
大阪の天気:曇り/気温:19℃/11℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

たまねぎシュウマイ(皮なし・肉なし)をつくってみた


冬場は家庭菜園ネタが少ないので、今日は野菜を使った料理ネタを。

何年か前にテレビ番組で紹介されていた“玉ねぎと片栗粉だけで作る肉なしシュウマイ”。栃木県・足利市民に愛されるご当地焼売とのこと。
ネット上に様々なレシピが公開されていますが(「たまねぎシュウマイ」で検索)、今回は皮も使わない玉ねぎだけのバージョンを作ってみました。

【材料】
  • たまねぎ:1個
  • 片栗粉:大さじ3
  • 塩:小さじ1/2
  • コショウ:適宜
  • ごま油:小さじ1/2
調味料はお好みで加減します。

まず、たまねぎをみじん切りにします。
たまねぎみじん切り
できるだけ細かく刻んだ方がよいです。

玉ねぎの辛みを抜く場合は水にさらさず空気に15分ほどさらします。
たまねぎを空気にさらす
たまねぎの辛みの元、アリシン(硫化アリル)は抗酸化作用があり血栓や動脈硬化の予防が期待されている成分です。
水溶性なので水にさらすと成分が水に溶け出してしまいます。また熱にも弱いのですが、細胞が壊れてから時間が経つと熱に強い成分に変質するので、玉ねぎを切ってから15分ほどおいてから調理すると、加熱してもアリシンが壊れにくくなるそうです。
(タマネギに含まれるアリシンを最も効果的に摂取するには生食がベスト)


他の材料をすべて入れてよく混ぜます。
たまねぎシュウマイの作り方

ひとくちサイズを目安にラップで包みます。
たまねぎ餡をラップで包む

レンジで加熱。550Wで5~6分程。
たまねぎシュウマイをレンジにかける
加熱時間は分量により調節が必要です。

完成。
たまねぎが透き通って見えるようによく火を通した方がよいです。
完成した皮なしたまねぎシュウマイ
少し火の通りがあまかったので、この写真を撮ったあとさらに2分ほど加熱しました。

中濃ソースで食べるのが足利市流とのこと。

片栗粉でつないでいるのでモチモチとした食感があります。
個人的にはもう少しアレンジを加えたほうがもっと美味しく食べられると思います。
「タマネギしかないッ」「片栗粉はあるッ」というときに試してみたらいいかも。

今回は古めの玉ねぎでつくりましたが、素材の味に左右されると思うので春の新たまねぎで試したいです。


畑のたまねぎ。そろそろ2回目の追肥時期です。
畑のたまねぎ


2016-02-28
大阪の天気:晴れ/気温:15℃/5℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ