カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

スイスチャードの収穫 | プランター栽培2016


9月中旬に種まきしたプランター栽培のスイスチャード
プランター栽培のスイスチャード

大きく育った葉を摘み取って収穫しました。
収穫したスイスチャード
スイスチャードは葉を欠き採っても次々と若葉が出て一年中収穫できることから「不断草(ふだんそう)」とも呼ばれます。
野菜価格が高騰している今、助かります。

茎の色がとてもカラフル。
カラフルなスイスチャード

スイスチャードはほうれん草と同じヒユ科野菜なので調理法もほぼ同じでOKです。今日は豚肉・キノコとの炒め物で。
スイスチャードと豚肉の炒め物
火を通しすぎるとせっかくのカラフルな色が悪くなってしまいます。
色を楽しむなら若葉採りでサラダの彩りにした方が良いかも。


2016-11-03
大阪の天気:晴れ時々くもり/気温:17℃/10℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

西洋ねぎリーキの土寄せ(増し土)と追肥


4月初旬に種まきしたプランター栽培の西洋ねぎリーキ
栽培期間がとても長いです。
プランター栽培のリーキ
・種まき→4月9日
・植え替え→7月31日

現在の直径は約1.5cm。
収穫目安は2cm~2.5cmなのでまだまだです。
リーキの直径

3回目の土寄せ(増し土)と追肥を行ないました。
リーキの土寄せ
収穫予定月は今月なのですが、茎が太るまでもう少しかかるかもしれません。

【収穫】
2017年2月 → プランター栽培のリーキを収穫


2016-11-05
大阪の天気:晴れ/気温:19℃/8℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

クレソン(ウオータークレス)の間引き


10月初旬に種まきしたクレソン
プランター栽培のクレソン
種まき後、底面給水プランターを使用していることもあり、水管理以外は放置していました。間引きのタイミングを完全に逃しています。

ざっくり間引きしました。
クレソンの間引き
今回、間引き菜はラーメンの具材として使用。

寒くなってきたのでもっと大きく育ててクレソン鍋にして食べるのが楽しみです。




2016-11-06
大阪の天気:晴れ/気温:18℃/11℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

夏すべりひゆ VS 冬すべりひゆ


何か変わった作物を育ててみたいな、と思い
スベリヒユ2種類の種まきをしました。
夏すべりひゆと冬すべりひゆ

夏すべりひゆ(英名:サマー・パースレイン)の有機種子。
夏スベリヒユの種
フランス名ではプルピエ(pourpier)という名前で、園芸植物のポーチュラカ(ハナスベリヒユ)の仲間です。

中性脂肪を減らす効果があるとされるオメガ3脂肪酸を豊富に含む植物として注目されています。


冬すべりひゆ(英名:ウィンター・パースレイン)の有機種子。
冬スベリヒユの種
和名はツキヌキヌマハコベというハコベの仲間です。
こちらもオメガ3脂肪酸、アルファリノレン酸、その他ミネラル類が豊富に含まれています。


播種時期からは外れていますが両方とも種まきしてみました。
スベリヒユの種まき

約1週間で両方とも発芽。

発芽した夏すべりひゆ。丸い葉です。
夏スベリヒユの発芽

こちらは冬すべりひゆ。細長い葉の形をしています。
冬スベリヒユの発芽

両方とも収穫目安は種まきから30日~40日程度ですが、寒くなってきたのでもう少しかかると思います。


2016-11-12
大阪の天気:晴れ/気温:20℃/9℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

あっ、そういえば秋採りトウモロコシを植えてたんだった。


最近は畑での栽培をほとんどお休みしているので
存在をすっかり忘れていた秋採りトウモロコシ。
畑の秋トウモロコシ

8月28日に4株植え付けしてから、本葉が5~6枚の頃に追肥をしたきり雑草も取らず放置してました。
秋とうもろこしの生長
強風で倒れたり、アブラムシが付いたり・・・
今年は全然大きく育ちませんでした。トウモロコシは肥料食いなので追肥が不足していたと思います。



皮をめくって出来を見てみると・・・実入りは全くダメですが食べ頃のようです。
とうもろこしの収穫タイミング

秋トウモロコシ収穫!
収穫した秋トウモロコシ
10cmサイズが1本。
食べやすい間隔に実が入っているものが1本(笑)。

あとはまったく受粉せず実が入りませんでした。4株では自然受粉は難しいですね。


貴重な秋採りトウモロコシ。
味はとても甘くて美味しかったです。
採れたて秋とうもろこし

ちなみに昨年の収穫はコチラ
秋採りトウモロコシが何者かに襲撃されたので慌てて収穫しました

昨年の方がまだマシな出来栄えでした。


2016-11-13
大阪の天気:くもり/気温:21℃/10℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ピーマンと赤ピーマン収穫 | プランター栽培2016


5月に植え付けたプランター栽培のピーマンがまだ頑張っています。
プランター栽培のピーマン
当日記には登場頻度が少ないのですが、ピーマンは丈夫で長く収穫できるので毎年育てています。

長期間にわたって数多く収穫するには、樹に負担をかけないように若採りするのが基本なのですが、生育終盤は真っ赤に完熟させた赤ピーマンを楽しんでいます。
ピーマンと赤ピーマン

ピーマン収穫!
完熟赤ピーマンは甘みがあって美味しいですね。
ピーマン収穫
もうそろそろ栽培終了です。


豚肉、きのこ、玉ねぎと一緒に炒め物に。
あざやかな赤色が映える赤ピーマンが食欲をそそります。
ピーマン炒め物



2016-11-20
大阪の天気:晴れ後雨/気温:21℃/14℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

たまねぎ植え付け(2016年)


今年は天候不順の影響で全国的に玉ねぎ苗が不足したようです。
(未見ですがTVニュースでも報道されたとのこと。)

例年、玉ねぎの植え付けは11月の後半にしているのですが、いつも購入する種苗店に連絡すると「今年の分は売り切れ」とのこと。

自宅から少し遠めのホームセンターに行ってみると、3束だけ残っていたので何とか買うことができました。品種は「ネオアース」(中晩生)です。
玉ねぎ苗
理想の苗は鉛筆くらいの太さ5mmから7mmなのですが、3mm~4mm程度の細い苗が多かったです。

今年は葉切りをせずそのまま挿して定植しました。
たまねぎ植え付け
マルチは例年通り透水マルチたまねぎ名人です。

玉ねぎ苗を植え付け後、植物のパワーを引き出す活力液リキダスの1,000倍希釈液を散布しました。
植え付け時にリキダス散布
「リキダス」は肥料ではなく植物の生育に必要な養分の吸収を高める成分を配合した“活力液”です。
不足しがちな必須微量ミネラルをバランス良く供給し、根張りを良くするなど植物を元気にする効果があります。


2016-11-20
大阪の天気:晴れのち雨/気温:20℃/14℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

収穫したクレソンを豚しゃぶ風にして食べました | プランター栽培2016


プランター栽培のクレソンです。
大きく育ってきました。
プランター栽培のクレソン

間引きも兼ねてざくっと収穫
クレソン収穫

かなりスッキリしました。
ウォータークレス

収穫したクレソン。
収穫したクレソン
クレソンと聞くと肉料理の付け合せに少しだけ添えられている野菜というイメージですが、実は栄養豊富で生活習慣病の予防に有効なスーパーフードとして近年話題です。

2014年にアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の機関紙で発表された「栄養素の高い果物と野菜トップ41」リストにおいて、クレソンが堂々の第1位を獲得したことであらためて注目をあつめています。
(参考サイト:米研究者が選ぶ「栄養価の高い野菜ベスト10」!|ガジェット通信


クレソンの食べ方としてはサラダが定番ですが、今回は茹でた豚肉と一緒にいただきます。
「クレソン鍋」にするつもりでしたが、単独で鍋の具材にするにはクレソンの量が少なかったので豚しゃぶ風にしました。
クレソンと豚しゃぶ
クレソンもサッと湯がいて温かいままポン酢かゴマだれで。
どちらのタレにも良く合います。

葉物野菜の量が足らない分は春菊で補いました。
どちらも豚肉との相性はバッチリです。


※クレソンの栄養をまるごと摂取するには生食がベストです。
茹でると熱に弱いビタミンCが流出するので茹ですぎないようにしましょう。



2016-11-27
大阪の天気:雨/気温:13℃/11℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ