カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

プランター栽培にオススメの有機質入りIB化成肥料と参考書籍「プランター菜園コツのコツ」


家庭菜園をはじめたころ、何をどうしたら良いのかまったく分からなかったので 参考書籍をいくつか購入して勉強していました。

その中の一冊が「かんたん!プランター菜園コツのコツ」(上岡誉富 著:農文協)

かんたんプランター菜園コツのコツ

ベランダ菜園・プランター栽培に特化したオススメの本です。
家庭菜園で育ててみたい野菜がほぼ網羅されていて、育て方もわかりやすくコンパクトにまとめられています。
携帯にも便利なA5サイズで初版は2005年。
2014年には大判サイズ(ABサイズ)も出版され、本書の人気の高さがうかがえます。(現在は大判のみ出版されているようです。文字も図も大きくなって読みやすくなりました。)


ポイントは2つ。
  • 緩効性肥料のIB化成肥料を使用
  • 条溝施肥・・・プランターの縁に沿って施肥
本書にて“おすすめの緩効性肥料は「IB有機化成」”とありました。

IB肥料はゆっくり穏やかに効く肥料です。
これをプランターの縁に沿って=根からできるだけ離して施肥することで、容積の少ないプランター栽培での肥料焼けを防ぐことができます。
しかも定期的に(だいたい20日おき位)に追肥するという簡単管理。 これは試すしかありません。

で、IB肥料を使ってみようと園芸店やホームセンターを探しましたが・・・

本書には“有機質入り”IB肥料とあるのですが、当時(2009年頃)私の住むエリアのお店では売ってなかったんです。
有機入りではないIB肥料でも良いのですが、有機入りの方がなんとなく良さそうな感じがします。
農協などでは生産者向けの大袋はありましたが、それでは家庭菜園初心者には多すぎます。 インターネットで検索すると見つかりましたが、それでも家庭向けの小袋となると取り扱っているショップはほとんどありませんでした。


これは仕入れるしかない・・・
ということで当店での取扱いがはじまりました。


有機質入りIB肥料 オールイン野菜用1
かんたんプランター菜園コツのコツ

自分が使いたくて取扱いをはじめたのですが、使ってみるとこれがとても簡単で便利。 プランター栽培での失敗が少なくなりました。

野菜づくりにおいて施肥のタイミングって難しいのですが、まずは「プランター栽培コツのコツ」に書いてある通り実践してみるといい感じに育ってくれます。

家庭菜園をはじめた当初は「無農薬・無化学肥料」で頑張るゾ!と思っていましたが、収穫した野菜の出来がイマイチでは趣味として続きません。

野菜の栽培は天候や病害虫などの影響も受けやすいですが、施肥の量とタイミングも出来栄えを左右します。今ではいろいろな肥料・資材の知識も増えてきたのでアレンジを加えていますが、まずは育てて収穫する楽しさを実感するためにもIB肥料を使用してこの書籍通りに栽培してみる、というのがオススメです。


「かんたん!大判 プランター菜園コツのコツ 上岡流 写真図解でわかる逸品づくり」をアマゾンで購入(外部サイトへリンク)

家庭菜園の雑誌・定期刊行物

定期的に発行されている家庭菜園関連の情報雑誌・情報誌のご紹介です。

・やさい畑(家の光協会)・・・奇数月3日頃発売
・野菜だより(学研パブリッシング)・・・偶数月3日発売

・趣味の園芸「やさいの時間」(NHK出版)・・・毎月21日発売
・月刊現代農業(農文協)・・・毎月5日発売

・こども農業雑誌「のらのら」(農文協)・・・季刊(2、5、8、11月の5日) →2017年夏号をもって休刊となりました。

プランター栽培・ベランダ菜園のオススメ書籍

プランター栽培・ベランダ菜園をはじめたいけど、何か難しそう・・・

いえいえ、そんなことはありません。
店長が参考にしているプランター栽培の参考書籍をご紹介します。


家庭菜園・露地栽培のおすすめ書籍

畑や市民農園など、露地栽培向けの家庭菜園参考書籍です。

ページトップへ