カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ゴーヤー(ニガウリ)の花

2010-07-04

ゴーヤの実 「緑のカーテン」として育てているゴーヤの実が付きはじめました。

ゴーヤー(ニガウリ)は肥料をよく吸収する野菜なので、肥料切れに注意します。
今日はIB化成肥料を追肥しました。

【ゴーヤーの花】
ゴーヤーには雄花(写真:左)と雌花(写真:右)の2種類が咲きます。
花の付け根にはじめから幼果が付いている方が雌花です。
ゴーヤ雄花ゴーヤ雌花

昨年ゴーヤーを育てた時、花が毎日落ちてしまい心配していたのですが、
ゴーヤーの雄花の寿命は一日限りだそうです。(雌花はすぐには落ちません)
確実に実を成らせるには人口受粉(雄花の花粉を雌花の柱頭をこすりつける)
をしたほうが良いそうですが、店長は自然任せです。
ハチなどの昆虫が黄色い花に誘われて、受粉をしてくれています。

ゴーヤーの収穫

2010-07-11

ゴーヤー収穫 ゴーヤーの収穫がはじまりました。

プランター栽培なので、実をあまり大きく育てると樹に負担が掛かるため早めに収穫します。
若いうちに収穫した方が、数が多く採れるそうです。

ナス収穫
ナスの収穫もはじまりました。

とれたてのナスは、とろ~っとして美味しいです。
シンプルに焼きナスでいただきました。

トウモロコシの摘果

2010-07-25
ヤングコーンとうもろこしの摘果をしました。
通称ヤングコーン(ベビーコーン)と言われるトウモロコシの赤ちゃんです。

トウモロコシは一株に2~3個の実が付きますが、全部付けておくと、ひとつひとつの実が小さくなるので、一番上の実(雌穂)だけ残して他はかき取ります。

バターで炒めて、醤油を少したらしていただきました。
さっと茹でて、塩をふって食べるのもイケます♪

とうもろこしのひげ【とうもろこしのマメ知識】

とうもろこしのヒゲは雌しべです。
食べる粒のひとつひとつから出ていて、ヒゲの本数=粒の数になっています。
ここに雄しべからの花粉が付いて受粉し、とうもろこしの実になります。
品種にもよりますが、とうもろこし1本に約600粒の実が付くそうです。

また、とうもろこしのヒゲは昔から漢方薬の生薬としても使われ、利尿作用やむくみを改善する作用があるとのこと。店長、知らなかったので、今まで皮と一緒に捨てていました・・・。
これについては、あらためて調べてみたいと思います。

とうもろこし収穫のタイミング

2010-08-01

収穫のタイミングを見極めるのが難しいトウモロコシ。
ベストのタイミングは2~3日しかないと言われます。

とうもろこしの収穫タイミング
「収穫はヒゲが茶色くなってから」と園芸関係の本に書いてありますが、その茶色の色目もいろいろあって悩みます。
黒褐色になってから、と書いてある本もあるので、写真の状態はまだちょっと早いかも?


試し剥き
皮を試し剥きして、実の色を確かめるのもひとつの方法です。
黄色く熟していれば採りどきです。

おっ、美味しそう・・・


先端までビッシリ!・・・とはいきませんでしたが、まずまずの実入りでした。
(ちょっと小ぶり・・・肥料が少なかったか??)
「キャンベラ90」という、90日前後で収穫する品種です。
種まきの日から計算すると、まだ8日ほど早いのですが、我慢できずに収穫してしまいました。

あと2~3本残してあるので、ヒゲの色の様子を見ながら収穫して、違いを確かめようと思います。


(8月8日追記)

残りのトウモロコシを収穫しました。
ヒゲの色はあまり変化がありませんでしたが・・・

皮を剥いてみると、実がへこんだ感じになって硬くなってました(泣)

実が小さい・細いものを残していたのですが、そもそも受粉がうまくいかなかったようです。


収穫のタイミングは、
ヒゲの色が変わり始めたら、皮をめくって実の状態を確かめる、
というのが良さそうです。

枝豆の収穫 ~摘心で収量アップ!~

2010-08-08

6月に摘心を行なった枝豆(エダマメ)を収穫しました。
(摘心については6月12日をご参照下さい)

・種まき→ 5月22日
・摘心(てきしん)→ 6月12日

エダマメの摘心さて、収量アップのために行なった摘心の効果は?

左: 無処理(摘心なし)  右:摘心あり

見た感じからして、摘心した方が枝が多く、たくさんの実が付いています。

エダマメの摘心 指をさしている所が摘心した箇所です。
下からたくさんのわき芽が出てきています。



エダマメ収穫

出来栄えは別として・・・
莢(さや)が付いた数を数えると、

左:摘心なし=24個
右:摘心あり=57個

摘心した方が2倍以上の数になりました!

実が小さいものもありましたが、採れたてをすぐに茹でて頂く枝豆は最高です!


ここで唐突ですが宣伝です(^^♪
枝豆のガラ入れに!「紙製水切りゴミ袋」が便利です。

紙製なので分別不要でそのまま燃えるゴミに出せます。
耐水紙なので水にも強いです。
(廃棄の際はお住まいの自治体の分別基準に従って処理してください)


お求めは・・・当店の姉妹サイト
キッチン用品・清掃用品・家庭用品の専門ショップ『暮らしづくり応援』でどうぞ!


2010-08-08 21:54

黄色い完熟ゴーヤー

2010-08-15

緑のカーテン通常、 若い緑色の実を食用にするゴーヤー(ニガウリ)。
熟すと黄色くなります。

黄色いゴーヤー さわるとブヨブヨしていて、そのままにしておくと実がはじけて種が落ちます。

実がはじける一歩手前で収穫しました。
中には真っ赤な種が入っています。
(はじめて見たときは鮮やかな色にビックリしました)

種のまわりのゼリー質がほんのり甘く(スイカのような、柿のような甘みです)、ちょっとしたデザートに・・・ なるかな???

個人的にはそれ程おいしく思いませんでしたが、苦味が特徴のゴーヤーが甘くなるのというのは、なんとも不思議な感じでした。

きんちゃくなす(いなりなす)

2010-08-31

本日、8月31日は「野菜の日」。 「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合わせですね。
1983年、食品流通構造改善促進機構など九つの団体が制定した記念日です。

いなりなすさて、
食いしん坊の店長は、おいしい野菜や、地元ならではの野菜を探すため産地直売所に寄ることが多いのですが、今日は和歌山・紀南にて地元の「きんちゃくなす」(丸茄子の一種)を見つけました。

和歌山県田辺市稲成地区のオリジナル品種で、地元では「いなりなす」と呼ばれ、70年位前から金山寺みその具として栽培が続けられているとのこと。
「いなりなす」は皮がやわらかく、アクもないのでどんな調理法でも美味しく頂けます。

ご当地にしかない野菜や、スーパーなどでは流通していない野菜に出会えるのも産地直売所の魅力です。



「いなりなす」を見つけた直売所は「JA紀南ファーマーズマーケット 紀菜柑(きさいかん)」さんです。

オクラにアブラムシ発生!

2010-09-05

プランター栽培のオクラを観察していると、アリが数匹、昇り降りしていました。
これはアブラムシの発生か?
思った通り、先端にアブラムシ(緑色の小さな粒)がたくさん居ました。

アリとアブラムシ アリを見たらアブラムシを疑え!と言われます。

アリはアブラムシが出す分泌物(甘い液)が大好物で、それを貰う代わりにテントウムシなどの外敵から守る、という共生関係にあります。
アブラムシの吸汁により植物が弱ってくると、アリがアブラムシを新たな(元気な)植物まで運ぶこともあるそうです。

アリとアブラムシ 農薬を使わないアブラムシ対策として、「牛乳」をスプレーする方法があります。
アブラムシに牛乳がかかると乾燥する時に縮む力で窒息死する、という仕組みです。
但し、付着した牛乳のタンパク質の腐敗臭が収穫後も残ることがあるので、散布する部分と時期に注意が必要です。

他に、ガムテープでくっつけて捕る、軍手でしごき取るなど地道な方法もありますが、店長は、流水で洗い流してしまいます。
但し効果は長続きしないので、頻繁に行なわなければなりませんが・・・。
大発生する前なら手軽にできる方法です。


参考書籍: 家庭菜園の病気と害虫 (農文協)/有機・無農薬の野菜作り(ブティック社)

サツマイモの袋栽培(9/12)

2010-09-12


9月に入ってからも日中は相変わらず暑い日が続いています。

袋栽培のサツマイモです。
暑さのせいか元気がありません。


旺盛に伸びるツルを誘引するため、小学校の教材で
使われるアサガオ用の支柱を使ってみました。

こうすることで葉への受光量を増やして、イモの成長を促がします。

少し掘ってみると・・・
一応イモが出来ているようです。

でも小さそう・・・?ちょと不安です。


袋栽培サツマイモ関連の過去記事
5月30日(植え付け)
6月20日

ニラの花

2010-09-23

本日の大阪は早朝から激しい雨とカミナリがありました。
日中も小雨が降ったり止んだりで、少し肌寒い感じでした。

【ニラの花】
畑の隅に植えているニラの花が咲きました。

ニラは一度植えれば数年収穫できます。
きわめて丈夫なので病害虫の心配がなく、無農薬栽培できる野菜です。

株が弱るので、本来は花が咲く前、若い蕾の内に刈り取って“花ニラ”として食べるのですが・・・見過ごしていました。

開花させると株が疲れて葉の伸びが悪くなるので、長く収穫したい方は、早めの摘み取りをお忘れなく!



 最近購入した「もっとからだにおいしい 野菜の便利帳」という本の「ニラ」の項で
“風邪をひいたら・・・きざんだニラとしょう油を器に入れ、熱湯を注いで熱いうちに飲み干し、すぐ寝ると風邪のひき始めに効く”とありました。

季節の変わり目で体調をくずしやすくなります。
もし、調子がわるいな・・・と感じたら試してみようと思います。


「もっとからだにおいしい 野菜の便利帳」 (監修: 白鳥早奈英、板木利隆 発行:高橋書店)
様々な野菜・果物の栄養・効能、旬や選び方・保存法、調理法などがカラー写真と共に分かりやすく書いてあります。
相性のよい食材の組み合わせ方を“野菜の「食べ合わせ」”として紹介。
(栽培方法は載っていません)

ページトップへ