カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

明けましておめでとうございます

2011-01-05

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は当店をご愛顧賜り、誠にありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。


今年は兎年。
思わず飛び跳ねて喜ぶような、楽しい・うれしい商品をお届けできるよう、
スタッフ一同頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

店長宅での家庭菜園も頑張ります!
今年は珍しい品種や育てたことのない野菜にチャレンジしたいと思います。

干し芋づくり(サツマイモ)

2011-01-10

干し芋づくり 干し芋づくりに初挑戦してみました。

【1日目】
干しイモ1日目


「干し芋(ほしいも)」とは、さつまいもを蒸して乾燥させた保存食品。

干し芋専用の品種があるそうですが、今回は店長宅で収穫したサツマイモ(紅あずま)を使ってみました。

【3日目】
干しいも3日目


【干し芋の作り方】
ネットで検索すると色々と作り方が出てきますが、基本的には以下のような感じです。

1.さつまいもを柔らかめに蒸す。
2.皮をむいて7~10mmくらいの厚さに切る。
3.ザル等に置いて天日で2~3日干す。

※湿気や夜露にあたるとカビやすいので、晴天が続きそうな日を選び、夜は室内に取り込むと良いようです。


実は、普通に蒸して食べてもあまり甘くなかったイモでしたが、こうして加工することで美味しく頂けるようになりました。

反省点としては、蒸し方があまかったので中までしっかり火が通っておらず(白っぽい部分)、その部分はしっとりせず固くてパサパサした感じになってしまいました。

次回はじっくり蒸したいと思います。

※保存はジッパー付き袋などに入れて冷蔵庫で。

2011-01-10 21:46

コールラビ

2011-01-16

コールラビ
プランターで育てたコールラビです。

【コールラビ】 アブラナ科アブラナ属
カブキャベツ、球茎キャベツ、カブカンランなどとも呼ばれるキャベツの一種。
根菜のような部分は茎の一部が肥大化したもの。
本当はもうすこし大きくなるまで待ちたいところですが、このところの寒さのせいか大きくなりません。
コールラビ収穫
直径6cm程ですが収穫してみました。

(収穫適サイズは直径7~8cm)
コールラビの断面
断面です。

<食べ方>
厚い皮をむいて、いろいろな料理に使えます。
生でも煮ても炒めてもOK。薄くスライスしてサラダに。乱切りにして煮込み料理に。

ほのかな甘さがあり、生で食べても美味しいです。
鍋物に入れるとカブのような感じでした。

〔参考資料:もっとからだにおいしい野菜の便利帳 (発行=高橋書店)〕

プランター栽培の芽キャベツ

2011-01-23

プランターメキャベツ プランター栽培の芽キャベツです。

10月に苗を植え付けしたのですが、なかなか大きくなりません。
この時期にこの大きさでは収穫は望めないかもしれません・・・。

芽キャベツの本来の植え付け時期は8月中~下旬なので
かなり遅い植え付けでしたが、やっとわき芽が出てきました。

(わき芽に光が当たるように、葉を摘みました)
芽キャベツ冬場のベランダは日光があたる時間が限られます。
日照量を稼ぐために、段ボールにアルミホイルを張ったものを取り付けてみました。

これで少しでも生育の助けになれば良いのですが・・・

プランター春菊 3回目の収穫

2011-02-06

シュンギク
プランター栽培の春菊です。
前回(12月12日)から約2ヶ月。寒い時期なので成長がゆっくりです。

茎がかなり太くなりました。

葉はサッと湯がいて、茎はよく火を通すと美味しく頂けます。
コールラビ
コールラビが寒さの影響で赤紫色になりました。

これはアブラナ科の野菜がもともと含んでいる「アントシアン」という色素によるもので、気温が下がってくると現れる生理現象です。
寒さに耐えるために体内に糖類を蓄積すると同時に、アントシアンを表面に出します。(品種によって表れ方に差があります)

今回は煮込みラーメンの具として頂きました。

ほうれん草 発芽(トンネル栽培)

2011-02-12


昨日の雪にはビックリしました。
雪国にお住まいの方には笑われてしまいそうですが、滅多に雪が積もることのない平野部の大阪市近郊では、5cmの積雪で大騒ぎです。
阪神高速道路も全線通行止めでした。
トンネル栽培のホウレンソウ
1月末に種まきしたほうれん草がやっと発芽しました。
ほうれん草の発芽適温は15~20度なので、冬季は保温資材が必要です。
トンネル被覆をしましたが、発芽まで2週間かかってしまいました。
寒さの影響もありますが、少し深く種まきしてしまったせいかもしれません。

種まき後、もみ殻くん炭をマルチしました。
炭には様々な効果があると言われています。今回は保水と保温(炭の黒色で少しでも太陽光を吸収する)の効果を狙ってみました。

もみ殻くん炭(籾殻燻炭)・・・籾殻(もみがら)を低温で焼いたもの。
木炭や竹炭と同様、孔隙が多く、保水性・通気性の確保に役立ち、微生物の棲みかとなって、土の微生物相を豊かにする。  〔現代農業用語集より/農文協〕

キャベツのヒヨドリ対策

2011-02-18

ヒヨドリ対策ネット 兵庫県・明石の「防鳥ネット6m幅×100m巻(ヒヨドリ対策ネット)」ユーザー様を訪問しました。

この明石地域ではキャベツのヒヨドリ被害が非常に多く、特に野鳥のエサが少ない1~3月に被害が集中します。
当商品は、
「ネットが絡まないので従来の防雀網タイプよりも扱いやすい」
「6m幅なので何畝も一度に掛けられ、しかも軽い」
「キャベツに直接掛けられる(べたがけ)できるので作業時間がとても少なく済む」
とご好評を頂きました。

作業のポイントとしては、べたがけにする場合はキャベツが成長する分を見越して、ネットに余裕を持たせて張ることです。

トンネル支柱で浮き掛け べたがけできる当ネットですが、対策の基本としてはトンネル支柱などを使った浮き掛けをおススメします。
上記畑から数百m離れた別の畑では、ネットの上から外葉をついばまれていました。
(現場は、近くに大きな樹や堆肥舎など止まり木になる場所があり、ヒヨドリが集まりやすい場所でした)

ネットで囲う以外の対策ポイントとしては、作物以外のエサ(生ゴミ、家畜飼料、放任果樹、お供え等)を近くに置かないことです。常にエサがたくさんある場所では、野鳥が群れやすくなります。

収穫後の残り物も野鳥たちの格好のエサになり、ヒヨドリを寄せてしまうので早めに片付けましょう。

ロマネスコ種のカリフラワー

2011-02-27

連山2号
10月初旬にプランターに植え付けたカリフラワー。
「連山二号」という品種名で、黄緑色のゴツゴツとした姿が特徴的です。

タネ袋の説明書きによると、
・花蕾は見事で芸術品のようです。食味は、こくのある風味と自然な甘味が口に広がります。
・緑黄色野菜であり、健康食として利用いただけます。
・・・とあります。
ロマネスコ

現在、直径約11cm。
もう少し大きくなるまで待ちたいと思います。

【ロマネスコ】
アブラナ科アブラナ属。カリフラワーの一種でイタリアの伝統品種。
花蕾が幾何学的な配置となっているのが特徴的。

ロマネスコ収穫

2011-03-06

連山2号
ロマネスコ種のカリフラワー(連山二号)が直径約15cmになりました。

見ると、締まっていた蕾の下の方に若干隙間が出来ています。
花が咲きかけてるのかも?

ロマネスコ収穫
ブロッコリーやカリフラワーは花の蕾を食べる野菜。
花が咲き始めると味と食感が落ちるので収穫しました。

茹でて食べる
茹でて食べました。
味はブロッコリー、食感はカリフラワー、といった感じです。
何も味付けしなくても甘みがあります。

採りたて・茹でたてを、マヨネーズとポン酢で美味しくいただきました。


プランターにじゃがいも植え付け
じゃがいもの植え付けも行ないました。
プランター、袋栽培、露地植え、と3パターンです。
詳細はまた後日に。

プランター春菊 4回目の収穫

2011-03-20

春菊の収穫

プランターの春菊、4回目の収穫です。
プランターの防虫ネット
冬の間もずっと風除けのためプランターすっぽり防虫セットをかぶせておきました。
場所は日当たりの良い軒下です。
コカブと菊菜
前回の収穫は2月6日。約1ヶ月半ぶりです。
(白いのは別のプランターで育てている小カブです)

昨年9月中旬の種まきから約半年楽しみましたが、茎が太く、硬くなってきたのでそろそろ他の野菜に植え替えようと思います。

スイスチャード(フダンソウ)の収穫

2011-03-27

スイスチャード
スイスチャードを収穫しました。

和名では不断草(ふだんそう)、ふだん菜とも呼ばれます。
葉を摘み取っても次々と若葉が出て、年中収穫できることからこの名が付いたとのこと。
ホウレン草と同じアカザ科の野菜です。
スイスチャードの収穫
草丈が20cm以上になったら収穫時期ですが、茎が硬そうに見えたので早めに収穫しました。

西洋種であるスイスチャードは、葉軸の色が赤・黄・白・ピンク・オレンジなどとてもカラフルです。
スーパーの店頭で、「カラーほうれんそう」というネーミングで販売されているのを見かけたことがあります。
オリーブオイルでサッと炒めてみました。
ベーコンがなかったのでソーセージで代用。
油で炒めると、より色鮮やかになります。

思ったよりもアクが少なく、シャキシャキとした歯触りでした。
個人的な感想としては、味よりも見た目と食感を楽しむ野菜だと思います。

【スイスチャードの炒め物~適当レシピ】
・フライパンにオリーブオイル適量、刻みニンニク少々を入れて火を通し、香り付け。
・スライスしたソーセージを投入して焼き目を付ける。
・最後にざく切りにしたスイスチャードを入れ、サッと炒める。塩コショウで味を調えて出来上がり!

【スイスチャード】
アカザ科フダンソウ属。原産地は地中海沿岸。
種まきは、一般地では4月~11月中旬まで。収穫まで1~2ヶ月程かかります。

ほうれん草と同じように、和え物、おひたし、サラダなど幅広く利用できます。
但し、茹でたり酢漬けにしたりすると色が抜けてしまうので、調理時間はほどほどにした方が良いそうです。

ページトップへ