カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

七草粥(ななくさがゆ)

2012年1月7日

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、本日は正月七日。
この日の朝に「七草粥(ななくさがゆ)」を食べると、その一年、病気にならないといわれます。

七草粥の風習は中国伝来のもので、平安時代には宮廷の儀式として食べるようになり、江戸時代には幕府が「七草の節句」を定め、公式行事として正月7日に“七草粥”を食べ、一般庶民にも普及していったそうです。

また、七草がゆが定着した背景には、信仰的な側面ばかりでなく、正月のご馳走で疲れた胃腸を休めるといった実利的な効用もあったとのこと。

七草粥に入れる“春の七草”は
セリ、ナズナ(ペンペングサ)、ゴギョウ(母子草・ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(田平子・タビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)
・・・の七種が一般的です。

店長宅でも無病息災を願って、七草粥ならぬ自家製“五草粥”をつくりました。
家庭菜園でおなじみのスズナ(カブ)とスズシロ(大根)以外は入手困難なので(食品スーパーではセットで売られていましたが)、現在プランターで育てている野菜の中から調達しました。

【収穫した野菜】(写真→)
・大根(ちょっと短い・・・)
・カブ(白長二十日大根)
・かつお菜
・タアサイの間引き菜
・葉ネギ

これらを刻んでお粥の中に入れ、塩で味付けしてオリジナル五草粥の出来上がり!
大根とカブは、根と葉の味・食感が異なるので、別々の野菜と考えれば七草と言えなくもないです(笑)。

大根とカブの白い実の部分には、消化酵素のジアスターゼが含まれているので、胃もたれや胸焼けの解消などに効果があります。
(熱に弱い酵素なので、生のものをすりおろしたものが効果的)

ともかく、採れたての野菜、自然の恵み、美味しく食べることができる健康な身体など、日頃忘れがちな事に感謝しつつ、今年も頑張ろう!と思った次第です。


【参考書籍】
「日本人のしきたり」青春出版社/「もっとからだにおいしい野菜の便利帳」高橋書店

ほうれん草のトンネル栽培(2012年)

2012年1月8日


冬でも葉物野菜づくり!
トンネル栽培のほうれん草が発芽しました。

今朝のNHK「趣味の園芸 やさいの時間」では、ニンジンのトンネル栽培について放映されていましたね。
菜園作業のポイントを映像で見ることができ、とても分かりやすいテレビ番組です。


種まきは12月18日。
シードテープで種まきしました。

保水・保温のため、燻炭(くんたん)をマルチ。

様々な効果があるとされる炭。
店長は葉菜類の種まき後にくん炭マルチをおまじないのよう使用していますが、今まで発芽に悪影響はありません。

はじめは穴あきトンネルフィルムのみをトンネル掛けしていましたが、日当たりが悪いせいもあり、温度が上がらなかったようでなかなか発芽せず・・・。

1月3日に不織布をべた掛け&穴あきフィルムの上から被せました。
(この時点ではまだ発芽はみとめられず。)

本来、不織布よりも透明フィルムで太陽光を取り入れた方が温度が上がります。
保温力の点では農業用ビニールシートが最も効果的なのですが、手持ちがなかったので不織布を上から掛けることにしました。


で、今日見てみると発芽していました♪

冬のほうれん草は甘みがあり、とても美味しいので楽しみです。

韓国のキムチづくり名人から学ぶ【キムチキッチン】

2012年1月14日

本場韓国のキムチづくり講座が鳴尾浜臨海公園で開催されました。
絶品の出来たてのキムチを味わうことが出来る講座とあって、昨年好評を博し、今年も大人気!

講師は韓国大邱(テグ)にて焼肉・サムゲタン専門店を経営する金末子(キム マエチャ)さんと、西宮在住、金吉順(キム キリスン)さん姉妹。
教えていただいた本場韓国、白菜キムチのレシピをご紹介します!

本場韓国キムチのレシピ 【材料】(白菜1個分)
大根・・・適量
ニンジン・・・小1/2本
白ネギ・・・1本
リンゴ(皮ごと)・・・1/2個
土ショウガ・・・1/4個

鰹だし汁・・・200cc
赤唐辛子・・・200g

ニンニク・・・1個
タマネギ・・・1/2個
エビ塩辛・・・少々(あれば)

イワシ塩辛・・・少々
砂糖・・・小さじ5杯
味の素(うまみ調味料)・・・少々
白ゴマ・・・少々

【作り方】
▼2日前
白菜を4等分して塩を振って漬ける。途中、1回上下を返しておく。

▼前日
(1)塩漬けした白菜を水洗いする。3回くらい水を替えて塩抜きし、水気をきっておく。
(2)鰹だしを分量の水でとり、冷めたら唐辛子を入れて練っておく。

▼当日
(3)大根、ニンジン、白ネギ、リンゴ、土しょうがは全て千切りにする。
(4)ニンニク、タマネギはミキサーにかけて、エビ塩辛を混ぜる。
(5)前日の(2)に上記の(3)(4)の材料・調味料と、残りの調味料(イワシ塩辛、砂糖、味の素、白ゴマ)を混ぜる。
(6)(5)のタレ(ヤンニョム)を白菜の一枚一枚に塗り込む。

出来立ての白菜キムチ!
白菜の甘み・旨味と、調味タレの甘辛さがよく合います。浅漬け感覚でとても美味しいです!
作った当日はそのフレッシュさを楽しみ、3~4日おいて味がなじんだ所を味わうのが韓国流だそうです。

◎韓国のキムチ用白菜
キムチ漬けに向いているのは水分が少なめで肉厚が薄く、葉が開き気味のタイプだそうです。日がよく当たった葉の方が風味が良いとのこと。
なので、通常、日本の白菜では失敗といわれる“巻かずに開いてしまった状態”も、キムチ漬けにピッタリ!
ぜひお試しください。




韓国チヂミとキムチ鍋 チヂミとキムチ鍋の販売もありました。
屋外イベントでしたが、カリッと焼き立てチヂミと、酸味が絶妙なキムチ鍋で身体が温まりました。

【イベントデータ】
健康・食の潤い講座  韓国のキムチづくり名人から学ぶ「キムチキッチン」
◆日時:2012年1月14日(土)12:00~14:30
◆講師:金末子(キムマエチャ・韓国大邸〔テグ〕市で焼肉・サムゲタン専門店経営)、金吉順(キムキリスン)
◆場所:リゾ鳴尾浜グリーンプラザ前 鳴尾浜臨海公園

冬のプランター菜園(2012年)

2012年1月29日

最近のプランター菜園の様子です。
冬場はさみしくなりがちですが、今日は色々な種類を少しずつ収穫しました。
小カブのプランター栽培
小カブ

透明のゴミ袋をかぶせて保温して栽培しています。
混みあってきたので間引きします。
タアサイのプランター栽培
タアサイ

こちらもポリ袋で保温して栽培。
寒さに強い、中国野菜の一種。
クセもアクもなく、食べやすい野菜です。
ラディッシュのプランター栽培
ラディッシュ

ラディッシュといえば赤くて丸い品種を思い浮かべますが、店長はこの白長二十日大根タイプの方が食べやすくて好みです。
生食が一般的ですが、葉付きで丸ごと鍋に入れて食べてもおいしいです。
(保温栽培)
かつお菜のプランター栽培
かつお菜

軒下で保温なしで育てていますが、11月頃から大きくなった葉を欠きとって、何度も収穫しています。
煮るとおいしい野菜です。
大根のプランター栽培
大根(ダイコン)

本当は12月までに収穫するのが適期の品種なのですが、その頃はまだ小さかったのでそのままにしています。
保温なしで育てているので成長は遅いです。

う~ん・・・まだ小さいです。
寒さと日照不足のせいかもしれません。

本日の収穫!
大根は葉の方が大きくて立派でした・・・。

間引き菜中心ですが、それぞれの個性を楽しめました。

袋栽培の芽キャベツが大きくなってきた

2012年2月4日

芽キャベツ栽培
袋栽培で育てている芽キャベツです。
やっと大きくなってきました。

(→11月30日の芽キャベツの様子


芽キャベツは肥料食いです。
結球期は特に肥料切れしないようにしなければなりません。
そして乾燥も嫌うので冬でも水やりには注意が必要です。

追肥は容器栽培に適した有機質入りIB化成肥料オールインを使用。
10月初旬の植え付けから約20日おきに10g程、4回与えました。

最近は1000倍程度に薄めた液肥を週1回あげています。
芽キャベツ直径
直径2.5cmくらいからが収穫適期ですが、まだ2cm足らず。

ヒヨドリなどの野鳥に食害されないように、そろそろ防鳥ネットを掛けておいた方がいいかも?しれません。

トマトを練り込んだチョコレート菓子「ショコラ・ド・トマト」

2012年2月8日

明治ショコラ・ド・トマトもうすぐバレンタインデーですね。
“チョコレートは明治♪”の(株)明治さんからトマトを使ったチョコレート菓子が発売されました。
その名も
「ショコラ・ド・トマト」(2012年1月31日発売)

ホワイトチョコにフリーズドライのトマトを練り込み、甘酸っぱい味わいを出したとのこと。

野菜とチョコレートの組み合わせといえば、北海道・ロイズ社の「ポテトチップチョコレート」がすぐに思い浮かびます。(甘さと塩加減と食感が絶妙です)。
さて、このトマトチョコの味は?!

開封するとトマトの甘酸っぱい香りがします。
色はサーモンピンクっぽい感じ。
ひと口食べると・・・

ショコラドトマト
しっかりトマト味です。
甘すぎず、後口もトマトの酸味が続きます。
元々、酸味とチョコレートは好相性なので、組合せとしてはOKです。
個人的にはもう少しチョコレート感を出しても良かったのでは?と思いますが、製品化にあたってはその辺りのさじ加減が難しかったのではないでしょうか。苦労を感じます。

パッケージにある説明文に“トマトとチョコが出会ったら、今までにない新しい味わいになりました!ぜひ一度お試しください。”とあります。

この野心作、先入観抜きで体験してみてはいかがでしょうか?

野菜をおいしく食べるための新スタイル 「チョコベジ」

野菜にチョコレートを付けて食べる。
2011年8月から野菜の新しい食べ方として提案されています。

提案するのは日本野菜ソムリエ協会、(株)ぐるなび、デリカフーズ(株)、(株)明治。
野菜、チョコ、飲食店の専門家が推奨する新しいスタイルで、それぞれのホームページでレシピや効能などが紹介されています。
ご興味のある方は「チョコベジ」で検索を。

そういえば、チョコではないけれど、子供の頃にトマトに砂糖をつけて食べたなあ・・・。つめた~く冷やして、白砂糖つけて・・・ 思い出のおやつです。

鉢植えのコールラビ

2012年2月12日

コールラビ(グランドデューク)
小さな鉢で育てているコールラビです。
(品種:グランドデューク)

昨年のコールラビはあまり大きくなりませんでした。
コールラビの摘葉
育て方をあらためて調べてみると・・・

"生育中期には摘葉が欠かせません。
球の横から出た下葉を2~3cm残して切り、球の肥大を促がします。
その際、上部の葉5~6枚は必ず残しておきます。"

・・・とありましたので葉をカットしました。

種袋には書いていない情報だったので、昨年はまったく葉を切り取りませんでした。

さて、今回は丸々としたコールラビを収穫することができるでしょうか?

(鉢が小さすぎるのであまり期待はできませんが・・・)
(2012.02.13.追記)
「摘葉しなくても育ちますよ!」という経験談を頂きました。品種や育てる地域による差があるのかもしれません。
店長の場合、プランターが小さすぎることと、肥料が足りていないことが要因としては大きいと推測されます。

透水マルチの上から玉ねぎに追肥

2012年2月18日

タマネギ追肥
本日は大阪市内でも雪がちらつきました。
そんな寒さの中、玉ねぎに2回目の追肥作業。

「透水マルチたまねぎ職人」を使用しています。
不織布製のマルチなので水を通します。
追肥も上からばらまいておけばOK!降雨時に肥料分が雨水にとけて下に浸透していきます。

雨が少ない場合は水やりをした方が良いのかな?その辺りの加減がまだつかめていません。
プランター玉ねぎ追肥
プランター栽培のタマネギにも追肥。
株間に溝を切って・・・
タマネギ追肥
肥料を入れて土をかぶせました。

日当たりが悪いので表面にコケが生えてきてます・・・。

芽キャベツ収穫

2012年2月25日

芽キャベツ
袋栽培の芽キャベツ。
そろそろ収穫してもよい大きさになってきました。

芽キャベツは寒さに強く、保温なしで育てることができます。
芽キャベツ収穫
収穫は簡単。
使う分だけ手でもぎ取ります。

下の方の小さいものも合わせて20個ほど収穫。
芽キャベツレシピ
芽キャベツの食べ方としては、ポトフなどスープ物の具にするのが一般的です。

今回は素材そのものの味を楽しむため、電子レンジで数十秒加熱。
加熱すると濃い緑色になりました。熱々の芽キャベツに塩を振っておつまみに。

キャベツというよりブロッコリー、アスパラ、豆類に近い風味と甘みを感じました。素朴でおいしいです。

茎ブロッコリー(スティックセニョール)の収穫

2012年2月26日

茎ブロッコリー(スティックセニョール)
プランター栽培の茎ブロッコリーです。
品種はスティックセニョール(サカタのタネ)。
購入苗を10月中旬に植えました。

ブロッコリーは収穫後の鮮度が落ちやすい野菜なので、採れたてを味わえるのは家庭菜園ならではの贅沢です。
スティックセニョール収穫
15~20cmの長さが収穫の目安。
ちょっと短めですが、蕾が開きかけている感じなので収穫しました。

蕾はブロッコリー、茎はアスパラガスの風味が楽しめます。

大根の収穫とジャガイモ植え付けの準備(プランター菜園)

2012年3月4日

プランター栽培のダイコン収穫
プランター栽培の大根。
残りを収穫しました。

家族からは「おいしそうなカブだね!」と言われてしまう短さ・・・
プランターの古土再生
深型プランターが空いたので、次作はジャガイモを植えます。

植え付け準備のためにプランターの土の再生作業。
篩(ふるい)で古い根などを取り除きます。

ジャガイモはpH5~6.5の酸性寄りの土壌を好みます。
土壌酸度を測定するとpH約6.5。
今回は石灰などによる酸度調整は不用です。
もうちょっと酸性寄りの方が良いとは思いますが・・・。

この土は、昨年の春じゃがいも→再生後しばらく使わず→今回のダイコン、と使ってきました。
通常、ナス科の野菜(ジャガイモ、トマト、ナス、ピーマンなど)は同じ土を使うと連作障害が出やすいので2~3年はあけて、別の科の野菜を育てたほうが良いとされています。
プランターの古土再生材
が、今回は同じ土を使ってみます。
(うまくいかないかもしれないのでマネしないでください)


土壌改良材「大地の達人」を約200g投入。
上から10cm程の深さをよく混ぜます。



たっぷり水やりして数日待ちます。

「大地の達人」は土壌中の有用微生物を活性化させ、植物の栽培に適した土に再生する資材です。
たっぷり潅水した後は、1~3日は水に濡らさないようにします。
そうすることで好気性菌の活動が活発になり土壌改良効果が高まります。

ジャガイモの種イモを半分にカット。
切り口を2~3日乾かしてから植え付けです。

ラディッシュ(二十日大根)の天ぷら

2012年3月17日

ラディッシュ収穫
プランター栽培のラディッシュを収穫しました。

鮮やかな赤い色とかわいい丸い形の赤丸タイプ。
ラディッシュの食べ方としては、赤い根の部分を丸ごと、又はスライスして野菜サラダに入れる利用法が一般的です。

育てるのは楽しいのですが、実は少し辛みのある味があまり好きではありません・・・。
ラディッシュの天ぷら
そこで、「ラディッシュの天ぷら」にして食べました。
これがとても美味しい!!

この食べ方は、昨年の冬頃、日本農業新聞で紹介されていたのですが、その記事を見て以来ずっとやってみたいと思っていました。

【レシピ】ラディッシュの天ぷら
・ラディッシュは葉付きのまま利用します。採れたてを利用できるのは家庭菜園ならではです。
・洗ったラディッシュの水気をよく切ります。
・天ぷら衣(水で溶いた小麦粉または市販の天ぷら粉)をつけて180度の油で20秒ほど揚げます。
・そのまま、またはお好みで塩などを振っていただきます。


衣はカリッと、根は半生でホクッと、葉はしっとり・もっちりした食感が楽しめます。
彩りも鮮やかで、これはおススメです!

ページトップへ