カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

緑のカーテンを片付けました

2012年10月7日

グリーンカーテン
ゴーヤとパッションフルーツでつくった緑のカーテン。
まだ元気ですが、涼しくなってきたので片付けようと思います。
(肥料不足のせいか葉色が黄色いです。)

緑のカーテンを片付ける際は、まだ緑が残っている内の方がネットから外しやすいです。
枯れてしまうと、乾燥した葉が粉々になって、ベランダ栽培の場合は掃除が大変です。
黄色いゴーヤ
採り遅れたゴーヤ。
熟して黄色くなりました。

完熟すると、実が破れて中から真っ赤な種が現れます。
パッションフルーツ
ゴーヤのみ撤去。

パッションフルーツは多年草なので栽培継続します。
果実を楽しみにしていたのですが、なぜか花芽が付きませんでした。

ニンジンの間引きと追肥(プランター栽培)

2012年10月8日

にんじん間引き
プランター栽培のニンジン、そろそろ2回目の間引きです。
本葉4~5枚程度になったら株間を4~5cmになるようにします。
(キアゲハよけに防虫ネットをかぶせています)
にんじんの間引き菜
間引きしたニンジン。
このニンジン葉を天ぷらにして頂くのが楽しみのひとつです。
にんじん追肥
追肥と土寄せ。

プランターの縁に沿って、有機質入りのIB化成肥料を20gほど与え、株元に土を寄せておきました。

緑色のヘラは、子供が使わなくなった粘土用のヘラです。先端の形状違いで何本かありますが、プランター栽培での細かい土いじりに便利です。

プランターの大根(打木源助)

2012年10月14日


プランター栽培のダイコン栽培。
(品種は打木源助)

虫よけにかぶせている防虫ネットの中で、大根の葉がいっぱいになっています。
プランターすっぽり!防虫セットに付属の支柱では高さが足りなくなってきました。
(プランターはリサイクルプランター菜園550深型を使用)
プランター栽培のダ大根
ネットをはずしてみました。
大根の葉は折れやすいので、ネットの取りはずしには注意が必要です。
大根の防虫ネット
プランターの四隅に、園芸支柱(新ねぶし・長さ750mm)を挿して、その先に空のペットボトルを取り付けた後、防虫ネットをかぶせました。

「プランターすっぽり!防虫セット」のネット袋は大きめに作ってあるので、上部に余裕が出来ました。

ネットの高さがギリギリです・・・。
スソを洗濯バサミで留めておきました。

パッションフルーツの蕾と蜜腺(みつせん)

2012年10月14日

パッションフルーツの花芽
今年の収穫をあきらめていたパッションフルーツに、いつのまにか蕾(つぼみ)が付いていました。

先日までゴーヤと一緒のネットでグリーンカーテンとして育てていたので、葉の陰に隠れて気付かなかったようです。
6月の植え付けから一度も花芽が付かなかったので楽しみですが、これから寒くなるので収穫までもつかどうか心配です。

大きな蕾です。

蕾には1mm程度の大きさの「蜜腺(みつせん)」と呼ばれる部分があります。
パッションフルーツの蜜腺(みつせん)
蜜腺は葉の付け根にもあります。

この蜜線からは甘い蜜が出ます。
害虫から身を守るため、天敵の蟻(あり)を呼ぶためにあると言われています。
(原産地の南米の場合。日本国内にはそのような害虫は居ないようです)

透明な蜜がにじみ出ています。
(口に入れて良いのか分かりませんが・・・舐めてみると甘かったです。)

この蜜を求めて、アリや蜂などが集まってきます。
近くに蜂が巣を作ることもあるようなので注意が必要です。

(2012年10月20日 追記)
パッションフルーツ開花
翌朝(10月15日)、開花していました。

まだ完全に咲ききっていないように思います。
初めて育てるのでよく分からない事が多いです・・・。

パッションフルーツは和名を「クダモノトケイソウ(果物時計草)」といいます。時計のように見える特徴のある花を咲かせるトケイソウの仲間です。

横から見ても、まだ開ききっていない様な感じです。
1週間経っても同じような状態が続いています。

はたして受粉して実を付けるのか??
それとも寒さに負けてしまうのか???

(2012年10月27日 追記)

(10月24日)
朝、花が落ちていました・・・

前日の雨と強風の影響だと思います。残念!

プランター栽培の落花生(ラッカセイ)、収穫

2012年10月21日

プランター栽培の落花生(ラッカセイ)
5月に植え付けたプランター栽培の落花生(ラッカセイ)。
そろそろ収穫です。

植え付け~生長の様子
にんじん間引き
緑のやさいプランター50型に植えましたが、プランターからはみ出してしまったので、隣にプランターを増設して栽培面積を拡大。
落花生収穫
引き抜いて収穫!
ラッカセイ収穫

高さ18cmのプランターでもちゃんと出来てました。

一株から採れた量です。
プランターを増設するも、昨年の地植えのラッカセイのような収穫量にはなりませんでした。
昨年の落花生収穫の様子

今年も家庭菜園ならではの楽しみ方「茹で落花生」にして頂きました。

こどもピーマン収穫

2012年10月27日


「こどもピーマン」をたくさん収穫。

5月にベルポットに植え付けてから、まだ頑張っています。

こどもピーマンは、サイズは小さいですが肉厚で甘みが強くおいしいです。
にんじん間引き
まだ頑張ってくれそうです。

有機質入りIB化成オールインバットグアノを少々追肥しておきました。

「こどもピーマン」収穫時期の目安はコチラ
こどもピーマン「ピー太郎」の収穫(2012年7月19日)

イチゴ苗の植え付け(2012~2013年プランター栽培)

2012年10月28日


イチゴ苗の植え付け時期です。

今年もプランターで栽培します。
自分で苗をとったものと購入苗を植え付けました。
ランナーとクラウン
イチゴの苗。

イチゴはランナー跡の反対側に実がなるので、ランナーの向きに注意すれば実のなる方向を揃えることができます。
(と、教科書にはありますが、店長の経験上、ランナー側にも実ができることが多々あります)

ランナーについてはコチラ→イチゴのランナーから苗とり
イチゴとネギの混植
イチゴとネギは一緒に植え付けると好相性。

イチゴ苗を植えるときに、ネギをイチゴ苗に添えるようにして一緒に植え付けると、イチゴが良く育つと言われています。
ネギ特有の臭いがセンチュウ類の繁殖を抑制するなど、ネギには病害虫を防ぐ効果があるそうです。

イチゴと相性の良い作物・・・ネギ、ニンニク、レタス、ホウレンソウ、ボリジ、ナスタチウム、ペチュニア・・・など

(参考)コンパニオンプランツのススメ

クラウン部分が土に埋まってしまわないように浅めに植えます。

「クラウン」とは葉の付け根のふくらんだ部分で、生長点があります。
ストロベリーポット風に植え付け
プランターはハーベリーポット43型を使用。
3段まで積み上げることができ、陶器のストロベリーポット風に植え付けできます。

後日、一番下の段にボリジやペチュニアなどイチゴと相性の良い花やハーブなどを植える予定です。
ハローキティハッピーガーデン
ハローキティ スリークポット6号にも植えてみました。

小カブの間引きと追肥

2012年11月3日

シードテープ種まき
10月中旬にシードテープで種まきした小カブ。
小カブ発芽
発芽して本葉が2枚程度になりました。
種まき直後から掛けておいた防虫ネットのおかげで虫食いはありません。

タイミングとしては少し早いですが間引きをしました

土の表面が硬くなっていたので、株と株の間を軽く耕して、追肥として有機質入りのIB肥料を混ぜました。
小カブ土寄せ
株元に土を寄せて、ぐらつきを防止します。
小カブ間引き
寒くなって害虫の心配は少なくなってきましたが、防虫ネットはかけておきます。

間引き菜はお味噌汁の具に。

プランター栽培のダイコン

2012年11月4日

大根のプランター栽培
深型のプランターで栽培中のダイコン。(打木源助大根)

先日、防虫ネットの高さを上げましたが、再び窮屈になってきました。
深型プランター
こちらは別のプランターで育てているもの。

菜園上手 深50型は大根3本を作れるタイプです。
種まき直後からかんたん虫よけセットを取り付けていましたが、葉が大きく育ってネットの中でいっぱいになってしまいました。
プランター栽培の打木源助大根
葉にネットの型が付いてしまっています。

11月に入り、かなり涼しくなりました。
害虫の心配が少なくなってきたので、防虫ネットは外そうと思います。

根元が太くなってきています。

2回目の追肥と土寄せをしておきました。

ミニニンジン(ピッコロ)収穫

2012年11月10日

プランター栽培のミニニンジン
プランターで育てているミニニンジン「ピッコロ」。
8月中旬の種まきから約3か月。そろそろ収穫時期です。
ミニニンジン(ピッコロ)
「ピッコロ」の種袋の説明を見ると、
「生育日数70~90日で、根長10~12cm、太さ1.5~2cm程度になる」とあります。

測ってみると2cmほどになっています。
ニンジン収穫(ピッコロ)
試し採りしてみました。

ウインナーソーセージに似た形状の品種なのですが・・・先細り気味でした。

長さは8cm程と短いです。

使用したプランターはリサイクルプランターハンディ550長角
本当はもう少し深さのあるプランターで育てる方が良いのですが、種まき時に深めのものが空いておらず仕方なく使用。土の深さが正味10cm程では、いかにミニニンジンと言えど厳しかったようです。
プランター人参の収穫
1本では寂しいので何本か収穫。
(水洗いしてキレイにしました。)

生食に向く品種なので、そのまま食べてみると・・・甘みがあり軟らく食べやすかったです。

別のプランター(少し深め)で育てている分も残っているので、採り遅れないように順次収穫して楽しみたいと思います。

(2012.11.12追記)

今朝、残りの分も収穫しました。

深さがあるプランターの方が若干太く、長さも10cm程ありました。

家庭菜園でニンジンを収穫したら、新鮮な葉も楽しみましょう。
独特の風味があるので苦手な方もいらっしゃると思いますが、そんな時は“天ぷら”がオススメです。

乾燥させて薬味としてパセリのように利用する方法もあるようです。
ニンジンの葉は栄養価が高く、ビタミン類、ミネラルが豊富ですので、根も葉もまるごといただきましょう!

まち×むら楽座 ノリノリ(農林農林)四天王寺(農業関連イベント)

2012年11月13日

ノリノリ(農林農林)四天王寺 11月は全国各地で収穫祭などの食や農林水産物に関するイベントが開催されます。

ここ大阪でも様々な催し物がありますが、その中から店長が気になるイベントをご紹介!

~まち×むら楽座~
ノリノリ(農林農林)四天王寺


農業・林業等に従事する方々との交流の場をつくり、それぞれの生産者の想いやこだわりを知っていただきたい!そして、都市部にもっと土や木や緑のある暮らしをとり入れよう!という趣旨で開催されます。

関西各地の農林産物や加工品の産直市をはじめ、体験コーナー、野菜や果物を使ったフード・ドリンク販売、自転車発電による野外コンサート、トークショーなど盛だくさんの内容です。

中でも家庭菜園ファンやベランダ菜園をはじめてみたいと思っている方にピッタリのイベントがコチラ。

「青空ミニベランダ菜園教室」

ベランダ菜園の達人で人気ブロガー(1日のアクセス1万~2万件!)の宮田範子さんによる菜園教室があります!
宮田さんのブログ→ 大好き☆ベランダ菜園

教室では、ベランダで育てられるお野菜のご紹介、袋栽培や発泡スチロール箱栽培のやり方、肥料の説明、種まきの見本など、ベランダ菜園のコツを学ぶことができます。参加人数に限りがあるのでお申し込みはお早めに!

【開催概要】
開催日時:11月23・24日(祝・土) 10~16時(両日とも)
開催場所:四天王寺 西重門広場 (大阪市天王寺区)
主催:谷町う木う木実行委員会




宮田範子さんの著書紹介♪

こころとからだが元気になる ベランダ菜園セラピー (発行:保育社)

“ベランダ菜園は人生が変わるセラピーです!”(まえがきより)

単に育て方の紹介だけでなく、ベランダ菜園の楽しさ、ワクワク感に満ち溢れた菜園ハウツウ本です。店長も共感する所がたくさんありました。
ベランダ菜園をはじめるための準備やちょっとしたコツ、失敗例(失敗例の方が勉強になります)など盛だくさんです。
書籍後半は“志向別野菜の育て方”紹介。例えば「ズボラでもできる野菜を育てたい」、「たくさん収穫できる野菜を育てたい」、「人がアッと驚く野菜を育てたい」等々、カラー写真で解説されています。
むずかしく考えずに、育ててみたいと思う野菜を、まず小さな鉢ひとつからでもチャレンジしてみませんか?


11月中旬からの大阪府内で開催される主なイベントを簡単にご紹介します。
地場産の農林水産物の販売や品評会などが行われます。
日時イベント名場所主催その他
11月17日(土)大阪市農業フェア鶴見緑地ハナミズキホール(大阪市鶴見区緑地公園内)大阪市農業フェア開催委員会
11月17日(土)~18日(日)池田市農業祭池田駅前公園池田市農業祭実行委員会
11月17日(土)~18日(日)茨木市農業祭茨木市役所前中央公園茨木市農業祭実行委員会
11月18日(日)大阪ミュージアムええもん・うまいもん展in万博記念公園駅大阪モノレール万博記念公園駅改札前大阪府府民文化部都市魅力創造局都市魅力課
11月18日(日)島本町農林業祭島本町役場前駐車場島本町農林業祭実行委員会
11月18日(日)寝屋川市農業まつり打上川治水緑地寝屋川市農業祭運営協議会
11月18日(日)JAいずみの農業まつり池上曽根史跡公園JAいずみの
11月23日(金・祝日)豊中市農業祭豊中市豊島公園・多目的広場豊中市農業祭実行委員会
11月23日(金・祝日)交野市農業まつり私部公園グランド交野市農業まつり実行委員会
11月23日(金・祝日)第38回堺市農業祭堺市大仙公園堺市農業祭運営協議会
11月23日(金・祝日)平成24年度岸和田市農業まつり岸和田市中央公園市民のひろば岸和田市農業まつり実行委員会
11月23日(金・祝日)富田林市農業祭石川河川敷川西グラウンドJA大阪南大伴営農経済センター
11月23日(金・祝日)道の駅 秋の味覚祭道の駅いずみ山愛の里道の駅いずみ山愛の里
11月25日(日)四條畷市農業まつり四條畷市市民総合センター四條畷市産業観光振興課
11月25日(日)大東市農業まつり末広公園大東市、大阪東部農業協同組合
11月25日(日)野菜即売会泉佐野市漁港泉佐野市農産物地産地消推進協議会
11月25日(日)第63回農業祭貝塚市役所周辺貝塚市、JA大阪泉州
12月1日(土)JA大阪泉州中部農協祭JA大阪泉州中部営農センターJA大阪泉州中部営農センター
12月2日(日)第1回熊取町農業祭熊取町役場及び公民館熊取町農業祭実行委員会
12月8日(土)箕面市農業祭箕面市芦原公園、メイプルホール箕面市農業祭実行委員会

農業祭は地場の農産物にふれる良い機会です。
お住まいの地域の農業関係イベントを探してみてはいかがでしょうか。

大阪市農業フェア(2012年)

2012年11月17日

大阪市農業フェア
大阪の実りの秋が体感できるイベント「大阪市農業フェア」に行ってきました。

今年の会場は花博記念公園。
ハナミズキホール(屋内)と屋外会場で各種イベントが開かれました。

朝から雨が降り、店長が訪れた時は来場者は少なめ。
屋外会場では地場産野菜の販売や模擬店がありました。

(そういえば昨年の農業フェアも雨でした・・・)
豚汁
模擬店で販売されている一杯200円の豚汁。
大阪産の野菜がたっぷり入ってとても美味しいです。

毎年、行列ができるのですが、今日は雨なのですぐに買えました。

(参考)→店長日記 過去記事2009年大阪市農業フェア
農産物品評会
屋内ホール会場では農作物の品評会がありました。
大阪市内の生産者が丹精込めて育てた野菜たちがずら~っと勢揃い!
なにわの伝統野菜
出品された野菜の中には、勝間南瓜(こつまなんきん)、天王寺蕪(てんのうじかぶら)、田辺大根(たなべだいこん)など「大阪市なにわの伝統野菜」もあります。
河内れんこん
河内れんこん。
大きくて立派!おいしそうです。
金時人参
立派な金時人参(きんときにんじん)


品評会が終了すると、出品物は即売されます。
大阪市内産の新鮮な農作物がリーズナブルな価格で販売されるので、この即売会も毎年大好評です。

あいにくの雨でしたが、おいしく楽しいイベントでした。

玉ねぎ苗の植え付け

2012年11月18日

たまねぎ苗
玉ねぎの植え付け時期です。


購入苗の葉先が傷んでいたので・・・
ハサミでカットしました。
たまねぎ植え付け
透水マルチ「たまねぎ職人」を敷いて植え付け。

5月の収穫まで半年かかりますが、あとの作業は2回の追肥だけです。
プランターたまねぎ
余った苗はプランターに植え付けました。

大阪市なにわの伝統野菜

2012年11月19日

日本各地には、古くからその地域で育てられ、利用されてきた野菜があります。
「伝統野菜」や「地方野菜」と呼ばれる在来品種です。

栽培には手間がかかり、出来の揃いも悪いため、大量生産が求められる時代に合わず生産が減っていきました。近年、「地産地消」や「スローフード」というキーワードと共に、こうした伝統ある野菜を見直そうという機運が高まっています。

大阪には『なにわの伝統野菜』として府が認証した17品目があります。
その中で、大阪市内がふるさとの野菜8品目は『大阪市なにわの伝統野菜』と称されています。

先日の大阪市農業フェアでもPRされていましたので、配布されていたパンフレットを元にご紹介します。
(品種説明文:「なにわの伝統野菜」リーフレットより転載。写真は店長撮影)
勝間南瓜(こつまなんきん)
【勝間南瓜(こつまなんきん)】

大阪市西成区玉出町(旧勝間村)が発祥地。1キログラム程度の小型で縦溝とコブのある粘質の日本かぼちゃ。果皮は濃緑色だが、熟すと赤茶色になり甘みが増す。
金時人参(きんときにんじん)
【金時人参(きんときにんじん)】

江戸時代から昭和初期にかけて大阪市浪速区付近の特産であり、「大阪人参」と呼ばれていた。根の長さは約30センチメートルで深紅色、肉質は柔らかく甘味と香気が強い。
田辺大根(たなべだいこん)
【田辺大根(たなべだいこん)】

大阪市東住吉区の田辺地区の特産であった白首(しろくび ) 大根。根の形は白色の円筒形で、末端が少し膨大して丸みを帯び、葉には毛(もう)じと呼ばれるトゲがない。肉質は緻密、柔軟で甘味に富む。
天王寺蕪(てんのうじかぶら)
【天王寺蕪(てんのうじかぶら)】

大阪市天王寺付近が発祥で、葉の切れ込みが深い切葉と葉の切れ込みが浅く葉の形が丸い丸葉の2系統がある。いずれも根は純白扁平で甘味が強く、肉質が緻密である。蕪が地面から浮き上がったように成長することから「浮き蕪」とも呼ばれていた。天王寺蕪の漬物は絶品。

写真はありませんが、その他の品目は以下の通り。

【毛馬胡瓜(けまきゅうり)】
大阪市都島区毛馬町が起源とされる黒いぼきゅうり。果実は長さが約30センチメートル 、太さ約3センチメートル で、果実の先端部よりの3分の2 は淡緑白色からやや黄色気味となり、末端部には独特の苦みがある。

【玉造黒門越瓜(たまつくりくろもんしろうり)】
大阪城の玉造門(黒門)付近が発祥地。果実は長さ約30センチメートル 、太さ約10センチメートルの長円筒型。色は濃緑色で、8から9条の白色の鮮明な縦縞がある。

【大阪しろな(おおさかしろな)】
江戸時代から栽培が始まり、大阪市の天満橋付近で栽培が盛んだったため、「 天満菜(てんまな)」とも呼ばれる。早生種、中生種、晩生種があるが、いずれも葉柄(ようへい)が鮮明な白色で平軸である。

【源八(げんぱち)もの】<芽紫蘇(めじそ)>
明治時代初期、大阪市北区源八付近で栽培がさかんであったため、芽紫蘇等の芽物が「源八(げんぱち)もの」と呼ばれるようになった。青芽と赤芽があり、独特の香気と色合いをもつ。



プランター栽培のベビーリーフ地元の農業祭や食のイベントにいってみると、いろいろな発見があって楽しいものです。

プランター栽培の大根(試し採り)

2012年11月20日

プランター栽培のダイコン苗
プランター栽培の大根。
根元をみると太くなってきています。

お鍋の季節。
具材にしようと思い、収穫してみることにしました。
大根の収穫
いざ収穫!
ダイコン収穫
あれっ?

短い・・・。

もうひとつのプランターは短いうえに細い・・・


打木源助大根は、適期に種まきした場合60~65日で収穫します。
太さ10cm、長さ25cm位のずんぐりとした形のダイコンです。

種まきから2ヶ月半。
収穫のタイミングとしては良いと思うのですが・・・


日光が大好きなダイコンにとって、我が家の栽培場所は日が当たる時間が短すぎるのかもしれません。
それとも肥料の与え方を間違えたかな??

家族からは「カブですか?」といわれてしまう始末・・・。長さは10cm程度でした。

残りはもう少しおいておきますが、今から長さが倍になるとは思われず・・・とり遅れて“ス入り”(中が空洞になる)大根にならないように注意します。


無農薬栽培なので根よりも立派な葉っぱも頂きました。
大根の葉は独特のクセ・えぐみがありますが、豚バラ肉と炒め物にして食べるとなかなか美味しいです。

ジャガイモ(ニシユタカ)収穫(2012年袋栽培)

2012年11月23日

袋栽培じゃがいも
春ジャガでも試した小さな袋ベルポットでのジャガイモ栽培。
秋ジャガでもやってみました。

葉が黄色くなってきたので本日収穫です。

春ジャガ収穫の様子はコチラ→小さな袋でもジャガイモ収穫(2012年春)
じゃがいもの袋栽培
品種はニシユタカ。

袋栽培のじゃがいも収穫は簡単。袋をあけるだけ!
じゃがいも収穫
一袋目。
う~ん、いまひとつ・・・。
6cm程度の小ぶりなサイズのジャガイモです。
袋
二袋目。
同じような感じ・・・。

6リットルの土の量からすれば上出来なのかな?
春よりもサイズはひとまわり大きくなりましたが、個数が少なくなりました。

2株から収穫できたジャガイモ。
おかず一品つくる分は確保できました。(笑)
ベーコンとじゃがいもの炒め物
ベーコンとジャガイモの炒め物。
(ジャガイモは電子レンジで加熱してからベーコンと炒め合わせました。)

ビールのおつまみにピッタリでした!


ニシユタカは粘質のじゃがいもで、煮崩れしにくいのでカレーや肉じゃが等の煮込み料理に適しているとのことです。

ノリノリ(農林農林)四天王寺 (農林イベント)

2012年11月25日

ノリノリ四天王寺
農林業の生産者との交流を第一の目的としたイベント「~まち×むら楽座~ノリノリ(農林農林)四天王寺」に行ってきました。
(11月24日)

地場産の農産物については現地を訪れないとなかなか知る機会がないのですが、こうしたイベントは各地の生産者さんが集まるのでブースごとにお話を聞くことができ、とても有意義で貴重な場だと思います。
四天王寺
会場は大阪・四天王寺の西重門広場。
四天王寺は聖徳太子が593年(推古元年)に建立された和宗のお寺さんです。
無農薬野菜の販売
会場では関西の様々な生産者さんによる農産物や加工品の出展がありました。
それぞれ個性的で想いが詰まっています。
かやぶき屋根

農作物だけでなく林業関連・木や緑のある暮らしを提案するブースも。

(いろいろなブースをまわったのですが、写真を撮り忘れてしまい画像がありません・・・)

青空ミニベランダ教室
人気ブロガーNoriさんのブースでは「青空ミニベランダ菜園教室」が開催されました。

Noriさんのブログ →「大好き☆ベランダ菜園」
天王寺かぶら
なにわの伝統野菜「天王寺蕪(てんのうじかぶら)」の苗を購入。
これからの栽培・収穫が楽しみです。(写真は展示されていた見本です)



イベント全体を通して、参加者・出展者の皆さまと交流し、美味しい・楽しいことを知り、新たな発見もあり、とても充実した一日でした。
お世話になりました皆様、ありがとうございました。


出店されていた生産物や取り組み等については、後日あらためてご紹介をしたいと思います。

伝統野菜・門真レンコン(河内レンコン)

2012年11月26日


先日のイベント「ノリノリ四天王寺」にて、『たまぎし畑』さんが販売されていた"門真レンコン"。

大阪府・門真(かどま)市を中心に栽培されている伝統野菜で、"河内レンコン"とも呼ばれます。
生産量が少ないため市場に出回らず"幻の蓮根"といわれる高級食材です。大半は限られた料亭やレストラン向けに出荷されるそうです。

当日の朝、収穫された門真レンコン。

蓮根の収穫はとにかく重労働とのこと。寒空の中、粘土質の土(沼地)の中から掘り起こさなければなりません。

レンコンは家庭菜園ではなかなか育てることがない野菜です。
800gほど購入しました。

流水とタワシできれいに洗って、その日のうちにいただきます!

たまぎし畑さんに教えていただいたオススメの食べ方が"レンコンのしゃぶしゃぶ"。
ピーラーで縦方向に切って食べてみて!とのこと。

出汁でしゃぶしゃぶっとして頂くと・・・
レンコンのシャキシャキ感と、火を通すことで出る甘みがいいですね!

繊維に沿って縦に切ることで食感が良くなるんですね~。
そして何より、採れたて新鮮だからこそ味わえる贅沢な一品です。

レンコンのフライ。
(自家製ニンジンの間引き菜も一緒に揚げました)
これがまたウマいです。

一口目はサクッ、そしてイモのようにホクホクとした食感、噛むたびに旨味が広がります。
いや~、本当に美味しい!

機会がありましたら是非お試しを!

【お知らせ】
たまぎし畑さんは大阪近郊で無農薬野菜の直売をされています。

詳しくはホームページへ>>>たまぎし畑さん(外部サイトへリンク)

源助ダイコンの収穫とスナップエンドウの植え付け(プランター栽培)

2012年12月2日


プランター栽培の大根、残りを1本収穫しました。

前回よりはマシな大きさです。

長さ15cmほど・・・。
あと10cm欲しいところです。

先をみると結構長く伸びています。
伸びしろがあるということは、やはり管理が良くなかったということでしょう。

大根の後作にスナップエンドウを植え付けます。
(苗ポットで種から育てました)

いつもは土をふるいにかけて苦土石灰や大地の達人で土の再生作業をするのですが、今回は時間がないので不精をします。

花ごころさんの「まくだけで土が良くなる らくらく土の改良材」を使ってみました。

スコップで土をほぐして、古い根など目立つものを取り除いたあと、エンドウの苗を植えつけ。
土の表面に再生材をまいて、軽く土と混ぜておきます。

まくだけ、というのは手軽でイイですね。
時間がないときは助かります。

岩津ねぎ(兵庫県の地方野菜)

2012年12月4日

岩津ねぎ
『日本三大ねぎ』をご存知でしょうか?
群馬県の「下仁田ねぎ」、兵庫県の「岩津ねぎ」、福岡県の「博多万能ねぎ」の3つです。
(どのように定められたのかは分かりませんでした。すみません。)

ここ関西では緑色の部分が多い青ねぎ(葉ネギ)が主流で、その代表的なものが博多万能ねぎです。
一方、関東では白いネギが主に栽培されています。(白ネギ・根深ネギともいいます)

「岩津ねぎ」は兵庫県・朝来(あさご)市の特産品です。
青ネギと白ネギの中間に位置するネギで、甘くて柔らかく香りも良いです。
分類上は白ネギ・根深ネギになるそうですが、緑の葉もやわらかくおいしく頂けます。
岩津ねぎ
11月下旬から出荷が始まりました。

岩津ねぎの定番の食べ方は鍋物や焼き物。
熱を加えるとトロ~リやわらかくなり、甘み・うまみのあるネギです。
但馬牛ですき焼きなんかしたら・・・最高でしょうね~!
岩津ねぎの天ぷら
そしてもうひとつ、「天ぷら」にするとこれがまた美味!
レモン汁と塩でいただきます。
特に白い部分は本当にとろける美味しさです。

雪や霜にあたるほどうまみを増す岩津ねぎ。機会がありましたら是非ご賞味を。


参考ページ:JAたじまホームページ「たじまの農業・農作物」

こどもピーマンのピクルス

2012年12月8日

袋栽培のピーマン
袋栽培のこどもピーマン。
5月の植え付けからずいぶん頑張ってくれました。

寒さ対策に観葉植物用の保温フィルムを掛けて育てていましたが、そろそろ終了のようです。
こどもピーマン収穫
今季最後の収穫はサイズも量も中途半端になってしまいました。

料理に使うには量が少ないので、ピーマンのピクルスにしました。
(今回は市販のピクルス液にコショウやバジルを足して利用。最近手抜きが多いです・・・)
ピーマンのピクルス
種を取って数時間漬けただけ。

シャキシャキとした食感が良く美味しいです。
食べだしたら止まらなくなりました。

じゃがいも収穫とソラマメ植え付け

2012年12月9日

プランター栽培のじゃがいも
本日の大阪は雪がちらつきました。
風も強く、外での作業は寒いです。

プランター栽培のジャガイモ。
日当たりが悪いので徒長気味です。葉の先が枯れてきたので収穫します。
じゃがいも収穫
大きめのイモが3個。
秋ジャガはいつもこんな感じです。ちょっと寂しいですが・・・。
ソラマメ植え付け
空いたプランターにソラマメを植え付けました。

(苗は自分で種まきして育てておいたものです)

ソラマメは高さが1.5m以上になるので支柱を立てます。
スイカの立体栽培の時に使ったミニオベリスクを使用しました。

プランターで春の七草?栽培

2012年12月9日


雪のちらつく日にどうかと思いましたが・・・種まきをしました。

NHK「趣味の園芸 やさいの時間」で紹介されていた“藤田流 春の七草”。
講師の藤田智先生による冬の野菜づくりの新提案です。

店長も余り種を利用して育ててみようと思います。
プランターに種まき
プランターに培養土を入れて、種まきする区画を分けます。

紹介されていた内容とは異なりますが、小松菜、ミズナ、春菊、大根、ほうれん草、チンゲンサイ、ラディッシュの7種です。
春の七草と言えるのは大根(=スズシロ)だけです。(笑)
くん炭マルチ
覆土、鎮圧のあと、燻炭(くんたん)をうすくかけました。(これは店長アレンジです)
炭には保水力があるので発芽までの水分保持に有効です。
(ニンジンやホウレンソウの種まきでは使用して問題なく発芽しました。他の葉物野菜で使うのは初めてです)

炭の黒色が光を吸収して少しでも暖かくなるかも?おまじない的な意味で、種まき時には“くん炭マルチ”をすることがあります。
プランター保温
通気孔をあけたポリ袋をかけて保温。

もう1~2週間前に種まきできればよかったのですが・・・正月7日の七草粥まであと1か月足らず。
6~7cmくらいの生長が目標ですが、厳しいかもしれません。


“藤田流 春の七草”、“自分でつくろう有機肥料”など詳しくは
→NHK 趣味の園芸 やさいの時間 2012年 12月号 [雑誌]をご覧ください。お求めは書店で。

プランター栽培の七草 発芽

2012年12月16日


先週種まきしたプランターの葉物野菜が発芽しはじめました!
七草粥までに間に合うかもしれません。

寒さ対策のため穴あきの保温フィルムをプランターに被せて育てています。

隣のプランターに植えている天王寺蕪(てんのうじかぶら)。
先月のイベントノリノリ四天王寺にてNoriさんのブースで購入した苗です。保温しはじめてから大きくなってきました。

間引きして1本立ちにしました。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

プランターの葉物野菜

2012年12月24日


寒波の影響で全国的に冷え込みが厳しいようですね。
大阪近郊でも日中雪がちらつきました。

プランター栽培のなんちゃって七草。
あと2週間でどこまで生長してくれるか?

7種の内5種は発芽済み。
春菊がやっと発芽の兆しが見えはじめ、ほうれん草はまだ発芽せず。
プランター栽培のチンゲンサイ
チンゲンサイ。
プラグ苗を植えるときに、一株だけ間違えてタアサイを定植してしまいました。
冬越し保温フィルムを適当にカットして被せています。
春菊
春菊。

防虫ネット+保温フィルムをで寒さ対策。
プランター栽培のハーブ
ハーブ類。
イタリアンパセリ、ディル、ガーデンクレスです。

このプランターは保温していません。バジルも少し生えていますが、寒さで弱ってきました。
ルッコラ(ロケット)
ルッコラ。
ゴマの香りのお野菜で、サーモンと相性がよいです。
マリネにしていただきました。



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

プランター栽培のダイコン収穫

2011年12月29日

今年もたくさんの皆さまにご来店・ご利用頂きまして誠にありがとうございました。

昨日で年内の配送業務を終了させて頂きました。
年始は1月7日(月)より営業致します。
ご不便をお掛けいたしますがご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

それでは良いお年をお迎えください。

さて、UPしそびれていたダイコンの様子です。


プランター栽培の大根。

防虫ネットを掛けっぱなしにしていたので窮屈そう・・・。
少しは寒さ対策になったのか?

2本収穫。
長さ13cmくらいです。

打木源助大根は煮物にするとおいしいです。

残り3本収穫

10cm程度でした。
内1本は、いわゆるス入り(中に空洞ができる)大根になっていました・・・。

来年はもっと大きなダイコンができるようにしたいです。

小さな大根はスティック状にカットしてピクルスにしました。

今回も手抜きで、市販の合わせ酢(調味済みの酢)を使用。
合わせ酢を一煮えさせて、大根と適当なハーブ(プランターに植えている自家製のもの)、黒コショウを入れた瓶に注ぎ入れ、蓋をして待つこと数時間でできあがり。
手軽で美味しいです。



明日から家や菜園道具の大掃除、古土の再生などで忙しくなりそうです。

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ