カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

プランター栽培のイチゴ初収穫(宝交早生)

2013年5月4日

プランター栽培のイチゴ(宝交早生)
プランター栽培のイチゴが熟してきました!
品種は宝交早生(ほうこうわせ)。

イチゴはとにかく栽培期間が長いです。それだけに愛着もひとしお。
10月の植え付けから半年経ち、やっとこれから収穫が始まりますが、楽しめるのは2~3週間程です。
鉢で育てたいちご
こちらは2年前に植えてからそのままにしているイチゴ。(品種は忘れました・・・)
通常、イチゴはランナーから次年の苗を採り、親株は栽培に不適とされていますが、試しに置いておきました。

週1回、液肥を与えているだけですが、小さな鉢にもかかわらず、たくさん実が成りました。
いちご収穫
今期初収穫!
甘い香りと味がたまりません。

小振りな3~4cmサイズです。
四季なりいちごの開花
「袋で育てる菜園セット 四季なりいちご」で育てているものは、小さな白い花が満開です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ボリジの花(イチゴのコンパニオンプランツ)

2013年5月5日

ボリジの青花
イチゴのコンパニオンプランツ(共栄作物)、『ボリジ』。

星形で青色の花です。
イチゴとボリジ
ボリジはイチゴの近くに植えることで、
・ミツバチを呼び寄せイチゴの受粉を助け、実付きを良くする。
・アブラムシ等の害虫の天敵も呼び寄せるので害虫対策にもなる。
・・・という効果があるとのことで、一緒に植えました。

ボリジは背がとても高くなります。
3段重ねできるプランター「ハーベリーポット」の一番下の段に植えましたがこの通り・・・

背が高い方が益虫に見つけてもらいやすい?
大きすぎてイチゴの実が陰に隠れてしまいます。
ボリジを浮かべてみた
ボリジの花はワインに浮かべると、青い花がピンク色に変わるそうです。
酸に反応して変色するので、試しに酢に浮かべてみると・・・入れてすぐに色が変わるのではなく、1時間半ほどかけてゆっくり色が変わっていきました。

ワインなら色が変わる前に飲みきってしまう時間です・・・。
【ボリジの利用法】
・花を砂糖漬けにして砂糖菓子(クリスタライズド)に
・生花をワインに浮かべたり、デザートの飾りつけに
・花入りの氷を作る・・・等々いろいろ楽しめます

・若葉はサラダ、ハーブティー、炒め物、天ぷらなどに利用できるそうです。(まだ試していません)

【注意点!】
ボリジには少量ですがアルカロイド系の有毒物質ピロリジンを含んでいるので、食用にする場合は多量に摂取しないように注意が必要とのことです。多量、長期摂取は健康被害の可能性があるといわれています。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ミニトマトの苗 | 2013年5月

2013年5月6日

ミニトマトの苗
3月上旬に種まきしたミニトマト
植える場所がなくて待機中です。

ミニトマトばかり4種類。
アイコイエローアイコチェリートマト、ペペ(ベランダ菜園セラピストNoriさん主催の交流会・種交換会で分けていただいた自家採種のもの)。
ペペの苗
なかなか発芽せず、まだ小さなものもあります。

トマト苗の植え付け目安は、最初の花が咲いている状態がベストと言われていますが・・・、早く植えたい・・・
グロースボックス種まき
グロースボックスにはミニトマトの種を直接種まき。
暖かくなったので4日ほどで発芽しました。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

イタリアのトマト「サンマルツァーノ」植え付け

2013年5月6日


種苗店でイタリアの伝統的なトマト「サンマルツァーノ」の苗が売っていたので、迷った末に購入してしまいました。

トマトと一緒に植えると相性の良いニラを混植。
ニラの根がトマトの根の下に回り込むように植え付けます。

サンマルツァーノは加熱調理すると最高のうまさ!の加工用トマトです。

種から育てているミニトマトを放っておいて、先に植え付けてしまいました・・・。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ミニキュウリ(カクテルキュウリ)植え付け | 2013年5月

2013年5月7日

カクテルキュウリの苗
3月上旬に種まきしたミニキュウリ(カクテルキュウリ)
小さな苗ですが、いつのまにか花が咲いていました。
カクテルキュウリ植え付け
花は摘み取って、プランターにごく浅く植え付け。
“水でふくらむ土ポット”で育てた苗なのでそのまま植え付けられます。

あっ、ウリ科野菜と相性の良いネギを一緒に植えるのを忘れました・・・。
後日、別のプランターで育てているネギを引っこ抜いて、キュウリ苗の隣に挿しておこうと思います。

風よけ・虫よけのために防虫ネットを設置。

ウリ科野菜にはウリハムシやコガネムシなどの甲虫類が寄ってきて食害します。
特にコガネムシの幼虫は根を食害するので要注意。

以前、土の再生をするときに、幼虫が何十匹も出てきたことがあり、「なんか生育が悪いなあ、と思ったら根がやられていたのか!」ということがありました。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

収穫したソラマメを“焼きそら豆”にして頂きました。

2013年5月12日


プランター栽培のソラマメです。

アブラムシが発生しやすく、ほぼ毎日水で洗い流したり、手で取ったりしています・・・。
写真はありませんが、黄色粘着捕虫紙にもビッシリ付いています。


ソラマメの大きな莢(さや)は、はじめは空に向かって伸び始め、実が充実するにつれ下向きに下がってきます。
斜め下向きになった頃が収穫適期です。

少し小さめですが収穫!
ソラマメは収穫後、鮮度が急速に落ちていくので、食べる直前に収穫します。

採れたての風味を味わえるのは家庭菜園ならではの楽しみです。

ソラマメといえば塩茹でが定番ですが、“焼きそら豆”も良いです。

お湯も沸かさず、簡単調理。トースターで莢ごと10分ほど焼きました。
莢の中で豆が蒸し焼きに!
焼き上がったら粗熱をとり、お好みで塩をふって頂きます。
※今回はサーモスタット(自動温度調節装置)付きのトースターを使用したので、焼いている途中で何度かヒーターが切れました。(庫内温度が上がりすぎると自動でヒーターが切れます。最近のトースターにはだいたい付いている機能のようですね。)そのせいか、水分が少し多く、豆がやわらかすぎると感じました。
フライパンや魚焼きグリルを使用した方が、しっかり焼けて程よく水分を飛ばせるのでは?と思います。

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

玉ねぎ収穫 | 2013年

2013年5月18日


畑の玉ねぎの収穫をしました。
地上部が全部倒れてからしばらく経っているので、タイミングとしては少し遅かったかもしれません。

玉ねぎの収穫適期は、地上部が7、8割倒れてからと言われています。
(玉ねぎが成熟すると、葉の根元が軟化して倒れます)
畑の玉ねぎ収穫
引き抜いた玉ねぎをそのまま畑に並べて天日で一日乾燥。

本当は3日から5日ほど乾かし、ある程度水分を抜いた方が長期貯蔵には良いそうです。
プランター栽培の玉ねぎ収穫
余り苗を植えたプランター栽培の玉ねぎも収穫。
プランターサイズなりの大きさです。
吊り玉ねぎ
明日、大阪は午後から雨の予報。
広げておく訳にもいかないので、吊り玉にしました。

雨が当たらない、風通しの良い場所で保管します。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク
↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

テーブルビートが少し大きくなってきました

2013年5月19日


3月下旬に種まきしたプランター栽培のテーブルビートの様子です。
大きくなってきました。

発芽>>>テーブルビートの発芽(4月6日)
追肥>>>テーブルビートの様子(4月21日)

5月10日頃に2回目の追肥をしています。
(有機入りIB肥料を10g程)


根元が2、3cm程になってきました。

ゴルフボールから野球ボールくらいの大きさになったら収穫です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ジャガイモの超浅植え栽培2013 収穫

2013年5月26日

超浅植えジャガイモ
3月に植え付けた“超浅植えジャガイモ”。
先週の様子です。

ほぼ放任していたので、気付かないうちにアブラムシが大発生してしまいました。
アブラムシによる吸汁で葉はベトベトに・・・。

>>>植え付け
>>>4月初旬の様子

本日の様子。
地上部がすっかり枯れてしまいました。

本来、超浅植え栽培は、茎葉が枯れる前に収穫するのがコツ。
黒マルチがむき出しになると、イモが焼けて傷んでしまうためです。
超浅植えじゃがいも
黒マルチをめくってみると・・・

おっ、出来てる!

4個植え付けましたが生育に差があります。

パッと見た感じ少ししかない感じですが、ハケで表面の土を払ってみると、大きいイモが出てきました。(発掘調査をしている気分です)

黒マルチに接していたと思われる部分が傷んでいるイモもあります。
超浅植えじゃがいも収穫
場所によって量と大きさに差があり。
日当たりの違いや、肥料の量に偏りがあったのかもしれません。

イモの大きさは地上部の大きさに比例しています。
生長が出遅れた2株は大きさも収量も全くダメでした。
じゃがいも収穫
今回の収穫。
大きいイモで10cm程度。

イモ掘りならぬ“イモ拾い”ができるジャガイモ超浅植え栽培。
今回は株による収量差が大きかったですが、土寄せ・雑草取り・イモ掘り不要の楽な栽培方法だと実感しました。

【ジャガイモの超浅植え栽培】は以下を参考にしました。
参考資料・・・月刊現代農業 2012年3月号、2012年4月号(農文協)


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

プランター栽培のジャガイモ2013春 収穫

2013年5月27日

27日午前、気象庁から「九州・中国・四国地方で梅雨入りしたとみられる」と発表がありました。

近畿地方は明日(28日)からしばらく雨が続きそうです。
このまま近畿も梅雨入りするのでしょうか。

プランター栽培のジャガイモ(キタアカリ)です。
今年は一番日当たりが良い場所に置いたので、収量を期待したいところです。

雨が続く前にと思い、昨日収穫しました。
毎年恒例、シートの上でプランターから土を出すだけの簡単収穫です。

プランターひとつから収穫できたジャガイモ。
4~5cmサイズが10個程と小さいイモがたくさん。

もうひとまわり大きいサイズだったら文句なしなのですが・・・良しとします。

先日収穫した玉ねぎと共に肉じゃがでいただきます!

ジャガイモの皮は剥かずにまるごと利用しました。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ