カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ペットマト栽培日記(えだまめ編) 目次

えだまめの花
ペットマトシリーズの中でも難易度が高く上級者向けと言われるペットマト「えだまめ」。
当店での栽培記録を大公開!!

確かにチョッと難しいかもしれません・・・。

トルネードえだまめ編
えだまめ失敗編
ペットマトえだまめ(折)(8/13)
えだまめ大収穫!(8/31)




栽培日記TOPへ戻る→ペットマト栽培日記 目次


トルネードえだまめ編(ペットマト栽培日記)

ペットマトえだまめ種まき
ペットボトルで枝豆づくり!

【4月6日】
ペットマトをペットボトルにセットして枝豆の種をまきました。
(パッケージの説明書をよく読んで種まきしましょう)
ペットマトえだまめ発芽
【4月7日】
種まき翌日には種が膨らんで盛り上がってきました。

【4月14日】
根がペットマト本体にグッと力強く入っていっている感じです。
えだまめ徒長
【4月18日】
徒長してます・・・。

直射日光が当たらない場所なので、ヒョロヒョロに伸びてしまいました・・・


発芽したらすみやかに日当たりの良い場所に移した方が良いです。

【4月27日】
そのままにしていたら横へ伸びていきました・・・

【6月11日】
栽培場所を自宅から会社事務所の窓際に変更。

茎があまりに伸びすぎたので、支柱を立ててらせん状に仕立てました。

(当店では通称トルネードえだまめと呼ばれています)
ペットマトえだまめ収穫
【6月20日】
えだまめ収穫!!

5個です。

5個と数えていいのか分かりませんが、とにかく収穫できました。

湯を沸かすほどでもないので・・・
水で湿らせて電子レンジでチンしました。

小指の先ほどの豆の大きさですが、味はとても良かったです!!
ああ、もっと食べたい・・・。

栽培継続中です。

新たな実が出来つつありますが、葉が少ないのが気掛かりです・・・。
ペットマト枝豆収穫
【7月16日】

結局これ以上生長せず、最後の1個を収穫・・・。
この1個のために湯を沸かし、2粒の味をかみしめました。


えだまめ編TOPへ戻る→ペットマト栽培日記えだまめ編 目次

カテゴリTOPへ戻る→ペットマト栽培日記 目次

えだまめ失敗編

ペットマトえだまめ
ペットマトシリーズの中でも上級者向けの「えだまめ」。

発芽がうまくいかないことが多いです。
当店でも失敗がありました・・・。

種まきをすると、種が水分を吸って膨れます。
当日から翌日には、まん丸の形から、枝豆を食べる時に目にする楕円形になります。

盛り上がる姿を見ると、生命の躍動を感じます。

盛り上がった形のまま変化がなく1週間以上経っている場合は要注意!
種の色つやをよく観察してみてください。
何か黒っぽいような、ツヤがないような感じなら、まき直した方が良いかもしれません。
種まき失敗
取り出してみると・・・

どうやら温度が高すぎたのか、種が腐ってしまったようです・・・。煮豆のように柔らかくなっていました。

説明書を読むと、
「まき終わったら直射日光を避けて風通しの良い場所に置いてね♪」
とあるじゃないですか!

種まき直後から日当たりのいい場所に置いていたので、ゆで豆になってしまったようです。
2回も失敗してしまいました・・・。

種まきをする時は説明書をよく読みましょう。(と自分に言いきかせる)


えだまめ編TOPへ戻る→ペットマト栽培日記えだまめ編 目次

カテゴリTOPへ戻る→ペットマト栽培日記 目次

ペットマトえだまめ(折) 【8月13日追記】

ペットマトえだまめ種まき
【6月7日】 種まき

ペットマトえだまめの栽培スタート!

説明書通りに、種まき後は直射日光を避けました。
今度はもっと上手に育てたいです・・・。枝豆の水耕栽培はうまくいくのか???
ペットマトえだまめ発芽
【6月11日】

種まきから4日目の姿です。
根が出ている様子が見えます。

ペットマトえだまめ徒長
【6月15日】

またしても徒長してしまいました・・・。

ヒョロヒョロです。
苗支柱ささえーるで添え木をしておきました。
折れたえだまめ
<<<アクシデント発生!>>>

【6月17日】
自宅は室内の日当たり条件が良くないので、会社事務所で育てようと思い、ペットマトを電車で運びました。
通勤時なので当然人が多く・・・

電車を降りる時に、何かに引っかかったようです。
駅を降りた時にふと見ると先端がなくなっていました・・・

折れた直後の写真はないのですが、子葉と茎だけの状態になってしまったのでもうダメかと思っていたところ・・・


【6月19日】
なんと新しい芽が出てきました!!

【6月27日】

順調に葉が増えています。
えだまめ摘心
【7月4日】摘心

生長点を摘み取ることで、わき芽の発芽を促します。
わき芽をたくさん増やすことで、収穫量のアップを目指します。
えだまめの花
【7月11日】 開花

枝豆の白い花が咲きはじめました。
ペットマトえだまめ
順調です!
ペットマトえだまめ
【7月19日】
莢が大きくなってきました。
ペットマト水切れ
<<<緊急事態発生>>>

【7月22日】

あゝ、水切れさせてしまった・・・。
葉っぱがカリカリに乾いています。

閉めきった室内での土日の2日間、500mlの容量では水がもちませんでした。
枝豆水切れ
・・・というのも、
閉めきった室内、カーテンと窓の間(←これが特にダメな要因でした)、窓辺で直射日光を受ける・・・という置き場所で、最高温度52度という過酷な条件になっていました。(ちなみに最低湿度は11%でした)
現在、枝豆は2つの容器で育てていますが、両方ともほんの少しだけ水が残っている状況でした。
(←萎れているのはイタリアンパセリです)

枯れてカリカリになってしまった葉を取り除きました。
ペットマトえだまめ
葉が少ないので今後の莢の生長が心配です・・・。

【8月13日】収穫

水切れから約3週間経過。
葉は増えず、残ったごくわずかな葉だけで光合成を続けていたようです。
ペットマトえだまめ
莢(さや)は膨らんでいます。

えだまめ茹でる
収穫しました。


5つほどの枝豆のために湯を沸かして茹でました。(笑)
ペットマトえだまめ収穫
いただきます!

アクシデントが続いた栽培状況を振り返りつつ、枝豆一粒々々の味をかみしめました。

ウマイです。
ウマいだけに、少量なのが惜しまれます。
水切れさえさせなければ・・・次こそは多収を目指します。


えだまめ編TOPへ戻る→ペットマト栽培日記えだまめ編 目次

カテゴリTOPへ戻る→ペットマト栽培日記 目次


ペットマト(えだまめ)
ペットボトルで野菜をつくろう!
ペットマト2(えだまめ)


本体価格500円+消費税
(※支柱付きになりました)

ペットマトえだまめ大収穫!


【6月24日】

ペットマトえだまめ5号。
6月19日に種まきしてから5日目の様子です。

今度こそ成功させるぞ!
と思っていましたがイキナリ徒長ぎみです・・・。

【6月26日】

芽が出てからは生長が早いです。

【7月11日】

種まきから約3週間。

【7月16日】

伸びすぎました・・・。
苗支柱ささえーるでは高さが足りなくなりました。

そこで洋ラン線(鉄線)を曲げて、新たな支柱を作成。

らせん状に曲げることで高さを低く抑えました。

【7月22日】

生長して葉数が増えると、水を吸い上げる量も多くなります。

500mlの水量では土日の2日間を乗りきることが難しくなりました。

そこで大容量タンクを作成しセット。

枝豆の先端(生長点)はハサミでカットしました。
この摘芯(てきしん)によってわき芽がたくさん出るようになります。

植物の状態、天候、室温にもよりますが1週間くらいは持ちそうです。

【8月31日】

種まきから2ヶ月半。

大容量タンクに替えた影響か、通常よりも生長スピードが速かったです。

いよいよ収穫します!


(※生長しすぎて自立できないので、いろんな支柱で支えてあります。)

莢がたくさんついて、豆もしっかり膨らんでいます。

実が入っている莢が28個収穫できました!!

これくらいの量があると、茹でるのも食べるのも楽しいです。(笑)



えだまめ編TOPへ戻る→ペットマト栽培日記えだまめ編 目次

カテゴリTOPへ戻る→ペットマト栽培日記 目次


ペットマト(えだまめ)
ペットボトルで野菜をつくろう!
ペットマト(えだまめ)


本体価格500円+消費税

ページトップへ