カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

茄子(ナス)の蒲焼き

2013年8月3日

畑のナスが絶好調です。
焼きナス、煮浸し、漬け物など、いろいろ楽しんでいます。


鰻(うなぎ)の価格高騰により、肉や野菜などを使った様々な代用食品蒲焼きがあるようですね。
その中のひとつ、巷で話題の「ナスの蒲焼き」を作ってみました。

テレビやインターネット上で紹介されているレシピは以下のような感じです。

・ナスの皮をむいてやわらかくなるまでレンジで加熱(3分から5分くらい)
・ナスを縦にひらく(ウナギをひらいた形に似せる)
・フライパン等でナスに焼き目を付け、蒲焼きのタレをからめる。


パッと見た目はうなぎの蒲焼きっぽいです。
長ナスを使用すれば、より鰻っぽくできそう。

味は・・・ナスです。(笑)

元々、ナスは和洋中どんな料理でもおいしく頂ける野菜なので、味付けのひとつとしてはアリですが、もう一度作りたいかというと・・・。


「ナスのかば焼き重」
茄子の蒲焼きの元祖・群馬県太田市にある「かわとみ」という焼きそば屋さんが考案したメアイデアメニュー。
地元新聞社が主催した、地場の食材を活かしたレシピのコンテストで特別賞を受賞したそうです。
お店で提供しているものは、茄子の下に鶏肉の照り焼きとご飯を入れたお重とのこと。

確かに鶏肉が入ればボリュームも出て食感も食味も良くなりますね。
きっと焼き方や使用している蒲焼きのタレなども、美味しさのポイントなのではないでしょうか。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ミニトマトが不調です | 2013年

2013年8月4日

ミニトマトが不調です。

寝かせ植えしたミニトマトですが、茎や葉が茶色くなってしまいました。

葉の裏を見ると、ハダニ類にやられたような感じですが見当たりません。
症状からすると、肉眼では見えにくい(体長0.2mm)というトマトサビダニによるものか?
(ルーペで覗いてみると、ハダニもいましたが、それよりももっと小さいのがたくさん居ました)

株全体に広がっているので、残念ながら撤去。



プランターのミニトマトも、なんだか健全な感じがしません。

茎も葉も、ヘタまで茶色に変色しています。
こちらも病害虫っぽいのですが、水切れ、肥料不足の影響もあったのかも・・・。

今年はミニトマトがほとんど口に入りませんでした・・・。



↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ナスの更新剪定(切り戻し)

2013年8月11日

ナス(千両二号)
畑に2株植えているナス。
(品種は千両二号です)

毎日収穫できる時期もありましたが、このところの暑さもあって、そろそろ株が疲れてきました。
ナスの更新剪定
秋ナスを楽しむために、ナスの更新剪定(切り戻し)を行ないます。

7月下旬から8月上旬に枝を切り取って株を休ませ、新しい枝を出させると約1か月後にはおいしい秋ナスが収穫できるようになります。
ナスの切り戻し
ナスの更新剪定のポイントは、
・枝を半分から3分の1の長さに切り詰める。
・枝に葉を1、2枚残した状態でカットする。

で、さっぱりしました。
ちなみにマルチは定植時からシルバーマルチを使用しています。

そして、株元から30cmほど離れた所を目安に、スコップ等を差し込んで周囲の根を切ります。
(本当は大きなスコップで深く根切りをした方が良いのですが、持っていないので移植ゴテで行ないました)

古い根を切ることで新しい根が出てきて、ナスが再び大きく生長します。
根切りをしたところに追肥としてIB化成一握りとボカシ肥料少々を与えました。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

トウモロコシ収穫 今年は失敗しました

2013年8月16日


畑に10本植えたトウモロコシ。

85日タイプの種をまいたので、種まきの日から数えるとそろそろ収穫時期です。
ヒゲの色も茶色くなってきました。

失敗です・・・。

実がシワシワになっています。
猛暑による水不足?肥料不足?
そういえば追肥を1回忘れているような気が・・・

受粉がうまくいかず、全く実が付いていないものも1本ありました。

皮を剥いてみると、トウモロコシの実から芽が出ているものがありました。
完全に採り遅れということでしょうか。

気温が高い分、生長が速くなるようなので、やはり時々目で確認する必要がありますね。

芽が出たトウモロコシは、試しにそのまま植えてみることにしました。
たぶんダメだとは思いますが・・・。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

とうもろこしの冷製スープ

2013年8月16日


採り遅れてシワシワになったトウモロコシ。
水から茹でて、少しでもジューシーさを取り戻そうとしましたが、硬さがかなり残ります。

茹でトウモロコシとしては美味しくありませんでした。

どうにかして食べようと思い、すり潰して「トウモロコシの冷製スープ」を作ることにしました。
すり鉢とすりこぎでペースト状に・・・なりません。

汗だくで作業しましたが硬すぎてダメでした。(フードプロセッサーがあれば楽なのですが我が家にはありません)

お鍋に自家製の玉ねぎとジャガイモをすりおろしたものを加えて火を通し、水を入れ加熱。ザルで何度か裏ごししました。
塩コショウ、コンソメスープで味を調え、仕上げにミルクまたは生クリームでコクを出します。分量はすべて適当です。

冷蔵庫で冷やして冷製スープの出来上がり♪
暑い夏にぴったりの一品です。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ペピーノ収穫

2013年8月18日

ペピーノ収穫時期
ナス科の多年生植物「ペピーノ」を収穫しました。

ペピーノは分類上は果菜類ですが、“メロンと洋ナシを合わせたような味”と評されトロピカルフルーツとして紹介されることが多いようです。
ペピーノ苗
6月初旬に花芽が付いた苗をプランターに植え付け。
(品種はゴールドNO.1)

植えるタイミングとしてはかなり遅かったと思います。
ペピーノの花
ペピーノの花。
植え付けから2週間後に開花。

ナス科植物なのでナスとそっくりな花の形をしています。
ペピーノ鉢植え
7月中旬。
ペピーノ苗の植え付けから約1か月半。
1個だけ結実しました。

果実の色はまだ白いです。
ペピーノ収穫
このペピーノ、収穫のタイミングがよく分かりません。
苗に付いていたラベルによると、収穫時期は6月~7月、10月~11月とのこと。

品種によっては濃い色の縞模様が出るそうなのですが、育てているものは亀裂のような筋が現れました。
色が黄色に変わってきましたが、縞模様は出てきません。
ペピーノ収穫
白色の間は硬かった実が、黄色くなるにつれて弾力を感じるようになったので収穫しました。

収穫後2~3日追熟させて、やわらかくなったら食べごろとのことなので、2日ほど常温で放置して、食べる前に冷蔵庫で冷やしました。
ペピーノを食べる
収穫したペピーノを縦割りしたところ。
とてもジューシー!そしてメロンのような香り。

外側の皮をむいていただきました。
甘みはとても少ないのですがメロンとスイカを合わせたような風味です。
暑い夏に冷やしていただくには良いかも!


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

とうもろこし発芽 | 2013年8月

2013年8月24日

とうもろこし種まき
先週、試しに植えてみた採り遅れたトウモロコシ

収穫時にすでに芽が出ていたトウモロコシを丸ごと植える、という無茶な方法だったので期待はしていませんでしたが・・・
とうもろこし発芽
5つほど発芽していました。

うまくいけば11月末には収穫できるかも??
時期的に収穫までは難しいと思いますが様子を見ます。
というか、こんな事なら植える場所をもう少し考えたらよかった・・・
畑のナス
久々の雨で畑のナスは喜んでいます。

更新剪定から約2週間。
葉が増えて、花もいくつか咲いています。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ