カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

袋栽培サツマイモの収穫

2010-11-28

サツマイモの袋栽培 袋栽培のサツマイモを収穫しました。
(品種は「紅あずま」です)

エコバッグ+アサガオ支柱での栽培です。


【袋栽培 過去記事】
5月30日(植え付け)
9月12日

収穫は簡単!
袋をひっくり返すだけでOK!採り損ねもありません。

サツマイモ収穫 小さめですが、調理しやすい・食べやすいサイズのサツマイモが出来ました!
もっと大きな袋で栽培すれば、イモも大きく育ったかもしれません。

ためしに一つ、ふかして食べてみましたが・・・
あまり甘くなかったので、先日のシリコンスチーマーで「さつまいもプリン」にしました。
(レシピは「かぼちゃプリン」でしたがアレンジ♪)

残りは甘みを増加させるために貯蔵します。

地植えのさつまいも ちなみにコチラは畑(地植え)に2苗だけ植えていたサツマイモです。
袋栽培と同じ苗を植えましたが、こちらの方が大きく育ちました。
でも、形がいびつです・・・

【サツマイモ まめ知識】
サツマイモは収穫直後は甘みが少なく、2~3週間貯蔵すると甘みが増してきます。
貯蔵する場合は、晴れた日の午前中にイモを傷つけないように掘り上げ、畑に半日干して表面を乾かします。
蔓(つる)につながったイモは外さずに、つながったままにしておきます。
(傷付いたイモや、蔓から外れたイモは傷みやすいので早めに調理します)

サツマイモの貯蔵適温は13℃。
湿気の多い環境を好みます。
保存するイモが少量の場合は、新聞紙にくるみ、断熱効果のある発泡スチロールの箱に入れ、室内に保管しましょう。

水はけのよい畑なら、土に埋めて貯蔵する方法もあります。

(参考資料: 別冊やさい畑「野菜づくり名人 虎の巻」 発行:家の光協会)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ