カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

コンパニオン・プランツのススメ

2011-05-22

▼コンパニオンプランツ(共栄作物・植物)とは・・・
異なる植物を一緒に植えることで、お互いによい影響を与えあって成長する、相性の良い植物同士のこと。
組合せによって、病害虫を防ぐ、成長を促進する、風味や香りを良くするなど、様々な良い効果を生み出すと言われています。

カクテルキュウリとネギ混植
【ネギと相性の良い野菜】
キュウリ、スイカ、メロン、カボチャ等のウリ科の野菜と「ネギ類」の組合せは相性がよいと言われています。
これはネギの根の表面にいる微生物が出す物質が、病害の原因となる土壌病原菌を抑える効果があるため。単一の種類を植えるよりも根の周りの微生物が豊富になり、障害が起きにくくなるそうです。

逆に、アブラナ科野菜(ダイコン、白菜、キャベツなど)、レタスなどとは相性が悪く、生育が悪くなるので注意が必要です。
ウリ科植物とネギ
【ゴーヤ+ネギ】
ゴーヤもウリ科の野菜なので、ネギと一緒に植えてみました。
比較的病害虫に強いゴーヤですが・・・効果の程は???

ゴーヤの根の下にネギの根が入るように植え付けるのがポイント。
より効果が出やすいようです。

ネギや玉ねぎの葉は、その匂いに虫除け効果があるそうなので、土の上にバラ播いておきました。

【トマトやナスは”ニラ”と好相性】
ネギ属のニラは、ナス科野菜(トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモなど)と相性が良いそうです。

他に、ハーブ類との組合せでは・・・
●トマト+バジル=トマトの風味がよくなり、コナジラミなどの害虫を防ぐ
・・・等々があります。

<参考資料>
・農家の技術早わかり事典(農文協)/家庭菜園ビックリ教室(井原豊著・農文協)
畑と野菜のしくみ(家の光協会)/有機・無農薬の野菜作り(ブティック社)

ページトップへ