カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

七草粥(ななくさがゆ)

2012年1月7日

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、本日は正月七日。
この日の朝に「七草粥(ななくさがゆ)」を食べると、その一年、病気にならないといわれます。

七草粥の風習は中国伝来のもので、平安時代には宮廷の儀式として食べるようになり、江戸時代には幕府が「七草の節句」を定め、公式行事として正月7日に“七草粥”を食べ、一般庶民にも普及していったそうです。

また、七草がゆが定着した背景には、信仰的な側面ばかりでなく、正月のご馳走で疲れた胃腸を休めるといった実利的な効用もあったとのこと。

七草粥に入れる“春の七草”は
セリ、ナズナ(ペンペングサ)、ゴギョウ(母子草・ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(田平子・タビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)
・・・の七種が一般的です。

店長宅でも無病息災を願って、七草粥ならぬ自家製“五草粥”をつくりました。
家庭菜園でおなじみのスズナ(カブ)とスズシロ(大根)以外は入手困難なので(食品スーパーではセットで売られていましたが)、現在プランターで育てている野菜の中から調達しました。

【収穫した野菜】(写真→)
・大根(ちょっと短い・・・)
・カブ(白長二十日大根)
・かつお菜
・タアサイの間引き菜
・葉ネギ

これらを刻んでお粥の中に入れ、塩で味付けしてオリジナル五草粥の出来上がり!
大根とカブは、根と葉の味・食感が異なるので、別々の野菜と考えれば七草と言えなくもないです(笑)。

大根とカブの白い実の部分には、消化酵素のジアスターゼが含まれているので、胃もたれや胸焼けの解消などに効果があります。
(熱に弱い酵素なので、生のものをすりおろしたものが効果的)

ともかく、採れたての野菜、自然の恵み、美味しく食べることができる健康な身体など、日頃忘れがちな事に感謝しつつ、今年も頑張ろう!と思った次第です。


【参考書籍】
「日本人のしきたり」青春出版社/「もっとからだにおいしい野菜の便利帳」高橋書店

ページトップへ