カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

アイスプラント(プランター栽培)

2012年7月1日

アイスプラント(プランター栽培)
種から育てた「アイスプラント」。
茎や葉にキラキラ光る粒々があるのが特徴の野菜です。

この粒々は「塩嚢(えんのう)細胞」と呼ばれるもので、土壌中の塩やミネラル分を吸収し、蓄えることができるそうです。
アイスプラント

塩味を楽しむためには、収穫の2~3週間前から塩水を与えます。

塩水の塩分濃度と頻度については、調べてみると色々な方法があって迷ってしまいました。
試しに、海水と同じ約3%の濃度で、収穫の1週間前に1回与えてみたところ、かなり塩辛さを感じました。小さな鉢で栽培している影響があるかもしれません。

葉は多肉質でやわらかく、生食するとプチプチとした食感を楽しめます。
主にサラダとして利用されることが多いですが、天ぷらなど火を通す調理をするとまた違った食味を楽しめるようです。

【アイスプラント】
分類:ハマミズナ科メセンブリアンテマ属
原産地:南アフリカ

中性脂肪の増加を抑えるミオイノシトールや、血糖値を下げるビニトールという成分が含まれ、メタボ対策に有効な野菜としても注目されています。

ページトップへ