カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ペットマト栽培日記(レモンバーム編)


ペットマトで育てる「レモンバーム」。
爽やかなレモンのような香りがするハーブです。

繁殖力が旺盛で、畑の片隅にこぼれ種でも落ちようものならどんどん増えていきます。
何もしなくても生えてくるので雑草扱いされることもしばしば。生命力の強いハーブです。

3月下旬に種まき。
なかなか芽が出ず心配していました。

ハーブ類は発芽まで10日から2週間ほど時間がかかるものが多いので、焦らず、乾かさず管理しましょう。
ペットマトなら吸水ファイバーで常時種の下が湿っている状態になるので安心です。
(水の吸い上げが弱いかな?と思う場合は上から水を2、3滴たらしておくとよいです)

発芽

種まきから2週間程たってやっと発芽しました。
春先、窓辺では夜間はまだ寒いので、その影響もあるかと思います。

発芽から約3週間経過。

1週間に一度、お水と肥料の入れ替えは忘れずに行いましょう。

発芽から約1ヶ月。
芽が出てからは早いスピードで生長しています。

栽培約2ヶ月経過。

色クラフト紙で筒をつくって遮光していましたが、ペットボトル内には藻がはえました。

根っこも増えてきました。

5月末、収穫しました。
ハーブは葉を叩いたりちぎったりすると、より香りが出ます。

葉を少し残しておくと芽が出てくるので何度も収穫が楽しめます。

収穫の1週間後はこんな感じです。
この後、再び葉がこんもりと生えてきました。

根もかなり増えました。

葉が生長すると水の吸い上げも盛んになって、350mlのペットボトルでは1~2日毎に水を足さないといけない状況になります。

そろそろ容器のお引越しをした方がよさそうです。


カテゴリTOPへ戻る→ペットマト栽培日記 目次

ペットマト(レモンバーム)
ペットボトルで野菜をつくろう!
ペットマト(レモンバーム)


500円(税込)

ページトップへ