カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ペットマトで使用する栽培容器(ペットボトル)


「ペットマト」の栽培容器にはペットボトルを使用しますが、
最近はいろんなサイズ・形があって楽しいですね!


おそらくペットマトが使用できる最小サイズのペットボトル。
乳酸菌飲料の容器で容量112ml。
キャップは薄型なのでキチッと閉まりません。載せるだけになります。

種まき直後から発芽まではこのサイズでいいかも!
お水の節約になります。
ペットボトル350ml
おなじみ350mlサイズのペットボトル。
生育初期は350mlサイズで十分です。
お水と肥料の節約になります。

肥料の量は付属の計量スプーンですり切り3杯です。
付属の肥料は、この量で週1回与えると約4か月分です。肥料がなくなったら市販の微粉肥料や液肥を規定量与えて下さい。
ペットボトル500ml
こちらも定番500mlサイズ。
生育中期以降はお水を吸収する量も増えるので、このサイズの方が安心です。

肥料は付属の計量スプーンですり切り4~5杯。
当店では4杯で育てています。
この量だと約3か月分です。

←画像はどちらも容量500ml。

右は飲料水で一般的な500mlサイズ。
左側は100円ショップで売っていたプッシュ式のボトル容器(シャンプー等のディスペンサー)です。

同じ500mlでも太くて短い分、水が減っても根が漬かっている時間が長くなり、水切れの心配が少なくなります。

底が広いので安定感があります。
植物が大きくなって頭が重たくなっても、飲料用の500mlよりも倒れにくいです。

大きく育ってきたらこの容器はオススメです。

他にも日用品の空き容器で使えるものがありそうですね。
ペットマトの栽培容器
「あっ!この容器、ペットマトに使えるかも?!でも、この穴に通るかな・・・?」

そんな時は1円硬貨の大きさが目安になります。

ペットマトの赤いホルダー部分の直径は約19mm。
1円硬貨は直径20mmなので、1円玉が少しの隙間を残して通る穴であれば、ペットマトに合う確率は高いです。(容器により外径やネジの切り方が異なるのであくまで目安としてください)

素敵な容器がいつ現れてもいいように、1円玉とペットボトルのキャップを持ち歩いておくと良いでしょう(笑)。
緑色のペットボトル
緑色のPET容器。(青じその栽培例)

藻が生えても気になりません。

(左は藻のキャラクター「モーさん」です)
ワインのペットボトル
最近はワインもペットボトルのものがありますね。

容量750ml。根が長く伸びている場合は使えると思います。



ペットボトル以外にもお水が入れられてペットマト本体が倒れない容器なら使えます。
お気に入りの容器を探してみるのも楽しみ方のひとつです。


「こんな容器で栽培してみた!」「この容器も使えるよ!」などございましたら是非お教え下さい!
当店の写真募集コーナーまでお願い致します。

カテゴリTOPへ戻る →ペットマト・スーパーテクニック編
 →ペットマト栽培日記

ページトップへ