カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ペットマト保温グッズ・エピソード3


350mlペットボトルでつくった保温カバーが手狭になってきました。


今回は1.5リットルの丸型ペットボトルを利用して保温カバーを自作。

カッター等で底をカットし、高さを稼ぐために厚紙を筒状にしてはめ込み、テープで固定します。
(根の日よけカバーも兼ねています)

カットした底部分を逆さまにして受皿にします。
バランスがよくないかも・・・

床面から浮かせることで底からの冷えが和らぐと思うのですが、どの程度効果があるのかは不明です。

ちょっと大きすぎました。(笑)


これくらいの生長段階なら、500mlペットボトルを上にかぶせる程度で良かったかもしれませんが・・・
いずれ幅・高さとも大きくなるのでこのまま使用します。


ちなみにこのペットマトを育てている室内の最低気温は4度です。(大阪市内・1月中旬)
同じ場所で、保温カバーなしで育てているトマトもありますが、今のところ枯れる様子はなく元気です。(生長は遅いと思います)

(2013年2月15日追記)


ペットボトルを利用して作った保温カバーはどれくらい効果があるのか?
2ヵ所を同時に計測できるデジタル温度計で測ってみました。


【1月30日 13:18pm】
ボトル内:26.8度
室温:22.6℃
温度差4.2度

【1月31日 6:26am】
ボトル内:12.5度
室温:11.8℃
温度差0.7度


あくまで簡易のテストですが、約1度から4度の温度差がありました。

カテゴリTOPへ戻る →ペットマト・スーパーテクニック編
 →ペットマト栽培日記

ページトップへ