カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

アブラムシ対策の牛乳スプレー

2013年4月29日

アブラムシ発生
プランターのソラマメにアブラムシが発生しました。
いつもはガムテープで捕ったり、水で洗い流したりしています。

いろいろなアブラムシ対策がある中、よく言われる「牛乳」スプレーは効くのか?
今まで試したことがなかったのでやってみました。
アブラムシ対策の牛乳スプレー
効く仕組みは
牛乳をスプレーする → 牛乳が乾くときにできる膜が、アブラムシの気門を塞いで窒息
・・・というものなので、晴れた日の午前中に散布して乾燥させる必要があります。
 
牛乳は10倍程度に薄めてもよいそうですが、今回は薄めずに使用。
アブラムシ窒息
スプレーして半日後。
全体に膜が張って動けなくなっているアブラムシ。
確かに効果はありそう。

乾燥すると牛乳の臭いが残ります。

紙の上に振るい落としてみると、動かなくなったアブラムシもいれば、平気で動き回っているものもいます。
(牛乳スプレーがうまく当たらなかったことと、スプレー後にやってきたアブラムシがいることが考えられます)

アブラムシを洗い流す
最後は流水で洗い流します。

そのままにしておくと葉の気孔を塞いでしまうかも?しれませんし、腐敗臭にもつながるのでキレイに洗い流して置いた方が良さそうです。

う~ん、はじめから水で洗い流した方が早いかも・・・
でも、牛乳を使うことで確実にアブラムシの数を減らせることができそうです。(水だけだとアブラムシが死滅する数は少ないので、作業頻度が多くなります。)


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ