カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

玉ねぎのピクルス | 2013年

2013年7月21日


毎日暑いですね。

夏バテにはお酢が効くと言われます。
お酢に含まれるクエン酸は、肉体疲労だけでなく神経疲労の回復にも役立つそうです。

というわけで、
5月に収穫した自家製玉ねぎを使ってピクルスづくり!

簡単にできて、とても美味しいです。
ネットで検索すると様々なレシピがあり、いくつか作ってみましたが、店長宅では以下のような感じに落ち着いてきました。

<ピクルス液の材料>
・酢 … 1カップ
・水 … 1/2カップ
・白ワイン … 1/2カップ
・砂糖 … 大さじ3(甘め辛めはお好みで量を調節)
・塩 … 小さじ1
・粒コショウ … 10粒くらい(ピクルス用にブレンドされたピクリングスパイスというものも市販されています)
・ローリエ … 1~2枚

※上記の割合を元に、使う容器によって分量は適当です。

<漬け込む野菜>
・玉ねぎ … 適宜。小さめの玉を2つほど使います。
・その他野菜ならなんでも。(上の写真はパプリカとミニトマトを一緒に漬けたもの)
・ハーブ(香付けに) … タイム、ディル等、数本

<作り方>
・“ピクルス液の材料”を酢以外全部入れて沸騰させます。(鍋は酸に強いホーローやステンレス製を使用のこと)
・沸騰したら酢を入れて沸騰寸前まで加熱。

※酢は沸騰させると酸味が和らぎます。我が家は酸っぱいものが好きなので、できるだけ酸味を残すため酢を後入れしています。
※水を全量白ワインにしても可。煮切ってアルコールを飛ばしてください。

・くし切りにした玉ねぎと香り付け用のハーブを清潔なビン(耐熱ガラス)に入れ、熱いピクルス液をひたひたに注ぎ入れます。
・冷めたら冷蔵庫で保存。半日くらいから食べ頃です。
・1~2週間は保存できると思いますが、いつもすぐ無くなってしまうので分かりません。

※熱いピクルス液を入れるメリットは漬かりが早いこと。そのかわり、野菜の種類によっては色が悪くなったり、野菜が柔らかくなったりする場合があります。(玉ねぎでは特に影響はないと思います)



ハーブの種類を変えたり、クミンシードとカレー粉を入れてカレー風味にしたり、いろいろ楽しめます!

テーブルビートを一緒に漬けるとビートの色が出て、全体が薄いピンク色に染まってキレイでした。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ