カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

ペットマト、夏の暑さ対策

暑さで弱ったペットマト
室内で一年中栽培できる「ペットマト」シリーズですが、夏の暑さには対策が必要です。

真夏の窓辺で直射日光にあたると、条件によっては高温になりすぎて植物を傷めてしまいます。

←7月の3連休中に暑さで弱ってしまったイタリアンパセリ。
閉めきった室内で放置したため室温は50度を超えてしまいました。この後、復活することはありませんでした・・・

まず大事なのは育てる場所の気温を管理することですが(自戒します)、以下ペットマト栽培の暑さ対策で試したことをご紹介します。
ペットマト遮光グッズ
ペットボトルに巻く遮光資材として、当店で使用しているのは「食器棚シート」。

アルミ蒸着フィルムを張ったものがオススメ。
光を反射して熱を持ちにくいです。

シートを自由にカットして使えます。
ペットマト日よけ
日光を和らげたるめに白色のプラダンを窓ガラスに貼りました。
(立て掛けてサッシにテープで仮留め)

植物には光が当たり、ペットボトルには直射日光が当たらないようにサイズを調整しました。

真夏は日が高くなり、プラダンの日よけも効果が薄くなるので床面が熱くなります。 そんな時は、ペットボトルの下に発泡スチロール板を敷くと、下からの熱を抑えることができます。
プラダン
プラダン。(ダンプラとも呼ばれます。写真:左)

主にポリプロピレンを素材として作られた中空構造のシートです。
規格はいろいろありますが、これは薄手のもの。

気泡緩衝材(写真:右)などでも良いかも。

要は日光を和らげればよいので、すりガラスっぽい感じになる素材を貼ると良いです。
プラダンで日よけ
光の量を制限するので、若干、徒長ぎみになる場合があります。
でも、暑さで枯れてしまっては元も子もないので、真夏の種まきは、状況により日光の調節をした方が良いでしょう。


カテゴリTOPへ戻る
ペットマト・スーパーテクニック編 目次
ペットマト栽培日記 目次

ページトップへ