カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

プランター栽培のアピオスを収穫

2013年11月30日

アピオス収穫
10月に一部を収穫したアピオス

プランターの中にまだイモを残したままだったので掘り上げました。様々な大きさのイモが数珠つなぎになっています。(大きいもので5、6cmほどのサイズ)

前回は素揚げにして食べたので、今回は塩茹でにしました。お味の方は・・・やっぱり素朴です。
プランターのアピオス
本当はプランターの中身を全部出して収穫したいところなのですが、ベランダが狭いこともあり、バケツを用意して土を半分ほど移し替えて作業しました。

雨があたる場所なので土がかなり湿って重たいです。(イモと一緒にまたしてもコガネムシと思われる幼虫が20匹近く出てきました・・・。)
プランターの古土再生
収穫後は土の再生。
容量40リットルの土をあけて篩(ふるい)にかけたりするのが面倒だったので・・・今回は不精をしました。雨が当たる場所なので土が湿って重たかった、ということもあります。

苦土石灰を入れ、腐葉土を足して仕上げに大地の達人を混ぜてしばらく休ませます。
【アピオスの保存】
アピオスはイモの状態では乾燥に非常に弱いそうです。
発芽時期手前の3月下旬までは土の中にそのままおいて保存できるということなので、ネット状の袋(たとえばこんな台所用の水切りネット→ごみっこポイとか玉ねぎネット等)に入れておいて、使う分だけ取り出せるようにしておけば便利ですね。
収穫後に保存する場合は、湿らせた新聞紙等で包んでポリ袋等に入れて冷暗所に置けばしばらく(1ヶ月くらい?)は保存できるようです。または加熱調理してから冷凍保存もOK。

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ