カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

トウモロコシとエダマメの混植と収穫

2014年8月2日

収穫前のトウモロコシ
本日の大阪は朝から雨。久々にまとまった雨が降ったので、畑の野菜達も喜んでいます。

さて、畑のトウモロコシですが、今週は収穫ウィークでした。
トウモロコシの実入りをチェック
5月中旬に種まきしてから2か月半。
ヒゲの色が変わり始めたら、皮をめくって実の入りと色をチェック。

トウモロコシは収穫適期が短いので、採り遅れると食味が落ちてしまいます。
トウモロコシ収穫
毎朝2〜3本ずつ収穫。
場所の都合で毎年10本程度しか植えられないので、我が家の栽培品目のなかでは貴重な野菜です。
収穫したスイートコーン
採れたてを朝食に。
スイートコーンと呼ばれるだけあって甘くて美味しいです。

ちなみに今年の品種は「ハニーバンタム」。昭和に登場した甘いトウモロコシの代表品種です。最近流行の生でも食べられる甘い品種とは違う、しっかりとした旨みが良いですね。
トウモロコシと枝豆の混植
今年は初めての試みとして、トウモロコシと枝豆(えだまめ)の混植を行ないました。

トウモロコシの株間に枝豆の種をまき一緒に育てます。マメ科のエダマメは、トウモロコシの生育を強く促がす作用があるそうです。
また枝豆は耐陰性があるのでトウモロコシの陰になっても生長します。



※混植についての参考書籍※
「コンパニオンプランツで野菜づくり」監修:木嶋利男/発行:主婦と生活社
枝豆
肥料食いのトウモロコシと、肥料をあまり必要としないエダマメを一緒に植えて大丈夫なのか???と思っていましたが、枝豆もそろそろ収穫時期が近づいています。


↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ページトップへ