カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

白菜や蕪の菜の花(アブラナ科の蕾)を収穫していただきました。


アブラナ科の野菜がトウ立ちしてきました。春の訪れを感じます。

畑のミニ白菜。収穫しそびれて花芽がついてしまいました。
トウ立ちしたミニ白菜

ハクサイの蕾。
アブラナ科野菜の中で、白菜の菜の花が一番おいしいと言われています。
ハクサイの蕾(つぼみ)
因みに“菜の花”とは決まった品種を指すものではなくアブラナ科の花の総称です。

こちらは蕪(カブ)。もうすぐ花が咲きそうです。
蕪の蕾(つぼみ)

プランター栽培のタアサイにも蕾が。
タアサイのつぼみ

これらの蕾を菜の花として収穫しました。
収穫した菜の花

素材の味を楽しむため、おひたしでいただきます。
菜の花は栄養価がとても高い野菜なのですが、茹ですぎるとビタミン類がお湯に溶けだしてしまうのでサッと湯通しする程度か、電子レンジで加熱すると良いです。
菜の花のおひたし
ハクサイの菜の花はやわらかくて甘みがあり、とてもおいしいです。市場にはなかなか流通しない食材なので、家庭菜園ならではの贅沢なたのしみです。
蕪の蕾は少しほろ苦さがありましたが、菜の花らしさを感じます。
タアサイは数が少なくてしっかり味わえませんでしたが葉と同じくクセなく食べやすいです。

菜の花は定番のおひたしやからし和えの他、炒め物でも良いですし、ほろ苦さが気になる場合は天ぷらにすると食べやすく風味もよいです。

2015年3月14日
天気:雨後晴れ/気温:10℃/7℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ページトップへ