カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

たまねぎシュウマイ(皮なし・肉なし)をつくってみた


冬場は家庭菜園ネタが少ないので、今日は野菜を使った料理ネタを。

何年か前にテレビ番組で紹介されていた“玉ねぎと片栗粉だけで作る肉なしシュウマイ”。栃木県・足利市民に愛されるご当地焼売とのこと。
ネット上に様々なレシピが公開されていますが(「たまねぎシュウマイ」で検索)、今回は皮も使わない玉ねぎだけのバージョンを作ってみました。

【材料】
  • たまねぎ:1個
  • 片栗粉:大さじ3
  • 塩:小さじ1/2
  • コショウ:適宜
  • ごま油:小さじ1/2
調味料はお好みで加減します。

まず、たまねぎをみじん切りにします。
たまねぎみじん切り
できるだけ細かく刻んだ方がよいです。

玉ねぎの辛みを抜く場合は水にさらさず空気に15分ほどさらします。
たまねぎを空気にさらす
たまねぎの辛みの元、アリシン(硫化アリル)は抗酸化作用があり血栓や動脈硬化の予防が期待されている成分です。
水溶性なので水にさらすと成分が水に溶け出してしまいます。また熱にも弱いのですが、細胞が壊れてから時間が経つと熱に強い成分に変質するので、玉ねぎを切ってから15分ほどおいてから調理すると、加熱してもアリシンが壊れにくくなるそうです。
(タマネギに含まれるアリシンを最も効果的に摂取するには生食がベスト)


他の材料をすべて入れてよく混ぜます。
たまねぎシュウマイの作り方

ひとくちサイズを目安にラップで包みます。
たまねぎ餡をラップで包む

レンジで加熱。550Wで5~6分程。
たまねぎシュウマイをレンジにかける
加熱時間は分量により調節が必要です。

完成。
たまねぎが透き通って見えるようによく火を通した方がよいです。
完成した皮なしたまねぎシュウマイ
少し火の通りがあまかったので、この写真を撮ったあとさらに2分ほど加熱しました。

中濃ソースで食べるのが足利市流とのこと。

片栗粉でつないでいるのでモチモチとした食感があります。
個人的にはもう少しアレンジを加えたほうがもっと美味しく食べられると思います。
「タマネギしかないッ」「片栗粉はあるッ」というときに試してみたらいいかも。

今回は古めの玉ねぎでつくりましたが、素材の味に左右されると思うので春の新たまねぎで試したいです。


畑のたまねぎ。そろそろ2回目の追肥時期です。
畑のたまねぎ


2016-02-28
大阪の天気:晴れ/気温:15℃/5℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

ページトップへ