カートをみる マイページへログイン ご利用案内(送料・お届けの流れなど) お問い合せ サイトマップ
RSS
野菜の種 野菜の土と肥料 プランター菜園 園芸用品 お米の袋
マルチ・不織布 防虫ネット 鳥よけネット サル・鹿・イノシシよけネット 防草シート

茶色い毛虫、ヒトリガの幼虫「クマケムシ」の食害で秋トウモロコシが・・・


11月11日、ポッキーの日。
ポッキーのように畑に直立する畑のトウモロコシ。

今シーズンの秋トウモロコシは惨敗でした。

授粉用にポットで育てていた株が無駄になってしまいました。
畑のトウモロコシ

雌穂の先に出る絹糸(通称トウモロコシのヒゲ)が無くなっている株が多数発生。何者かに食害された模様です。
トウモロコシのヒゲ食害

種まき時期や開花のタイミングなどもあるので、絹糸の消失だけが不作の原因ではありませんが・・・。

トウモロコシは頂点の雄穂から出る花粉を、雌穂の絹糸でキャッチして受粉するので、その絹糸がなくなってしまうと結実は望めません。
食害を受けたトウモロコシの絹糸

絹糸を食害するその犯人は・・・







※虫の画像あり!閲覧注意!







たぶんコイツだ!
(画像小さめにしておきます)

ヒトリガの幼虫(クマケムシ)

通称「クマケムシ」と言われる毛虫です。
ヒトリガ(火取蛾)という蛾の幼虫で、赤茶色のフサフサの毛で覆われており見つけるとギョッとします。

今年は例年より大量に発生しているような気が・・・。
秋になってから姿を見かけるようになりました。

クマケムシは野菜の重要害虫というわけではないので、家庭菜園系の害虫図鑑などにはあまり掲載されていません。

葉っぱなら何でも食べる多食性。
我が家では野菜ではありませんがリュウノヒゲ(ジャノヒゲ)で特に多く発生しています。
他にはイチゴ、ウコン、トウモロコシ等の葉をかじる姿をよく見かけるので、どうやら硬め葉がお好みのようですが、白菜やネギ、落花生なども葉の食害を受けました。


長い毛が生えた姿は毒々しいですが、体毛には毒は無いとのこと。
それでも素手では触れませんが・・・。
(よく分からない虫はむやみに触らない方がよいです。)

気味が悪い毛虫だな~と思っていましたが、「クマケムシ」という名前と毒が無いということを知ってからは「あっ、クマちゃんだ」と思える余裕が生まれました。






2018-11-11
大阪の天気:晴れ/気温:21℃/11℃

↓家庭菜園関連の人気ブログランキングに参加しています。(外部サイトへリンク)
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ページトップへ